R.I.P. Price....

今年は、なんでこんなに私がオンタイムで聞いて大好きだったMusicianの訃報を聞かなければならないのでしょうか?と思います。

毎朝起きるとスマホのニュースチェックをする私ですが、今朝のニュースでビックリしてしまいました。そう、Priceの訃報が出ていたのでした。Priceは、最近の曲でも気に入ったのあり、ダウンロードしていました。
記事を読むとスタジオ兼自宅のエレベーターで倒れていたという事でしたが、その後U.S.A.のサイトをチェックしていたらやっぱりというか、Overdoseらしいということで納得だけど、残念な気持ちが沸き上がってきました。

Priceというと先に亡くなってしまったMicheal Jacksonと時代の人気を2分した人です。明るいMichealと暗いPrinceというイメージが常についていた気がします。
私はやはり「PurpleRainの映画を見てよりファンになったのですが、あの当時の人気は、凄かったですね。
彼は、背が低かったのですが、それをカバーするためにヒールの高いブーツを履いていたのですが、軽々と踊り、歌う姿は、私には凄く印象的でした。衣装とか、化粧とか、凄く個性的でPriceというとそのスタイルが浮ぶくらい、彼のオシャレなイメージは、印象的でした。

そういえば、この間もドキュメンタリーで彼がレコード会社と結構闘争してMusicianの権利を守れるように頑張ってきたというのを見たばかりでそれまで抱いていた単なるMusiciantという彼のイメージがしっかりとしたビジネスマンというものへだいぶ変わったのでした。

他のMusicianたちにも楽曲を提供したりしていた彼、そのギターも素晴らしく、他の楽器もこなし、マルチでなんでもできて自分もプロデュースする、天才的なタレントの彼だったと思います。
そんな彼もやはり薬に頼らないと大変だったのかと、こういう有名な人たちに付きまとう影の部分は、どんなに根が深いのでしょう。その深淵は、見たいものではありません。

しかし、彼の曲の数々は、いまだに輝いているし、これからも私は、聞いていくだろうと思います。
久々にPurple RainのDVDでもみましょうか。

[PR]
# by gabbyna | 2016-04-22 23:55 | Favorite Music | Comments(0)

自然災害との闘い、日本という国

この度、九州、熊本近隣の県で発生している大地震で被災をされた方々に心からお見舞いを申し上げます。

日本という国に住むという事は、いつも地震や津波、台風などの自然災害との闘いが課題にして生きていくことだと改めて思います。

私は、日本と反対側の国に何年も住んでいて、時々帰ってきているのですが、前回の東日本大地震の時も日本にいたし、友達と稀有な体験をもしました。
そして今回、またもや想定外と言われる大地震が起きています。なかなか沈静化していかないのが不安です。
私は、今は、そこから遠い場所に住んでいますが、友達がその発生場所からあまり遠くない場所に住んでいます。余震があるのでなんか気持ちが悪いということを伝え聞いています。

以前一度友達を訪ねていった大分、湯布院、そして熊本のお城、街並み、なんだかそれらが崩れているのを見るのは、本当に心苦しく、悲しいものです。でもきっと再興出来ると思います。

海外に住んでいるともし、同じぐらいの地震が起きたらどれだけ被害が大きくなるかという事が解ります。日本は、被害を受けてもどんどん復興をしていきます。そのKnow howを持っています。そしてそれを遂行していく気持ち、知識があります。それがどんなに凄いことか、日本にいると解らないと思います。

今回の地震でいろいろと被害受け、先が見えない状態の方が一杯いると思いますが、どうぞ気持ちを持って行ってください。応援しかできませんが、出来る応援をしていきたいと思います。
一番確実な方法で応援出来ることをしたいと思います。
例えば、日本赤十字へ寄付したいと思います。
[PR]
# by gabbyna | 2016-04-20 00:02 | 日々のこと | Comments(0)

God motherに会いに。

Easterも過ぎて春がやってきました。
満開の桜を見ることが出来て、嬉しいものです。私の元同僚のイギリス人女性Fちゃんとこの間もお茶したのですが、彼女が日本へ着てみたかったMotivationの一つが、絵葉書で見た日本の写真だったそうです。そう、私たちがよく知っているお寺と桜とかだったのらしいです。だから今の季節に日本に滞在しているのが嬉しいといっていました。そんな彼女とのお茶の時間は、結構早く楽しく過ぎてしまいました。

