カテゴリ:日々のこと( 311 )

Social mediaのパワー。

今では、誰もが使っているSocial Media network. Facebookだったり、Twitterだったり、あれこれいありますよね。私ももちろん使っています。
これは、友達と繋がれるのでいいんですが、逆にリスクもあるわけです。今回は、ちょっとしたほころびが出たのを発見してしまったお話です。

私のお友達の息子君、J君としておきます、彼は、うら若き青年です。社会人一年生として東奔西走している彼は、少々お坊ちゃんまくんタイプです。
私は、彼がいい子であることを知っています。いい子というのは、うら若き男性に失礼ですが、昔から知っているので反抗期の事やら大学に入るあたりでもめた事を考えてもいい子だと言えます。
このおぼっちゃま状態がやはり問題なんだなぁと思えた事が起きました。

彼は、去年の夏から付き合った彼女がいました。一応過去形です。我が友達に言わせれば、この彼女を友達は、どうしても好きになれなかったんだそうです。母親の管と言うのか、女の直感と言うのか・・・。で、時々私に愚痴っておりました。息子の彼女なんだけどど~しても好きになれないと・・・。私は、どんな子なのか??ちょっと興味があり、その息子君とFBで繋がっている事もあってちょっと彼女の写真を見たりすることができました。そう、その彼女ウォール機能使ってなかったんですね、つまり彼との事をもう皆に知らせたくて仕方がないって感じだっとわけです。

彼女と彼は、その後付き合っていたのですが、ある頃彼が彼女のガキっぽさに呆れ出し付き合い切れないといことになり、別れました。彼も仕事が忙しくなってきた時期と重なります。しばらくしてから彼女から話があると家に押しかけてきました。彼と彼女と彼の父親との3者会議になったのです。つまり、カンのいい方は、解ると思いますが彼女は、妊娠していたんです。でも別れた後なのでまぁひそひそと母親である私の友達を除いて、話をつけたようです。子供が子供を育てるのは、無理だし別れた後なので結果は、費用を出して・・・・・ということになったようです。
その後、私の友達が、どうもまだJくんが、元カノとあっている節があると言ってきてました。こう言う事の後なので責任を感じているのかもね。なんて言っていたのですが。。。。

今週、私は、ある友達をFBで探していました。その時に検索機能でJ君の元カノが出てきちゃったんですが、なんと2つアカウントがあったんです。あれ??って思って一つを見れば、前と同じ。で、もう一つをみたら、同じ人なんですが、今の新しい彼氏(名前出てるし)と交際中と出ておりました。もう、ビックリ!
FBを知っている人なら解ると思いますが、何時からそこをUPしているかとか見ていたらどうも、二股疑惑が・・・・。J君、おぼっちゃまだからひっかけられたかも~~と疑惑が浮かびました。
この女、したたかだな~~って思えたので、直ぐ友達にメッセを入れて教えたら、超ビックリしていました。
その後どうなったかは・・・・、まだ知りません。

Social Mediaは、凄く楽しくていいんですが、こういうお馬鹿さんもいるということで気をつけて使ってほしいものです。

しかし、息子の居る身としては、今回の事は、すご^~くいい教訓なのでしっかりと息子にも話して聞かせておきました。あ~~、今ときは、女性のほうが強いのよね~~って改めて感じたのでした。
[PR]
by gabbyna | 2014-04-05 01:48 | 日々のこと | Comments(4)

ちょっと楽しい時間を過ごしてきました。

土曜日に久々にサンパウロにお出かけしてきました。目的は、デートです!って私よりも遥かに若い、実は、私の副業の仕事がらみの人と会ってまいりました。なのでやはりデートといえば、デートなんですけどね、どうみても若い燕とおね~~さんって図柄が浮かびます。もちろん、旦那には、しっかりと伝えてありますよ。

この方、N君は、日本の某企業の社員さんで何か新しい企画の一端でポルトガル語を覚えることにしたんだそうで、会社から派遣されてはるばる地球の裏側にやってきたのです。
毎日、語学学校に通い、日々勉強に明け暮れているようですが、やはりまだまだ道のりは、長いようです。当然ですよねぇ、自分の学生時代を思い出しながらいつも話を聞いたりしていた私です。

