カテゴリ:日々のこと( 310 )

1年に一度のメンテナンス

12月も10日を過ぎて、なんかどんどんと日々が過ぎて行くようで少し慌て気味の毎日です。
それでも年に一度は、メンテナンスをしなければと気になっていた婦人科検診をして思い立ってから予約をして待つこと2ヶ月、診察を受けてから先生に指示を受けて、もろもろの検査を受けに行ってきました。

日本なら予約していけば、病院でほぼ出来る検査が、日を変えて保険プランの会社の許可を得て、指定検査機関に予約をして、予約の時間に言っても更に待つという、本当に嫌になるぐらいなこちらのシステムにも諦めと慣れで乗りきれるようになりましたが、今回も本当にイライラとサせられてきました。

しかし、それでも近代化?!してきているのを実感させられるような検査機関の建物のリニューアル、ここは、ブラジルか?!と思わず思ったぐらい綺麗になっておりました。中もエントランスに喫茶店もあって日本の大きな病院を思い出させてくれる感じ。
しかし!やっぱり中のシステムがお粗末なのは、変わりなく、予約時間が違っていて待つこと1時間、その上同じ階のあちらこちらを動き回ることになりました。

エコー検査では、技師に先生?らしき人が待つ、小さな部屋へ行き、服を全部脱いで、そこに薄いタオル代わりの大判の紙で前を隠し、寝台に横になると腰のあたりにクッションをあてがわれ、いきなり、内診のエコー検査が始まり、先生は、声に出して、サイズや値を言い、秘書代わりの助手の方が多分記入していたんだと思います。胸の方も検査して終わると、「その紙で(ローション)拭いてね。終わったらそちらの扉から出て行ってね。」ということで終わり!でした。全部、女性でスタッフが組まれていました。これは、ビックリかも。
その後マンモグラフィーの方は、ちょっと離れた扉の奥にあり、これまた待つこと30分、技師のお嬢様が非常にゴキゲンが悪いようでかなり痛く挟まれました。
この検査結果は、来週中に出来る予定ですが、またもらいに来ないといけないのが憂鬱です。
でも昔よりは、やっぱり進化しているのは、感じました。もっと進化してほしい!と願う私です。

ということで検査が終わり、結果をもらったらまた電話して予約して行くという作業が待っています。来年へずれ込むのかなぁ??などと思っている今日でありました。

[PR]
by gabbyna | 2014-12-14 09:57 | 日々のこと | Trackback | Comments(2)

未だにこういう男性がいたのかと驚いた事

気付けば11月も下旬、本当に月日の経つのが早いです。
この間、久々にこちらでの長いお付き合いをしている日本人女性Kさんと昼食からショッピングまでという楽しい一日を過ごしたのですが、
その時にちょっと話題になったのがこのこと。


このジュリアン・ブランクと言う白人男性のナンパ・セミナーというものがあり、これで「日本人女性は、無抵抗で簡単にやれる」という
非常に日本人女性をバカにした講義をしていたということです。それもセミナー、金払っているんでしょう?この講義を聞いている男性たちも何考えてんだろうって思いました。
外国には、アジア女性に対しての一種のファンタジーを持ってい男性がいます。それは、英語圏の女性たちよりも優しくて何でも!叶えてくれるってことです。多分こう言う男性は、日本以外のアジアでも同じような事しているんじゃないかしら?!

嘗て私が日本で英語講師をしていた頃もALTやいろんな形で来ていた白人男性が、このように言っていた事があり、余りに頭にきたので喧嘩をしてやったことがあります。「あんたは、自分の国で持てないから此方へ来て丁寧に接してもらう事を自分のいい方に解釈しているんだ。」とはっきり言ったら酷くビックリしていた事を覚えています。
こんな奴は、きっと自分の国でも同じような事をしているんでしょうけど、旅の恥はかき捨てとばかりに日本でこういうナンパを繰り返しているんでしょうね。

日本だとハッキリと言い返せない風潮があるからきっと女性もノーって言えないんでしょうけど、こういう事にはやはりきっぱりとした態度を取るべきだと思います。
日本人からしたら英語を喋る、他の言語を喋るのは、ガイコク人ですが、彼らだって同じ人間です、別に日本人が卑屈になる事もないし、嫌なら嫌とハッキリと日本語で言い返せばいいんです。英語は、彼らの言語、日本人にとって日本語ってことなんです。

こう種類の男性が増長しないように日本人女性は、もっとはっきりとノーを言うようにしてほしいです。

[PR]
by gabbyna | 2014-11-24 10:50 | 日々のこと | Comments(2)