その前に私の洗礼の姉妹であるKちゃんと久々に会うことが出来ました。その前に会ったのは、前に帰国したときだったので既に2年ぶり以上ですね。以前にも書いたのですが、私たちは、洗礼の姉妹です。そう、彼女と私は、高校が同じで私が先輩なのですが、洗礼を受けたのは、彼女が先で私たちは、洗礼の時のGodMotherが私の同級生で友達であるCちゃんが彼女も私もGodMotherを引き受けていただいているのです。

Kちゃんは、英語の通訳で結構あちこち飛び回っているのですが、最近は、少し仕事量を押さえて他の事に挑戦するといっております。それは、ワインの事だそうで彼女は、フランス語も学生時代からやっているので結構流暢です。それを活かして何かワイン関係の仕事へ挑戦していきたいとか言っております。頑張ってもらいたいです。

で、彼女とスペイン・バルへいき、ワインを飲みながら食事をして語り合ったのですが、私は、まだフランスへ行ったことがないなァっていう話になり、そうだ!Cちゃんのいる修道院へ行きたいねという事になりました。
私たちは、修道院へ行くというのは、結構好きなものなのです。修道院でシスターと同じ生活をして祈りを深めるというのは、凄く素敵なんですよ。

で、早速Cちゃんへメール、今は、修道院にだってパソコンはあるし、メールのやり取りもできます。フランスの彼女にメールしていつ日本へ来るのか、私たちが行ってもいいのかなどと聞いてみました。で彼女は、今年は、6月に2週間ほど戻ってくることが解りました。
でも私たちのフランス行き熱は、高まっていくばかりでした。彼女と何時フランスへ行くかとか、何処を回るかとか話しだしてしまいました。GodMotherが戻ってきたらこの計画を具体的に話し合ってみる予定になりました。

その前に私は、仕事を探さないと、でも短期の仕事が決まり、その後に続く仕事へのテストをまた受ける予定です。あまり期待できないけれど、まぁ今年もいろいろと挑戦していくつもりです。
f0061977_22212142.jpg

[PR]
# by gabbyna | 2016-04-10 22:22 | カトリックのつぶやき | Comments(0)

物欲との闘い

晴れて?!仕事が終わり、一応お世話になった学校の各担当者さには、お別れを告げて各職場を去ってきました。以外だったのは、結構面倒をかけられていた学校の先生側が優しいというか、言葉をかけていただいたりして、少しは、やったことが評価されていたのかなぁと嬉しく思いました。

そして春休みです、何でしょうか?この解放感は!春休みなんてなんて響きのいいお休みだったのかしらと今更ながらに思えている日々です。
でも春休み~~って騒いでいるわけには、いかないのですがねぇ、職探しをしないと。(苦笑)

でもまぁ次の仕事獲得に向けてアクションは、起こしているのであまりシリアスに落ち込んでもいません。
でも日本ってこうだったかしら??と思えるような不思議なことが多く、まぁ頑張っていくしかないんですが、半分外国人状態の私は、何かと大変です。

その鬱憤とストレスを解消するのがネットなんですが、日本だとほんと欲しかったものが簡単に手に入るというか、探すと出てくるので困ります。で、本とかDVDとか、中古で探すようにしています。でもまず先に図書館でチェック!します。
日本は、図書館で借りてほんの善し悪しがチェックできるから嬉しいですね。最近は、一般の本屋さんでも店内の中であれば、読めるようになりましたが、私は、あれがなんとなく苦手なんです。
なので図書館で借りれたら借りてチェックします。
今は、電子Book化しているのも多いのですが、意外と値段が高いのが難点です。

仕事と関係のありそうな本をあれこれと探すのが趣味というか好きな私なので先の仕事の関係の本もあれこれと探しました。次に役立つかなあ?!

ということで今は、時間が出来てしまったので!また本を探したり、古い映画のDVDやなくしていたCdなどを探しています。ああ、A○○ONとか、R○天なんてすばらしいサイトがあるのが本当に困ります。

なるべく我慢するようにしていこうとは思っているのですけどね。今までの反動で買ってしまうことも多いかなと思います。気をつけます。
[PR]
# by gabbyna | 2016-03-21 15:35 | 日々のこと | Comments(0)

また初めから

もう2月も終わりになりますね、3月になると卒業の季節、私の関わった生徒さんたちも卒業していく子が何人か出てきました。そして、あれこれと悩みましたが私は、今の仕事を辞めることにしました。