既に1カ月過ぎたので慣れた頃だろうと思い、食事でもおごってあげるよ~ということでバスで1時間半ぐらいかけてサンパウロ市内へ行ってきました。
折角私と会うので行きたいところがあればと言う事でリクエストを聞いたら、ポルトガル語博物館(こちら)に行きたいと言うのでその建物がある駅で待ち合わせとなりました。

案外予定通りの時間について、スムーズに落ち合う事が出来て良かったと思いました。既にこちらの生活に慣れてバッグパックを背負うスタイルが身についてきたようでした。もう少し年上かと思っていたらやっぱり若い学生君に見えました。

このポルトガル語博物館は、サンパウロ州が母体となっていてる所為か、ブラジルにしては、凄くしっかりとプログラムされていて中もきちんと綺麗だし、短編映画とか、ビジュアル効果をあわせた小さなホールでの映像と音のコラボみたいなのを見てきました。時間が早かったのか、土曜日の所為だったからか、無料券で入場できました。

その後は、N君のリクエストに答えて美味しいラーメンを食べにLiberdadeへ行きました。待ち時間1時間ぐらいの人気店で待ちながら一杯話をしてました。でも待ったかいがあり、美味しいラーメンと餃子で1カ月の疲れを少し癒してもらえたかなと思いました。

私が会う人たちは、日々余り変わらないのでこうやって時々、日本人の若い人と一緒に出かけて、日本語で話をして、最近のポルトガル語のストレスを解消させて貰っているのだなぁと思いました。

日本風の美味しいケーキを売っている店でSweetsも食べて、その後は、食材なんかも買ったりしながらいろんなお店を覗いていたらすっかりと帰る時間になりました。残念だけど、彼も予定が入っているし、まだ滞在しているからまた会う事も出来るでしょう。

次回は、何時になるかなぁ~~。楽しみです。
[PR]
by gabbyna | 2014-03-10 11:05 | 日々のこと | Comments(2)

人との付き合い

気づけば、(最近このフレーズが多い私ですね。)もう2月も終わりですね。
先週までは、やっぱりソチオリンピックを毎日見ていました。何といっても「浅田真央さん」には、凄く感動を受けました。彼女がSPで駄目だった演技は、見れなかったのですが、その後も見ようとも思わなかったのですが、翌日のフリーの演技、感動しました。気持ちの切り替え方、大変だったろうなと思います。そして見事に演じ切った彼女を支えたコーチの大きさに感動しました。彼女は、この4年大変だったろうなと思いました。凄い重圧があるのが解りますものね、いつも金を期待され続けることの大変さ。若い彼女には、結構重荷だったろうなと思いました。せめてSPのポイントがあそこまで酷くしなくてもよかったのでは??なんて最後まで思ったものですが、そこは、オリンピック、仕方ないですよね。
なんて思いれ、たっぷりに見ていたので他の事をやっていませんでした。

少し人間関係に疲れたりしていたので自分の中で整理していたのかもしれません。
わたしは、家で行っている仕事と主人の手伝いをしている店の仕事があります。この時期、両方ともトラブルがありました。相手がある事なので、仕方がなとは思います。相手がわたしに期待することと、私が行う事に隔たりがあったかもしれません。しかし、実にこの相手、わたしには、理解不能でした。ユニーク過ぎた相手には、何を言っても届かなかったんだなぁと今は、思えます。

