「ほっ」と。キャンペーン

<   2015年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

肉料理に悩む

さて、修行の日々?!は、続いていて、ほんと、これがリタイヤ後の人生の予備練習のような生活、つまり旦那が一日家にいて、ほぼ毎日3食一緒に食べているという状況なのですが、最近改めて困っているのがブラジルの肉の料理の仕方。

何せ今までそんなに真面目に?!取り組んでいなかったので日本料理やなんちゃってイタリアン風でごまかしてきた私の料理、旦那も今までは、食べたくなければ外で食べるし、アンマリ真剣に私の料理に向き合ってこなかったのです。
が、毎日一緒となるとやはり気になるし、お肉も何時も結構良い品を買ってきていたけれど、安いのでも上手く料理してほしいと思う、無言の圧力を感じるこの頃となっています。

こちらの肉は、赤みが多い、そして肉屋で売っているのもスーパーで売っているのも何となく厚めの肉なのです。下味をつけてみるのですが、ど~にも味が染み込まない。酒・にんにくなど、下味を入れてみてもイマイチ・。Co○○P○○のサイトで見ても余り解らない。大体が日本料理で使っているのは、薄い牛肉で一応脂身がそこそこはいっているでしょ?!赤みだからこうなのかな??
こちらの人は、にんにくや塩をバンバン使うけれど、実際にブラジル料理なんて作ってこなかった私が作ると、余りに味がない肉料理となってしまうのです。
流石に今日、夕食事に旦那に「ブラジルの肉は、味が入らない!」と嘆いたら、「これからは、(カレーに使う)角切りにした肉を買ってくるよ。」と匙を投げられました。豚肉は、旦那は余り好まないのでチキンか、または、牛肉で既に下ごしらえした肉か、その角切りの肉でず~~とカレーを作っていればいいわけね?!と思った私でした。

何か、赤みの肉の料理テクを知っていたら教えて下さい。

[PR]
by gabbyna | 2015-01-31 10:15 | 日々のこと | Comments(2)

国別男性の性格傾向

昨日は、只今、当市に滞在している、現役の日本人女子大学生Aちゃんとお茶をする機会に恵まれました。彼女ともこの間偶然あって知り合いになったばかりです。もう、お肌つやつや~~~、髪の毛サラサラ~~、あ~~眩しいわ。という若さ全開のオーラが幸せを分けてくれる感じでした。彼女は、彼氏のところに会いに来ているのです、ああ、若いってエネルギーが出るのよね~とお姉さんは、遥か遠い目をして彼女たちの馴れ初めから現在に至ること話を聞かせてもらいました。

このお茶をした場所は、彼女が滞在している彼のアパートの目と鼻の先、2分もあれば着きます。で、会うことになって何処で会おうかという話になったら、家の近くで!という彼氏からの注文がありました。

なんで??とは、思ったものの、初めてだからまぁ大人しく近場であって少し散歩してもいいじゃんと居住歴10のベテランは、思うわけで、軽くOKをして待ち合わせの所へ行きました。
私が着いてからメッセージを送り、それから彼女が彼氏と手をつないで歩いてきました。お~、Lovebirdじゃん。と全然Loveloveでない事になってしまっているオバサンおねーさんは、窓から見ておりました。入り口でキスしてHugして彼は、彼女を置いて帰って行きました、おい、挨拶ぐらいしてもいいじゃん?!まぁ野暮か。

若いAちゃん、彼氏抜きでお茶ができるのが凄く嬉しいと話しました。まぁ彼に会いに来たわけだし、言葉がまだ十分できない彼女は、何処へ行くにも彼氏がセット。段々鬱陶してく自分らしく行動が出来ないことが悩みというようでした。

確かにブラジル人男性は、束縛するというか、自分は、友達と出かけても彼女には、何処へ行くの?とか誰に会うのとか??結構しつこく聞く傾向があります。そういえば、私も昔そんな時期があったなぁと思いだしました。特にブラジルは、ちょっと危ない場合もあるし、彼女がが可愛いからナンパの被害にすぐ会うこともありえるし、いろいろと考えて過保護という感じを受けました。
彼女は、結構行動的であれこれとしたいという性格で今後このカップルは、継続していけるのかな?!とちょっとおねーさんは、危惧ったりしてそんな話も忌憚なくしておきました。

まぁ伊達に多くの日本女子ブラジル男性カップルを見てきているわけでないので続くかな~とか駄目かなとか何となく分かる感じがします。もちろん、仲良く続けていっていただきたいけれど、まだまだ若いカップル、色々とあるでしょうからね、頑張ってねと応援するぐらいしか出来ないのでした。

あまりにいろんな事を話す事で盛り上がっていたらあれまぁ、彼氏が直接迎えに来ちゃいました。でもまだ話し足りないということでもう少し時間を貰って彼女と話をして、是非またお出かけしましょう!ということでお開きにしました。もちろん、彼氏がお迎えにやって来ましたよ。

これからいろいろとある若い彼女たちを見ているとなんか、私まで少しワクワクしてきて彼女たちの今後を見せていただきたいと思いました。私も頑張ろうっと。(何を?3度めを狙うか?!う~ん。苦笑)
最近のお気に入りのED Sheeran、どうしてこんな顔でもいい声なんでしょうね。






[PR]
by gabbyna | 2015-01-24 09:32 | Comments(0)

付き合いというもの・・・Blank space..