友達が来たり、出来たり。

f0061977_06081319.jpg
またもや、ご無沙汰気味のこのブログ、放置するとログインがめんどうになる事が判明。
気をつけて時々は、更新したいと思います。

さて、このところ、友達が来たり、出来たりしました。
来たのは、私の友達で既にブラジル渡航歴4回のツワモノのお友達Pちゃんは、9月にやってきて、1カ月Beloに居て、その後Rioへ行き、
バスでこちらまでやってきたのでした。疲れるんだけど、なんか、私以上に普通にブラジル人と馴染んでいたのでした。

それでも初めてのサントスなので一応の観光案内をしようとしたら何と観光バスは、週末のみで普通のバスで回ると時間がかかり、数か所の観光案内となりました。彼女は、それでも楽しんでいたようで海外沿いのホテルに泊まったのでのんびりと朝から海岸を歩いてこの街のいい所を満喫したようでした。
彼女いわく、ブラジルも大分変ってきて、昔は、それこそ誰かれ構わず声をかけ、話しかけたのですが、今はそれが無くなって来ているとの事、それは、スマホの普及した所為じゃないかとか言っていましたが。そうかもしれません。
それでもいろんな触れ合いを自ら作っていた彼女は、私よりもブラジルがすきなのかもしれませんね。

そんな彼女が帰った後、隣の市に日本人女性がやはり結婚していると言う事を知り、紹介してもらい、会う事になりました。
彼女は、まだ来て5年弱、なんか話を聞いていると昔の自分の感じた事をあれこれと思いだしました。
今回は、3時間ぐらい話をして別れましたが、久々に日本語を話す事が続いたせいか?!その後疲れて、気が抜けてしまったようです。

写真は、対岸の隣の市からわが市を見たところです。久々にみると何となく新鮮でした。


[PR]
by gabbyna | 2014-11-05 06:16 | 日々のこと | Comments(2)

一回目の選挙の結果

やっと1回目の選挙が無事に?!終わりました。
日曜日は、選挙のお陰で店は、すご~~く忙しかったのでした。普段の日曜日だと閑古鳥の鳴く午後6時あたりまでバタバタ・・・本当に忙しかったのですが、この忙しさを妨害する一人の従業員がいました。
彼女は、Vという名前なんですが、ためしに雇った子で19歳なのに子供がいると言う子でした。太くてぼぉ~としているというか、何をやってもまともにできなくて、出来ることと言えば、男性客とお喋り、早食い(これが異様によく食べた)でした。
一応試用期間が1カ月なので我慢して使っていたのですが、本当に何も覚えなくて、忙しくなると逃げる始末。
この日は、流石に私も声を荒げてしまいました。そしてやっと昨日さよならしていただきました。

選挙結果は、やはり現職のDilmaさんが一応1位通貨だったのですが、半数も行かず、2位のAceioさんと僅差と言う事でやはりそろそろこの政権の終わりが見えてきたかなぁという感じでした。
当初は、PT有利と言われていたのですが、選挙の2日前に公開討論があり、ブラジル全土で見られるようにTV討論となりました。そこでやはり本当の政治家としての実力と言うか、政治のプランや方針とか、今までの政策での失敗などを指摘され、どう改善するかなど、日本でも同じような事をしていると思いますが、討論会で実際の候補者の能力などが透けてみてしまったようで、その結果2位のAceioさんへ票が動いたと言われました。
私もこれをちょっと見たんですが、本当に飾りの大統領であるDilmaさんは、質問に会うと資料をあたふたと探しまわるという事ばかりで資料を読みこんであるAceioさんの態度と格段の差を見せた感じとなりました。

さて、次の投票までまたしばらく政権放送が流れる日々が続きそうです。
[PR]
by gabbyna | 2014-10-10 10:48 | 日々のこと | Comments(0)

大統領選挙中

この間も書いたのですが、ブラジルは、今4年に一度の大統領及び州知事、市長、州議会議員、県議会議員の選挙中でございます。でもって大統領選に出ていた、候補者が載った飛行機がわが市に落ちたのが、7月13日だったと思います。その事故で亡くなった候補者の居た党は、第三党くらすだったのですが、今では、彼の死後代わりに大統領候補になったMarianaという女性は、現大統領のDilmaを抜いてトップを走っています。

私は、こちらの国籍を有していないので(日本国籍のまま、変える気なんてもともとにないし、絶対に変えない)投票権がありません。ちなみにブラジルは、投票は、義務であり、行かない場合は、罰金が科せられます。なので毎回大統領選挙が始まると、ふ~んという冷めた目で見てしまう訳です。