一応、Maxで5年契約をもらっていたのですが、実際にこの仕事を始めて、決まりごとが多すぎて、自分が思うように仕事ができない現実にいら立ちを募らせてしまいました。所詮、先生と生徒の間に入るだけで、それに加えてかなりの制限があり、実際のお給料も予想をはるかに下回りとか、まぁいろんな要素があるのですが、決定的にしたのは、同僚さんのいきなりの辞職でした。

彼女は、日系ブラジル人、日本語の能力が少々問題がありました。それでも既に?年やっているといっていたいのでいいかと思っていたのですが、担当した私と一緒の某学校の担当教諭が、彼女に結構つらく当たっていたのです。確かに担当教諭の思いは、解ります。彼女がすべてを伝えてとか願うのですが、それが出来ないからいらだつという事の繰り返しで遂に彼女は、私たちの雇い主のほうへ苦情を伝えたようでした。
しばらくは、その教諭も大人しい感じになったのですが、それでも彼女は、我慢できなかったみたいです。で、今年の正月明けの仕事の後で一緒にランチをした日を最後にいきなり!仕事を辞めてしまいました。
翌週仕事に行った私は、そのことを知り、ビックリ。そしてそれから私が英語もポル語のほうも両方行うことになりました。この間、うちの上部からの連絡は、一切なし、何も言ってこなかったのでした。
その後研修会があったので行ったのですが、その時も何も言ってこなくて、その時に私は、辞めようと決意しました。

で、先週の金曜日、私は、金曜日担当の学校へ行ったのですが、着いてから担当の生徒の担任教諭と偶然あったら「あ~~、先生、今日は6年生のお別れ会などがあるので4時間目のみになるんですが・・・。」と行ってきました。出来ないのなら連絡してくださいとお願いしてあったのに、朝7時半から家をでて1時間近くかけて通ってきているのに・・・。本当に改めて嫌になりました。

で、その後私は、ハローワークへ行ってきました。自分がしたい仕事が何かあるか?出来るか?ちょっと心配していたのですが、登録もして相談したら仕事がありますよと何枚もの求人票などを出してくれました。
あ~~、私がしたい仕事がありそうだなぁと思えたらはっきりと仕事を変えて挑戦していこうと思いました。

辞める意思は、既に19日に書類を提出しました。それについては、何も言ってきません。まぁ辞めるときに何か連絡してくるのかなと思います。

また初めから頑張っていこうと思っているこの頃です。
[PR]
# by gabbyna | 2016-02-28 21:50 | 日々のこと | Comments(2)

最近のお気に入りは、{Empire}

日本でもやっとドラマを見れるようになり、時間がある時に見ているのですが、最近のお気に入りは、
「Empire」です。やっぱりあのクッキーちゃんの迫力は、凄いものがあります。
いや~~いろんなタイプの女性がドラマに出てきますが、あそこまで迫力のある人ってそうは、いない気がします。流石エミー賞主演女優賞をとっただけの事は、あります。凄い存在感で大好きです。

旦那さん役というか主人公のテレンス・ハワードは、昔から好きだったけど歳をとるごとにより良くなる感じですね。こういう役やらせたら素晴らしいこと、この上ない。
クッキーちゃん、怒らせたら怖い、愛情深い女性でいい感じです。こんな役をやっている彼女、タラジ・ジョンソンは、素敵ですよね。
3人兄弟は、私的には、2番目のお兄ちゃん、ジャマル君です。長男のアンドレ君は、ちょっと弱いし、3男は、まだ若いなぁって感じだし。いい感じでジャマル君です。

でもって出てくるゲスト俳優陣も本物の歌手を多用するし、挿入歌もいいのが多いということで気になるCDでもあります。
で、次のシーズンは、これまたお父さんがリターンしてきてどんな手でリベンジするのか、楽しみです。

この曲も彼が歌っていて素敵です。

なんとなくUserを思わせる風貌もGoodですね。
[PR]
# by gabbyna | 2016-02-14 12:39 | 海外ドラマ | Comments(0)