そして昔なら言葉が出来なくて、黙っていた事も今は、言葉が出来るので2倍にも3倍にもして言い返してしまう自分がいます。私のポる語は、英語からの転換している感じがするのでよりストレートにきつく言うのです。常連でいつもいつも店に居たりするTと言う人と喧嘩をしました。余りに彼がずっと店にいるので彼の息子に連れて帰ったら??なんてジョークを言ったらそれが気にいらないと・・・。だから謝ったら、Tは、「2度とこの店には、こない!」と人に指さしをして帰りました。この指を指して言うというのは、私は、凄く嫌いです。なので私は、即座に「どうぞ、来なくていいわよ。」と切り返しました。
まぁこの方、金があるから良く散財してくれるいい客では、あるのですが、一応旦那に事後報告、まぁ彼は何も言わなかったのですが・・・・。
その喧嘩した翌日、Tの息子は、店にパンとか買いに来ました。何も言わず、買って帰りました。そして、日曜日、私が偶々店番をしていたのですが、やってきてビールを飲みだしました。もちろん、私には、何も言いません。そして旦那が来たので交代して家に戻りました。
翌日、旦那が「Tが謝ってきたよ。悪かった。まあまた店に来ても知らん顔していればいいよ。」と言う訳です。
でもですよ、Tは、私に謝らなきゃいけないわけでしょ??旦那に謝ってはい、終わりってどいういう事よ?!
凄く頭に来てるのですが、また言うと言い募りそうなので黙っている私です。それから毎日また店に来ているTさんたちであります。
あ~~、早く店のリニューアルをして、私が手伝わなくていいようにしてほしいなぁ。と願うこの頃です。
[PR]
by gabbyna | 2014-02-28 12:00 | 日々のこと | Comments(4)

あしながおじさんを目指す??

私じゃありませんよ、我が旦那さんの事です。

最近、階下に家族が住みだしました。厳密にいえば、昨年の12月からでした。
この家族、私たちの親せきでも何でもありません。浮動屋さんを通してかというとそうでもありません。
実は、この家族は、日本の義弟のご近所さんでした。つまり出稼ぎをしていた日系ブラジル人のご主人のかぞくなのです。で、どうして家を貸したかと言うと、この家族の中の男の子がいます、彼が未完の大器と言うことで将来を期待されていている子なのです。

日本に居る日系ブラジル人たちは、休日に良くサッカーをしています。私たちが日本に居た頃は、うちの旦那さんも良くやっていました。そしてブラジルから出稼ぎに来ていた人の中には、セミプロや社会人リーグでサッカーをしていたりしたブラジル人もいたりして、それは、結構なレベルの高さでサッカーをしていました。
そんな中で第2世代の中にいい逸材がいるとサッカー関係の仕事をしている人に推薦してきたりします。そんな中の一人で義理の弟やこちらのサッカークラブの日本支社の人たちが目をつけていたのがこの階下のK君なのです。

日本でも優遇されて高校へ行く予定もありましたが、やはりブラジルでやりたいという事でこちらに戻ってきて、私の住んでいる市のサッカークラブへ入りたいという事でテストなどを受けたりしました。が、その時は、落ちました。でも諦めきれない彼とお父さんが、わが旦那と他のサッカー関係の人たちを交えて話をしてしばらく練習をして他のクラブから入っていくという方法を考えました。つまり地元に居ないといけないわけです。ということで義父が死んでから開いていた階下を貸すことになりました。お金がないということで、ほぼ家賃は、貰ってないはずです。電気代などもうちが払っているようです。彼の為になる事は、いろいろと旦那さんが走りまわり、彼を連れてあちこち練習へ行っています。家の事は、後回し、店と彼の事にかまけてます。

こういう行動を見ると、私は、我が息子の時にもっとやってくれたらよかったのにと未だに思います。旦那は、息子のビザを取る時に業者を使わなかったのです。業者を使えばビザがとれたと思います。使わないから結局、駄目でした。(ブラジルでは、こういう業者があります。)
根に持つなと言われても自分の息子の時には、やってくれなくて今他人の子には、あれこれとやっている、そんなにいい人になりたいのかい?って思います。確かに旦那は、いい人ですが。彼の見果てぬ夢をK君に託しているんでしょうね。(元サッカー選手なりそこないの人ですから。)

私たちの間には、子供がいません、なので彼が私の息子を愛しているとか言いますが、行動が伴っていないので所詮、口先かなぁと思っちゃったりします。どんなに口で言ってもやはり行動があってこそ!なんですけどね。

