整理しています。

父が逝って、やっと3週間が過ぎようとしています。
長いような、短いような日々です。でも日々は、過ぎていきますね。

父は、生前から結構整理好きというか、同居していた時も結構物を捨てていた気がします。
ただ、アパートへ出た時にそれでも荷物というものは、あるのだなと思ったものでした。そして母が亡くなってからケアハウスへ入居する時には、また家具を捨てたりしていました。その引っ越しの時に私も息子も手伝っていました。

亡くなった後、ケアハウスを死亡により退去ということになり、一応早めに中の物を運び出さなければならなくなりました。父の居た部屋は、1LDKという感じでドアを開けて入ると小さな洗面台、小さな簡易キッチンが並び、通路の反対側がトイレになっていました。通路の門にタンスがあり、これは、新しく買ったものでしたが、キッチン等が並んでいる左側の一番奥に昔からのタンスがありました。通路を行くと南側にスペースが有り、そこに父は、ベッドを置いていました。
父が亡くなった後、直ぐに必要な書類とか、整理を始めなければならなかったのでした。なんとも悲しいものでした。

整理をしていくと、やはりいろいろとあるものが乱雑に置いたりしてありました。やはり父が老化が進んでいたのを感じました。それになかなか気づけない私でした。否、気づきたくなかったのかと思いました。
父の遺品整理は、結構早く終わったと思います。服は、リサイクルへ家具は、丁度新年度の引っ越しなどと重なったのでリサイクル屋さんが引き取ってくれないので解体して破棄しました。電化製品もリサイクルへ。冷蔵庫とレンジがケアハウスへ移る時に買ったものでした。
なんとバイクが残っていてこれは私も引き取った後、廃車して買い取ってもらいました。

今日何となくYutubeでゴミ屋敷の片付けを行う業者さんのを見ていました。亡くなった後の整理みたいのもあり、それを見ると父は、まだしっかりとしていたほうだったのだなと思いました。
その後、私も自分の部屋を久々に大掃除、不要と思われるものを一杯捨てることにしました。なんか、掃除をすると気持ちいいですね。そして気持ちの整理もつく気がしました。

[PR]
Commented by Aqua_blueY at 2018-04-08 01:19
私たちも年齢を重ねて、そのぶん親も歳をとって行きます。
海外で生活しているとその様子も中々目にすることなくて
里帰りして会うと「あ〜歳をとったなあ」と実感したり。
後何回こうやって時間を過ごせるのだろうかと思ったり。
先日昔お世話になっていた方でずっと会いに行かなくちゃと
思いながら忙しい毎日にかまけて先延ばしにしていた方が
お亡くなりになりました。
そしてなんであの時会いに行かなかったのだろうと
悔やんでいます。
gabbyna さんがおっしゃっているようにその日は突然やってくるものなのだと実感しました。
後悔しないように会いたい人に会ってお話たくさんしたいと思いました。
お父様のご冥福を祈っています。
Commented by gabbyna at 2018-04-14 11:52
Aquaさん、
優しい言葉、ありがとうございます。まだまだ気持ちの整理が尽ききれない部分もあり、時々ひどく感傷的になる自分が居ます。
あの時ああしておけばという後悔は、やっぱりずっと何処かに持ち続けるのかもしれません。
でも多分父は、それを望んでいないだろうと思います。なのでなるべく前を向いていきたいと思います。
by gabbyna | 2018-04-07 22:24 | 日々のこと | Comments(2)

いろんな思うこと、あれこれと。。。。。


by gabbyna
プロフィールを見る
画像一覧