FESTA ETERNA・・・・8年ぶりのGANGAZUMBA ライブ

2016年1月28日、私は、東京のLIQUIDROOMに行きました。8年に宮沢和史さんのいるバンド、GANGAZUMBAのLiveを見に行ったのです。その時のブログは、こちら
彼らが8年前の2008年にブラジルに移民100年記念に関係したイベントということでコンサートにきました。そして私の住んでいた市にも来ました。その時、初めて見たGANGAZUMBAの音に触れて結構感激した私、ライブが終わった後、ラッキーにも宮沢さんやバンドのメンバーに会えたのでした。
それから8年、こちらへ戻ってきたまた宮沢さんの音を聞くことが増えて、ふと何かで彼がもう今年の最初のライブで歌を当分??歌わないという記事を読んで調べたらGANGAZUMBAのコンサートがまだあるのが判明、そしてどうしても行きたいなと思い、東京方面に住んでいる友達に声をかけたら一緒に行ってくれる友達夫婦がいたので即刻チケットを買い、泊まるホテルをブッキング出来たのは、ラッキーだったと思いました。

あの頃、私は、自分の将来をブラジルで夫婦で成功していけると思っていたと思います。今彼らの音を聞いたら自分がどう思うだろうと思ってライブに行くのをある意味たのしみにしていました。
行く前に準備と思って買ったLiveのDVDを見ていたら、なんと!8年前のライブ後に宮沢さんたちと直接話していた映像が使われていました。なんとも嬉しい驚きでした。
予備の準備をして出かけましたが、会場に着いたらすでに人が一杯、そして凄い熱気!あまりの暑さに来ていた長袖とカーディガンやジャケットを脱いでロッカーにしまいました。寒くなるかなと思っていましたが、もう最初から最後までず~~と踊っていたりしたので汗かきまくりで寒さなんて全く感じないで終わったライブでした。

バンドも全力投球、今日で終わるわけでなく、FESTAは、、ETERNA、そう永久に続きますと宮沢さんが言ってくれました。そう、フェスタは、永遠に続くというわけです。
宮沢さんが歌を歌うのを辞めるというのは、やはり体力や気力などすべてを出し尽くして歌うタイプだか病気をしたりしてまぁ年齢もきているからなのだろうか?とふと思ったのですが、私が宮沢和史という人の音が好きになったのは、実に私が今の旦那と知り合ってまだポルトガル語が訳も分からず、でも彼との交際に突き進んでいった時期と重なります。その時の私は、彼の音楽を聞いて頑張っていたのでした。私を勇気づけてくれた曲がありました。それは、TheBoomとして作った曲でした。「Ha ja coracao」という曲です。今聞いても何だかその頃の自分を思い出して涙が出てくるくらいです。
もちろん、GANGAZUMBAのライブだからその曲は、聞けなかったのですが、2008年のライブで聞いた、「足跡のない道」を聞いてまた感動しました。曲の意味も分かるし、自分の足跡を考えてしまいました。


盛り上がってなかなか終わらなかったライブも遂に終わりがきました。感動に満たされてライブが終わりました。8年前のようには、会えなかったけれど、ライブ中にハートマークを手で作り、舞台に向けて手を挙げていた私たち、感動をありがとうと伝えたかったです。

その後、寒い外に出た私たちは、近くのワイン・バー見たいところで感動を持ち込み、楽しく話飲み盛り上がりました。ホテルは、彼女たちの家の方面に取ったので帰りは、終電よりも少し早いぐらいの電車を乗り継いて戻りました。

またいつか、彼の歌声を聞くことが出来たらなぁと思いました。8年ぶりなんですもの、次の8年ぐらいなんでもないかなぁ。。でもどこで聞くのかなぁ?日本かしら?ブラジルかしら?それとも他の国??なんて考えてしまった私でした。
[PR]
# by gabbyna | 2016-01-30 20:27 | Comments(0)

R.I.P. David Bowie...

新年があけて、仕事が始まり、直ぐに来た3連休は、ちょっと嬉しいお休みだといつも思っていました。
土曜日には、Star warsの新作を見に行ってきました。期待しすぎていたわけじゃないけれど、Good だけれど、Excellentでもなかった。BB-8の可愛さには、負けたけれどストーリー的には、そうねぇ的な感じで
主演の女優さんもいいけれど、カイロレンの俳優さんは、ちょっと甘すぎるし、フィン役の人もいいけど、脇役の人のほうが光っていた感じでした。前6作のあのインパクトや輝きには、まだいけないかなぁって感じでした。
で、昨日は、ちょっと初詣の延長にあたる、厄除けのお寺へ行きました。この時のことは、後日書きたいと思います。