今、あしながおじさんをしている旦那さんは、気に入ったおもちゃを貰った子供のようです。男性は、どうしていつまでもこう、子供と言うか、成長が遅いんでしょうねぇ?!と思いながら冷静に見ている私がいます。
[PR]
by gabbyna | 2014-02-12 11:44 | 日々のこと | Comments(4)

Feliz Ano Novo・・あっさりと過ぎた年越し

既に新年も2日を過ぎました。店の仕事も普通にやっています。
といっても休みのないパダリ屋稼業、なかなかのんびりの年末なんてありえないのです。
一応、24、25(クリスマス)、31日と元旦は、夜8時まで営業の筈が、旦那が店から戻ってきたのは、夜11時過ぎ、31日なんて12時7分前に戻ってきた旦那、これで間に合わなかったら完璧に私の怒りを買った事でしょう。

今年は、クリスマスは、叔母の家、年越しは、別の伯母の家と思っていたら7分前に家に戻ってきた旦那と2人だけで乾杯をして年越し、そして我が家の3階から海岸で打ち上げた花火をみておりました。
これが結構凄い花火でビックリでした。リオの海岸での花火が有名なんですが、それに近づけとばかりの勢いで上がっていた花火でした。
f0061977_11141910.jpg


今までこんな風に花火をあげたのをみたことがありません。昔は、繁華街近くの海岸で花火が上がっているのをみていたぐらいなんです。
我が家は、海岸からまだちょっと距離があるんですが、3階からとはいえ、結構はっきり、くっきりとド迫力花火の音は、凄いものでした。World cupだから気合入っているんでしょうかね?!と思いました。

しかし、今まで年越しは、誰かの家に行ったりして夜中も遅く帰ってきた旦那、今年は、新年7分前に家に戻り、夫婦2人で年越し、言ってくれたら何か作っておいたんだけどさ~、ということでビールを飲んで終わりでした。これは、いい傾向なんでしょうか??相当疲れているってことなのかなぁ、旦那さん。

さて、2014年、World cupの年、どんな年になるでしょうか?
皆様にとっても御多幸の多い年になりますように。。。お互いいい年にしていきたいものですね。

今年もよろしくお願いしますね!
[PR]
by gabbyna | 2014-01-03 11:19 | 日々のこと | Comments(2)

次々と。。。。

最近は、コンスタントに毎日お仕事が入っていたりするのでこちらを書く暇もないこともあります。今日は、1週間ぶりですね。

実は、先月の終わりに日本にいる父が心筋梗塞を起こして、急遽入院してしまいました。心臓の3本の太い血管のうち、1本が詰まっていたそうで残り2本も細くなっていたそうです。急遽カテーテルをいれる手術をしました。
で息子は、急遽手術になったのを連絡しようとして電話をかけてきたらしいのですが、現在使ってない電話のほうへかけたらしく、私が知ったのは、こちらのお昼近く、つまり日本の夜中という具合でした。元旦那からのメッセージでしりました。もし電話がつながらなければ、メッセージを送ってくれればいいのにと息子に後であたりましたが、こちらでネットに入ってなければ、使えないWi-fi接続のスマホ(日本から持ってきているIphone)でなく、こちらのネットに直接入っている、こちらで使っている携帯をもう少し使える物にしなければいけないとちょっと気を引き締めた件となりました。携帯に直接かけてくれればいいのに、それも繋がらないんじゃ携帯の意味がないですよね。

幸い、手術は、無事に3本終わり、今週退院をしました。が、家で養生をするというのは、少し気落ちした父には、なかなか難しい部分もあるようで直接父の携帯に電話をしたり、息子にいろいろとお願をしたりして頑張ってもらっていこうと思っています。一つ良かったのは、喧嘩をしていた兄が父の所に行ってくれたことでした。
父と兄は、母の件で喧嘩してから中々話をしなかったのですが、私がいた間にちょっと話をするぐらいには、なってくれました。が、今回の件ではやり遠くにいる私では、役に立たないと悟ったのか??間にたつ甥っ子(わが息子)が可哀そうだと思ってくれたのか、手伝ってくれたそうです。