ブラジルの今の第一党は、PTという党です。今のDilmaの前にLulaさんが大統領を2期務めました。LulaさんもPTの人です。この人の前は、PSDBという党の方でした。このあたりからブラジルの経済復興が目覚ましくなってきたと言われています。
PTは、労働党と言う感じで政策よりも貧しい所得層への手厚い保護をするのでそういう人が多い北部で人気があります。しかし、現ブラジルの経済の40%以上を稼ぎだしているSao pauloの人は、このP●が嫌いです。何せサンパウロの税金から北部の稼がない人たちへの家族手当費用を捻出しているとすらいわれているのですから。

北部と南西部は、本当にいろいろと違うので、その昔ブラジルは、2つに分れるという事を願った時期があったそうですが、私も別れても良かったんじゃないか??と思うぐらい、考え方に差があると思います。
PTは、いろんな癒着問題や横領問題が多くて、これで何で何時もPTを支持するのか?ブラジル国民の気持ちが理解できないのですが、やはり家族手当っていうのは、おおきのかなと思います。

それで今の大統領選挙で思うのは、このMarianaさんに変わってもあまり変化がないと思うので出来たらやはりPSDBのAceioさんあたりがなってくれた方がいいと思うのですがね・・・・。サンパウロの人は、そう思うのだが、他の州は、家族手当の厚くしてくれる人を望むんだろうなぁ~~と思っています。

以前は、選挙の日は、飲酒禁止だったのですが、最近ではそれもなくなったようですし、選挙用の機械(選挙人の番号を押す)もより解りやすくなってきているので簡単に解りやすく改良されてきたようです。
さて、10月5日が第一回目の投票日となります。残り2週間を切ったこの頃は、TVでも選挙用の広告時間があり、毎日嫌でも選挙公報を見ているわけです。
一体誰が残るのかなぁ??などと蚊帳の外の私は、気楽に見ています。出来たらもうこれ以上税金あげないでくれ~って思いますがね。
[PR]
by gabbyna | 2014-09-26 11:24 | 日々のこと | Comments(0)

勘違い、結婚記念日編

最近、年の所為か、体調の変化が気になる我が旦那さん。健康だけが取り柄だった彼も早45、今年の8月をスg越し過ぎたあたりから、急に体調の変化を感じだしたそうです。

大体が大分メタボ気味です。私が日本へ帰っていた間にど~~~んと太っていました。帰ってきた私は、それを見て大ショック! それは、私が悪いとは思いました。その後、体調管理に気をつけて、体重を減らすべく、奮闘してきたのですが、何せ、毎日すれ違い夫婦、一緒に食事するのは、1週間に一度だけ、お互い別々のものを食べてしまします。私が準備した食事は、あまり食べなくなっていた旦那でした。その理由としては、味が薄いとか、やっぱり自分の親の味、ブラジル料理が食べたいとか、いろいろとあったと思います。
なのでそして彼のストレス解消は、友達と飲む事なんですね、それが、自由な午後の時間の楽しみと言う訳で毎日!(多分毎日)、ガンガン飲んでいたのですが、それが飲むと困る状況になったのでした。
酒飲みがなりそうな病気を考えて彼は、やっと検査などを受けました。その結果は、一応余り酷い病気ではないらしいのですが、常連友達のお医者さんの専門外だそうで別の所へ診察を受けに行かなければならないのに、まだ行っていません。こういう場合は、男性のほうが怖がりなんですよね。

そんなあれこれと世話をしてきているのを感謝した所為なのか、18日にいきなり旦那さんが「結婚記念日だね、もう15年以上経つんだ~~」と家に帰るなり大騒ぎをしてくれました。
私は、「10月2日だけど??」と冷静に切り返したら「へぇ??18日じゃなかったっけ?!」と納得のいかない模様、私は、結婚指輪を見せて、「ほら、ここに書いてあるでしょ?!」説明をしたのでした。
私の結婚指輪は、彼が失くしてしまったので旦那の結婚指輪を私がしているのです。旦那は、後に買った指輪を一応しています。

それにしてももう結婚15年以上たってしまったのかと思うと本当に不思議です。時々、別れて日本へ帰ってやる~と内心思いながらも我慢している状態ですが、それでも月日は、経っていたんですね。
私の我慢と旦那の忍耐に感謝ってところでしょうか?!