で、最後の日の今日、仕事もなく、のんびりとした一日が始まりました。そして普通に終わるかなと思った夕方そのニュースがTVで流れてきました。
David Bowieが,ガンで死去したというものでした。ああ、嘘だ~と思わずTVに叫んでしまいました。
私がかつてRock少女だった時のアイドルであった彼、名作、pace Oddityー彼のスタイル、歌い方は、衝撃的でした。思ったのは、なんて美しい人だろうっていうことでした。私の中学時代は、彼の音楽に彩られていました。音楽の先生が貸してくれる雑誌から切り抜いてノートに張ってスクラップしていた物でした。
グラムロックのスターから彼は、普通のロックのスターにシフトしていきました。次のブレイクは、Let's dance
その音のカッコよさと言ったらなかったですね。
その後は、シンプルなロックをやったり、相変わらずな音を出していたりしていましたが、私も既にRock少女でなくなっていたのでアイドルから少し遠ざかった居たのでした。

前回、3年前に日本へ戻ってきたときにベスト盤を買いました。なんかすごく聞きたくなって買ってしまったんです。そしてituneでWhere are we now?がでたときにああ、やっと音楽に彼が戻ってきてくれたと思ったのでした。そして8日に新しいCDがでたということ買おうかなと思っていたら・・・・ああ、なんていうことなんだと思いました。18か月の闘病をしたといいました。お疲れさま、Bowieと言いたいですね。

私は、かつて一度だけ彼のコンサートを見ています。彼もまだまだ若く美しかったです。彼を見れておいてよかったなぁと今更ながら思うのでした。

Thank you very much for your music.R.I.P.

[PR]
# by gabbyna | 2016-01-11 22:46 | Favorite Music | Comments(0)

新年

新年あけましておめでとうございます。
去年と今年は、全然違うお正月になりました。

あちらでは、年越しは、夏、去年に至っては、夫婦2人だけだったし、ギリギリ遅く帰ってくる旦那を期待しないでまっていてもらちが明かないって感じでした。
今年は、日本で寒いけれど温かい家の中で息子たちとTVを見たりして話をしながら年を越しました。

元旦は、息子たちの従妹が遠方からきてやっているショッピングセンターで落ち合いました。なんかあれこれと話をしながら買い物を元小姑とするというのは、不思議なものです。でも元姪っ子たちは、可愛いものです。
そんなことが出来るのも日本だからだな~って思いました。

さて、今年は、初詣へも行ってきました。宗教的には、まったく関係のない私ですが、行事的に楽しいと思うので行ってきました。凄い混んでいましたね。
でも実際に行ったところが何の神様なのか、さっぱりわからないので戻ってきてからググってみました。
そしたら今は、神社さんもWEBがあっていろいろと説明が書いてありました。でもって読んでもちっとも解らないのでした。(苦笑)

今年もよろしくお願いしますね、皆さま。
f0061977_1605754.jpg

[PR]
# by gabbyna | 2016-01-03 16:01 | 日々のこと | Comments(3)

今年もありがとうございました。

今日で2015年が終わります。今年は、感慨深い一年となりました。
自分で言うのもなんですが、年の初めには、まさかこういう決断を下すということになるとは、思っていなかった気がします。でもここ数年、胸の中でくすぶっていたものだったのかもしれません。

それが、はっきりと解ったのは、こちらへ戻るときによったアメリカでの滞在の時でした。解ってしまうともう目をつぶることは、無理になりました。友達にも相談してみたらよりポイントがはっきりしたという感じでした。
それに現実をみたらやはり私は、決断をするしかなかった気もします。来た当初は、本当に早く離婚とか、手続きをしようと思っていました。が、時間が過ぎていくと少し余裕が出てきました。
日本と外国では、解れる方法が違います。焦っても仕方ないなァと思えるようになりました。

今の自分にできることをまずしようと思いました。日本社会に復帰は、大変でしたが、いろんな人たちとの出会いがあり、楽しく過ごすことができました。そして今の仕事でもそれなりの出会いもあり、まぁ悩むこともいろいろとありなのですが、何とかやっています。

来年は、家族の様子をみながら自分の為に少しやってみたいことをする予定です。今まで出来なかった事をする予定です。そのために仕事も頑張りたいとおもいます。

ここで仲良くしていただいている皆さん、ありがとうございました。また来年もよろしくお願いします。
f0061977_22144323.jpg

[PR]
# by gabbyna | 2015-12-31 22:15 | 日々のこと | Comments(0)

いろんな思うこと、あれこれと。。。。。


by gabbyna
プロフィールを見る
画像一覧