自然の摂理とは思うものの、年老いていく父を遠くで見守るのは、やはり心苦しいこともあります。でも直ぐに帰れない(あれだけ長くいましたからね。)ので父にもう少し頑張ってもらわないといけないと改めて思い、電話で伝えました。もう少し頻繁に電話をかけていこうと気持ちも新たにしています。

気づけば、11月も下旬、夏になってきているこちらです。
[PR]
by gabbyna | 2013-11-22 11:38 | 日々のこと | Comments(4)

リミットが過ぎたら・・・・・。

去年の今頃は、私は、日本にいて、秋を堪能しながら、来るべき久々の日本に冬に思いをはせて、冬は、どんなに寒いだろうかと考えていました。

今年は、こちらが暑くなりだすのが遅く、やっと暑くなりだした今週、旦那が叔母の家で昼食をしようと言い出しました。伯母の話があるからという理由です。まあ叔母は、いろいろと手伝ってくれたりしていたのですが、一応今は、店で働くのをやめていました。私が、日本に行っていた間手伝うはずだったのですが、後半は、辞めてしまっていました。叔母は、旦那の育ての親的な部分もあるので我儘が通ります。私的には、時々面倒だなと思うひとでもあります。

日曜のお昼に彼女の家に行くことになり、昼、旦那が私の代わりの旦那の従兄弟が店に来て、交代したら家に迎えに来ることになっていました。
が、待てど暮らせど、戻ってきません。気づけば午後1時半をとっくに過ぎていました。お腹は、空いてくるし、なんだか、いらいらとしてきました。午後2時を回ったぐらいに、旦那からやっと電話が来ました、曰く、「従兄弟のAのフェイラにいるから。。。」というだけで電話が切れました。旦那の従兄弟Aは、市場でお店を開いています。旦那のお父さんもフェイラでお店をもって野菜を売っていた人でした。旦那も小さい頃から手伝ったりしていて、結構好きなんだと思います。
が、店が終わって暇になった時間まで従兄弟の所へいって一緒に遊んでビールを飲んだりしていたわけです。が、家で待っている私の身になってください。彼は、何も言わないで切ったので、あ~そうなんだ、彼は、従兄弟とビールを飲んで喋っているんだろうと簡単に推察できたわけです。

が、まだ待つのも段々頭にきた私は、ど~しようかと思いました。部屋で不貞寝しようかなぁと思ったのですが、それも悔しいので、一人で叔母の家まで歩いていこうと思い立ち、出かけて行きました。

そう、旦那は、私が家でじぃ~と待っていると思っているので安心して、飲んでいるわけです。彼は、店の事で忙しいので飲んだりすることでストレスを解消している部分があるので認めているのですが、少々目に余る部分もあったりしています。多分、私がいない間、男友達とかと飲みまくっていたんでしょうね。そして1.5倍ぐらいに太ってしまった旦那でした。
そして相変わらず、時間があると従兄弟や他の人と飲んでいるようです。(誰かしらねぇ。。。。)

私は、去年一年旦那に大変な思いをさせたので大抵の事は、我慢しています。けれど、我慢も限界は、ありますよね。ということで限界が来てしまった私は、一人で家を出て、叔母の家へ歩いて行きました。
日曜のお昼タイムを過ぎていた道路は、静かで歩いても別に怖いこともなく、叔母の家へ着きました。叔母と彼女のパートナーさんは、ビックリ!私一人で来たのですから。で、事の顛末を喋り、最近の旦那の飲みすぎの行状なども喋りました。店の近況やら叔母が何故、店の仕事に戻りたいかを聞かされました。経済的な部分があるのでやはり戻りたいとのこと、私は、戻ってもらえれば私も休めるので嬉しいなという感じで話をしていたら旦那が到着しました。