感謝しているなら里帰りさせてちょうだい!って思っている最近の私です。
[PR]
by gabbyna | 2014-09-20 11:16 | 日々のこと | Comments(5)

地元が一躍有名になった事件

2ヶ月強に及ぶ息子の滞在も終わり、8月14日に無事に帰国しました。
本当にのんびりしたようで彼的にも会いたい友達や兄弟分などに会えて満足して帰ったのでこちらとしても何とか一安心しました。いると煩くていないと寂しくなる息子という存在、親心は、何時でも複雑です。

帰る間際の2週間は、本当にバタバタとしていました。行きたい所、お土産にしたいものを探してあちらこちらと市内に出かけて行きました。
いよいよ前日、残り1日となった時に休みをもらっていた私と息子は、雨が降る悪天候だったけれど、繁華街の方へ出かけました。風が強いなぁとか雨が強いなぁと感じてはいたのですが、まぁ何とか成るかなあと思ってタクシーを呼んで出かけたのです。

タクシーに乗った時、運転手さんが「Canal3に落ちたのは、ヘリコプターなの?飛行機なの?」と聞いてきました。私は??という状態でしたが、息子が「小さい飛行機らしいよ、FBに出ていた。」と答えました。
それからスマホでもう一度FBを見たら我が市のカナル3にセスナ飛行機が墜落したというニュースがありました。
どうしてかなぁ?何でかしら?とあれこれと話をしながらまずは、お昼を食べにお店に行きました。そこで見たのは、飛行機が落ちた、本当に近所の映像が、ニュース番組で流れていました。雨のせいで煙が立ちこんでいる様子が、写っていました。
その後、友達からもSMSなども入り、事故が普通でないことを感じていたのですが、その後また誰が載っていたかという事がわかり、何と、今年ブラジルは、大統領選挙が行われるのですが、その候補者の一人が載っていて、死亡が確認されたというショッキングなニュースが流れてきました。7人載っていたセスナ機は、リオから私の市の隣のGuwaruja市へ行くところでしが、着陸失敗で当市に迂回してところ、墜落したいうことでした。全員死亡されたのでした。

この事件凄い謎が多く、1週間たった今もまだ疑問の声が上がっていて、真相究明を続けているところですが、この事件で候補者の方はなくなった政党は、少し人気をUPしているようです。

事件の真相は、まだ解りませんが、こちらにあれこれと載っています。
target="_blank">こちら

ポルトガル語ですが、何となく解るでしょうか?!

こんなことがあって、翌日帰る息子を心配したのですが、無事に帰ったので安心しました。しかし、本当に謎の多いこの事故は、当分いろんな憶測を呼びそうです。
[PR]
by gabbyna | 2014-08-22 07:48 | 日々のこと | Comments(2)

ブラジル国内事情

World cupが、段々迫ってきているのに反対抗議ストが続くブラジル・・。一体何故なんだと思う方が多いと思います。
ブラジルは、ずっと書いてきているように格差社会、凄い裕福な人がいれば、凄く貧しい人もいるのです。そしてその差は、凄く広く大きいのです。
その格差社会の下層の人たちへの福祉や教育が、行きとどかないという実情があります。FIFAの施設に莫大なお金をかけているからというのが、反対と言う彼らの持論ですが、それには、大変疑問があります。

外国人の視点で見てみれば、この時期に及んで辞めろと言う、ほとんど意味のない抗議運動は、大体が最後は、暴徒化して商店や施設を壊して終わります。これが反対のデモと言う、名のもとに行われているのは、はたから見ていても非常に恥ずかしいと思います。大抵の良識のあるブラジル人も恥ずかしいと思っています。

おかしいのは、暴徒化して略奪をしたのに現在は、防犯カメラのシステムが行きとどきだしているので顔が割れて、犯罪者になるのが嫌なのか、翌日に警察所に返したりしています。まったく、ちょっと待てよと考えれば済む事が出来ないと言うのは、やはり動物的と言うか、まさに教育が足りないからと言えるのかもしれません。

確かにいろんな政府の不備が目立つブラジル、汚職も多く、着服も多い、でもその政党を選挙の時に選んじゃうのがブラジル人なのですからもう少し選挙のあたりにしっかりとしろ!と言いたいです。

まぁこういう馬鹿ばかり考えのない人ばかりでもないのですが、何とか開催するだろうと思います。その証拠に盛り上げていく方向でTVなどは、CMを流しているのです。

まぁいろいろとありながらも段々、World cupは、近づいてきているのを感じます。
[PR]
by gabbyna | 2014-05-28 12:47 | 日々のこと | Comments(2)

Pascoaが終わったら、次の楽しみへ!

