歌声は、永遠に・・・

今日の夜(18日)、アメリカでWhitney Houstonの葬儀が行われます。こういう一時代を築いたスーパースターとしては、やはり早い死が惜しまますね。私ですらそうなんですから、ファンの人には、辛いものでしょう。
M.Jの時も思いましたが、彼もやはり薬の中毒が原因だったし、Whitneyもドラッグ中毒、お金があるから、あったからより簡単になんでも手に入ったのでしょうね。ハリウッドは、そういう世界というのをジュディ・がーランドの伝記かなんかで読んで、びっくりしたものです。働かせるために薬を簡単に与えるというシステム。
確かにスーパースターが出ている映画とか、舞台を見たいですからね。
彼にしてもWhitneyにしても全盛期は、凄い人気がありましたよね。今、あのような凄いヒットを飛ばしているのって誰がいるかなぁとちょっと思いました。当時、時代を作ったというのは、言いすぎではないと思います。

私個人的には、Whitneyは、、デビューして来た時、当時のセオリー通り、黒人歌手にしては、美人というイメージでした。印象に残っている曲は、「Saving all my love for you.」でした。なんて声が通る歌手なんだろうって。。
で、ヒットを次々と飛ばしていた頃は、余り気にもせず、その後映画の「ボディガード」を見て、彼女が主演か・・・とちょっと微妙に思ったものでした。ヒットした「All ways love you]がどりーパートンの曲って知っていたのであの曲には、感動しなかったものの、映画の挿入歌の「I have nothing」には、感動しました。好きな曲です。この頃には、曲を聞くと思いだすことなども多々ありますね。

今改めてPVなどを見直してみると、彼女は、本当にパワー全開で歌っていますね、これは、凄い消耗をするだろうし、精神的にも大変だろうなぁと思います。だから感動が伝わるんでしょうね。

そしてその後彼女が結婚したという後に出した、「I'm every woman]が気にいりました。これは、大好きなチャカ・カーンの曲です。(チャカは、今も現役でJazzなどを歌っています。)
その後は、余り気にもせず、映画のテーマ曲を歌っているのを聞いたぐらいでした。

が、彼女は、お騒がせセレブとして戻ってきてしまいました。ここ、10年ぐらいは、ヒットした曲もないし、歌声も聞いてない、去年復活コンサートでブーイングされたというコンサートをYoutubeで見た時は、これは、酷いなぁと思いました。折角復活コンサートなのに・・残念に思いました。

そして今回の訃報、今回も復活にかけていた彼女のPVをちょっと見ましたが、あの綺麗な高音は、出ていなかったのでした。もしかしたら復活出来たかもしれない彼女、その早すぎる逝去は、やっぱり残念です。

彼女がもっと別の男性を愛していたら、そこから立ち直るのがもう少し早かったら、こうはならなかったのかもしれません。栄光をすべて手に入れた彼女の落とし穴は、愛した人というのは、残酷です。
でも彼女の歌声は、何時までも残ります。歌も残りますね。

今日のお葬式の放送を祈りを込めて、見守りたいと思います。 R.I.P

by gabbyna | 2012-02-18 22:19 | favorite 女性Singer

いろんな思うこと、あれこれと。。。。。


by gabbyna
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る