家に入ってきたて、叔母に飲み物などを渡した後に「ごめん。」と謝ってきました。私は、「私は何でも一番最後だからね。」と答えたら「そんなこと。。。」と言って絶句していました。その後もなんども「ごめん」を繰り返していた旦那、ごめんで済めば警察は、いらないんです。

私は、我慢できるほうです。一人でも結構大丈夫なほうですが、流石に限度というものがあります。彼が、私が一年近く放っておいた間に何かしていたとしても文句は、言えないと思って我慢してきていますが、それもある程度だと思います。リミットが切れたらもう実行あるのみです。

まぁそのあたりをどうするべく、考えるこの頃です。
[PR]
by gabbyna | 2013-11-14 11:20 | 日々のこと | Comments(0)

言えない秘密

相変わらず、まだまだ店と家の仕事をかけ持っている私です。
最近は、そろそろ暑くなりだしたのでぞろ、変な輩が、出没しだしているので気が抜けません。
困るのは、浮浪者のような馬鹿ガキ、そう、未成年者たちです。親が放置しているからなのか、教育とか、モラルとか一切なされてない子供たちがつるんでいるので本当に迷惑です。
でもって最近、こちらは、犯罪が低年齢化しているので未成年のギャングっぽいのは、多いのです。困ったものです。ストリートチルドレンが、ギャング化していくのは、世界共通かもしれません。
しかし、そういうのと遣り合うのは、本当に大変です、あ~言えばこういうし、スラングのぽる語を連発するのでそれに対処するのって本当に面倒です。私も辟易しながら負けないように頑張っていますが、限度があります。
なので知り合いの警官とかに頼んでおくわけです。
どうやら隣の市のファべーラからやってきている子たちらしく、他でも迷惑をかけているのでリストに挙がっているらしいです。今後また来たらしっかりとやり返せるようにしなければ?!と従業員と話し合っているところです。

さて、従業員といえば、あの事件があってから新たに雇った従業員は、なかなかいいのに巡り合えません。
で新たにやってきたMという従業員がいました。彼女は、30代で既に4人の子持ち、それでもまだ子供がほしいと2度めに離婚した亭主と同居していました。このあたり、理解不能。。。。
働きぶりは、まぁ良かったんですが、時間に超ルーズ、1時間遅れってざらです。これが旦那の逆鱗に触れました。ということであっさりと解雇。そしたら彼女の同居している亭主??が電話してきて、「どうして解雇されたのか?理由を聞きたい」とのことで私は、面倒なので私の旦那さんの時間に電話してくれと切りました。
大抵この手のパターンの場合は、家族に嘘をついている人が多いんです。自分は、一杯働いていたのに解雇されたとかいうパターン、迷惑ですよね。ということでまた別の人が来そうです。

で、そろそろ次の店のリニューアルのプランを考えだしているので新しいお店で働いてもらいたい従業員もすこし考えだしていたのですが、そのよく働く従業員の一人が辞めることになりました。子供が小さいのでやはり無理らしく、今月いっぱいで辞めます。でもその子に新しいお店のことは、まだ言っていません。残念ですが、仕方ないですものね。そんなこんなでまた別の従業員を雇います。

この形態で仕事をするのは、後?カ月ぐらいだけど、そのことは、まだ言えません。もう少し具体的になったら話す予定ですが、まだ言えない、秘密を抱えたちょっと苦しい最近の私です。
[PR]
by gabbyna | 2013-10-30 23:09 | 日々のこと | Comments(2)

いろいろとリニューアル開始。。。

こちらへ戻って早3カ月過ぎてサマータイムが始まりました。ちょっとした時差ぼけが続くような感じで何だか寝不足気味です。
季節の変わり目は、大雨が降って雷が鳴るというお決まりのパターンです。このおかげでほんといい迷惑をこうむりますが、最近は、対策も出来ているので余り気にしなくなったのですが、お店のある近所で工事をやられて、4時間の停電には、流石に参りました。