今年のEasterHolidayは、いかがでしたか?皆さん。こちらは、God FridayからHolidayに入って連休でまたもやど~んと休む人が多い時期でした。

が、私は、そんなの関係なく、仕事に明け暮れておりました。最近は、自分の仕事も忙しい上に、旦那の店の仕事も休めなく、休みなしでこのところ働いていて、かなりブチ切れ気味ですが、自営業の宿命ゆえ、なかなか思うにまかせません。

人さまが、腹出して、リゾートしている姿を見ながら仕事しているのって本当に最悪です。この休みの日に働く、嫌な感覚は、なかなか消えません。そう、クリスマスが夏になるのが許せないって感じと同じです。

Easterには、卵、こちらの場合は、Ovo de Pascoaという、チョコレートのでっかい卵が定番です。今年もいろんなスーパーやお店に一杯アーケード方になっておりました。
私もここのメーカーの物を買って美味しく頂きました!(甘いです。)
こういうPanetoneの中にチョコレートも売っております。
f0061977_12253468.jpg


秋になりつつあるこの頃、天気が暑かったり、いきなり涼しかったりと体調がおかしくなりがちです。が、後2カ月を切ったWorld cupへの楽しみに為に健康に注意して頑張ってお金を貯めたいと思います。

そう、私、試合見に行きます!!!金がかかりますが、頑張って他の州に観戦に行く事になりました。
写真とるぞ~~と息巻いております。その話は、また次に書きますね。
[PR]
by gabbyna | 2014-04-22 12:28 | 日々のこと | Comments(6)

Social mediaのパワー。

今では、誰もが使っているSocial Media network. Facebookだったり、Twitterだったり、あれこれいありますよね。私ももちろん使っています。
これは、友達と繋がれるのでいいんですが、逆にリスクもあるわけです。今回は、ちょっとしたほころびが出たのを発見してしまったお話です。

私のお友達の息子君、J君としておきます、彼は、うら若き青年です。社会人一年生として東奔西走している彼は、少々お坊ちゃんまくんタイプです。
私は、彼がいい子であることを知っています。いい子というのは、うら若き男性に失礼ですが、昔から知っているので反抗期の事やら大学に入るあたりでもめた事を考えてもいい子だと言えます。
このおぼっちゃま状態がやはり問題なんだなぁと思えた事が起きました。

彼は、去年の夏から付き合った彼女がいました。一応過去形です。我が友達に言わせれば、この彼女を友達は、どうしても好きになれなかったんだそうです。母親の管と言うのか、女の直感と言うのか・・・。で、時々私に愚痴っておりました。息子の彼女なんだけどど~しても好きになれないと・・・。私は、どんな子なのか??ちょっと興味があり、その息子君とFBで繋がっている事もあってちょっと彼女の写真を見たりすることができました。そう、その彼女ウォール機能使ってなかったんですね、つまり彼との事をもう皆に知らせたくて仕方がないって感じだっとわけです。

彼女と彼は、その後付き合っていたのですが、ある頃彼が彼女のガキっぽさに呆れ出し付き合い切れないといことになり、別れました。彼も仕事が忙しくなってきた時期と重なります。しばらくしてから彼女から話があると家に押しかけてきました。彼と彼女と彼の父親との3者会議になったのです。つまり、カンのいい方は、解ると思いますが彼女は、妊娠していたんです。でも別れた後なのでまぁひそひそと母親である私の友達を除いて、話をつけたようです。子供が子供を育てるのは、無理だし別れた後なので結果は、費用を出して・・・・・ということになったようです。
その後、私の友達が、どうもまだJくんが、元カノとあっている節があると言ってきてました。こう言う事の後なので責任を感じているのかもね。なんて言っていたのですが。。。。

今週、私は、ある友達をFBで探していました。その時に検索機能でJ君の元カノが出てきちゃったんですが、なんと2つアカウントがあったんです。あれ??って思って一つを見れば、前と同じ。で、もう一つをみたら、同じ人なんですが、今の新しい彼氏(名前出てるし)と交際中と出ておりました。もう、ビックリ!
FBを知っている人なら解ると思いますが、何時からそこをUPしているかとか見ていたらどうも、二股疑惑が・・・・。J君、おぼっちゃまだからひっかけられたかも~~と疑惑が浮かびました。
この女、したたかだな~~って思えたので、直ぐ友達にメッセを入れて教えたら、超ビックリしていました。
その後どうなったかは・・・・、まだ知りません。

Social Mediaは、凄く楽しくていいんですが、こういうお馬鹿さんもいるということで気をつけて使ってほしいものです。

しかし、息子の居る身としては、今回の事は、すご^~くいい教訓なのでしっかりと息子にも話して聞かせておきました。あ~~、今ときは、女性のほうが強いのよね~~って改めて感じたのでした。
[PR]
by gabbyna | 2014-04-05 01:48 | 日々のこと | Comments(4)

いろんな思うこと、あれこれと。。。。。


by gabbyna
プロフィールを見る
画像一覧