さて最近疲れすぎているのか、眠るとなんだか、金縛りにあったような感じになって目覚めたりします。そしてその前後の夢を覚えているのですが、最近は、こちらの言語で夢を見ているのが解ります。何せ日本語で話す率は、一日1時間もないんです。だから必然的にこっちの言葉で夢を見たりするんですよねぇ。

まぁ兎に角、疲れた体を癒すために寝る部屋を快適にしようと決意しました。当然なことですが、なかなか忙しい自分、出来なかったのですが、こちらに戻ってきてやる気になったので今あるもので!なんとか、快適にしてみました。で、眠っていたアロマオイルランプなども使える状態になりました。お陰で眠りが良くなってきたのですが、サマータイムが始まり、寝苦しくなったのでまたこれを快適にするためにまた努力します。(笑)

家の中を快適にするのを諦めていた私ですが、最近は、少し快適にして見ようかと努力をしています。店のほうもやっとリニューアルの方向の目星がつきだしてきたのでそのうち時間も出来るだろうなぁと思いながらまだまだ忙しい日々を続けている私です。でも、やっぱり暑いの、嫌だなぁ。。
[PR]
by gabbyna | 2013-10-23 22:24 | 日々のこと | Comments(0)

こちらで初のLiveを聞きに・・・。

以前、同じ市に駐在で住んでいてお友達になった女性Kちゃんが、またもやブラジル駐在となったご主人と一緒に別の州へとんぼ返り駐在をしだしています。彼女が帰ったのが私よりも後の去年の年末あたりでしたが、半年後、またもやブラジル駐在へ。まぁご主人が仕事ができるから連続なるのでしょうけど、大変ですよね。

同じブラジルでも場所によって移民してきた人種とかの影響で、そこに住んでいる人種も結構変わります。そしてそういう海外からの駐在さんが多ければ、それ用の学校などもできるわけです。彼女のお子さんたちも今は、英語が公用語のアメリカンスクールに行っているそうです。でも学校の中では、ポルトガル語という風に分けているそうです。このままいけば、彼らは、トリリンガルに育つかなと思いますが、なかなかその道は、険しいようです。
そんな日々の家事をこなし、子育てをしている彼女もストレスが溜まりますから、そのストレスを解消するのが、彼女は、こちらで覚えた、BossaNovaのギターと歌なのですが、彼女の先生である、D君がLiveをするというので丁度、私の市に里帰り?!していた彼女は、私にお誘いをかけてくれて、ブラジルで?度目の音楽のLiveに行くことになりました。

場所は、私の家からは、ちょっと離れているところですが、古い家を改造したところでした。午後9時からのLiveということで私の仕事が終わったぐらいに迎えに来てくれたのでついたのは、9時半、既に最初のステージが始まっていました。
f0061977_1158575.jpg


結構いい感じでした。ギターを弾いているのが彼女の先生、やはり凄く上手でした。ベースがいない編成だったのですが、彼がベースのパートも弾いて、凄く強いベースのラインを出していました。
メインのボーカルさんもいい声でした、MPBには、この声質が似合います。

Liveのお店まで連れてきてくれたKちゃんのお友達は、車のバッテリーがあがってしまい、旦那さんが迎えに来るまで一緒に見ていたのですが、歌が好きなその女性は、途中から一緒に歌っていて、遂には、ステージで一緒に歌っておりました。結構いい声でした。手前に映っているのは、彼女の息子君。一緒に踊ってました。
f0061977_1272453.jpg


2ステージを見たら、既に夜中、うちの旦那さんや彼女が明日の朝9時には、こちらを出発しなければならないことを考えて最後のステージを見ないで帰ることになりました。ちょっと残念!
次回は、また別のお友達を誘って見に行こうと思いました。

別の州に戻ってきても会いに来てくれ、楽しい時間を共有できたことを友達に感謝しました。
こういう場所も増えて、私の住んでいる市も大分変ってきたのかなぁと思ったりしました。
[PR]
by gabbyna | 2013-10-14 12:11 | 日々のこと | Comments(0)

いろんな思うこと、あれこれと。。。。。


by gabbyna
プロフィールを見る
画像一覧