こちらに来て早12年近くなる私、いろんな出会いがあり、友達として付き合ってきました。中でも私と同じ市に住んでいた駐在の奥さん達は、私の貴重なお友達となってくれたのでした。ご主人が駐在だと長くても8年、短ければ1年ちょっとで移動していきます。移動したのにで戻ってきてしまい、別の市でまた駐在をしていたKちゃんたちもいよいよ帰る運びとなったと連絡がありました。ちょっと感慨深いものがあります。
配偶者が日系人や現地人で永住している人達を永住組、駐在さんたちは、駐在組っていう言い方をして他の市では、付き合わない方もいるのもみてきましたが、幸い、地方都市のここでは、仲良くさせてもらい、私の貴重な友達でありました。永住組だとこれは、また別のシガラミが出来て、時々メンドーと思うこともあったりして・・・・。

長くこちらに住んでいればいるほど、現地人化して表現も考え方もオーバーで面倒になる人も出てくるわけで日本国内に住んでいるように普通の友達に恵まれないというのが外国に住む不便さかもしれません。でも限られた中で知り合えた友達を大切にしたいものだと思うものの、前述のような方とは、ちょっと距離をおいておきたいというジレンマに陥るわけです。理解不能に陥ります。

が、最近、ある事から3人もまたこちらに住んでいる日本人女性たちと知り合うことが出来ました。私の妹の年代になる女性たちは、子育てなどの真っ最中。私は、それらを終えたから余裕で見て入れるかといえば、そうでもなく、あの時代を体験出来るのが羨ましく思ったりしています。年下の彼女たちとの会話で癒やさ得れる自分がいたりします。

今を楽しく逞しく!生きている彼女たちからエネルギーを貰って、この暑い夏を何とか乗り越えたいものです。
私の好きなTylarちゃんのちょっと凄い歌が気に入っています。Blank space..う~ん、あるかも・・・。(苦笑)



[PR]
by gabbyna | 2015-01-19 09:22 | 日々のこと | Comments(0)

日々、改めて修行のような食事作り。

1月も10日過ぎとなりました。
毎日、猛暑に疲れながら、食事作りに悩む兼業主婦となってしまっています。

しかし、本当に主婦の方々、偉いなあと思います。ええ、もちろん私も今まで食事作りしていきました。
が、最近は、朝食と夕食、旦那と一緒という苦行慣れない状況に頑張って毎日食事を考えているのです。
考えてみれば、主人と一緒に朝食なんて一体10年以上も食べてこなかったので彼が一体何を食べたいのかすら解らなくなっています。
ということで友達に何かヒントをちょーだいとFBに投稿したら皆のアイディアを頂きました。

でも結局パターンが決まってきて、朝は、インテグラルのパンと果物、豆乳かジュース、ハム・チーズというラインアップ。
これ以上でも以下でもないぐらいでいいかというラインにしました。

で、夕飯ですが、この暑さで本当に参っています。日本は、寒いという事をニュースで見ていますが、こちらは、暑いので夕飯を作るのが嫌になります。でも食べないといけないから頑張って作っています。それは、どうも苦行といか、修行のような感じがします。
それほど、のんびりとマイペースで夕飯を作り、食べたり食べなかったりする旦那の気持ちは、考えないで自分が食べたいものを作っていたのですが、今は、どうやっても食べるからちょっと相手の気持ちを考えて作るように努力しています。

日本の料理本がほしい!と思うこの頃です。


[PR]
by gabbyna | 2015-01-11 01:00 | Comments(4)

あけましておめでとうございます。

2015年もあけて、既に4日が過ぎました。
あけましておめでとうございます。今年も宜しくお願いします。

店もないのでひたすら家にいる私となっています。かなりの引きこもり状態です。何せ出かける用事がないからほとんど家にいます。が、家で仕事もしているので年始早々のお仕事もあったりして家にいても暇~ってわけでもないのです。有難い!
今年の抱負としては、少し違う事をしたいというか、何か新しいことに挑戦したいなぁと思っています。
それが、ここでやるか、どうかは、まだ未定なのです。あれこれと考えては、いるんですが。

それにしても毎日旦那が家にいるってハッキリ言えば、すごく苦痛です。何せすれ違い生活でエンジョイして生きてきましたから、もう10年以上このスタイルだったのに旦那がいるとそりゃもうストレスが凄いです。早くどうにかしてもらいたいものです。他の店を開店するでもいいし、全部売っぱらって日本へ行くでもいいし・・・。でもその前に貸したお金とか返してもらわないと!!!
この辺りがどうにも不満が抑えきれないのです、一応身内なので旦那がどうにも強く出ないのが頭にきます。こちらの被害などを提訴してやれと何時言っているのですがね。

そして私の年末年始の不満がこのところ、頂点に来ています。
何せクリスマスは、叔母の家へ、ここでも当然ながら店の閉店の件で腫れ物に触る状態。そこからお休みなのですが、旦那は、店の中の機器、備品などの解体搬出で忙しかったのでそれなりにだったんですが、31日その解体などの手伝いをしてくれている人達とシュハスコをしました。この時点では、まぁいいでしょうでしたが、夜中のカウントダウン前に夕方から寝てしまった旦那、私は、一人でビールを開けて新年を祝いましたよ。そこから毎日シュハスコ、ない日は、家でひたすら寝ている旦那、もう呆れて何も言いたくないって感じです。

暑い年末年始は、北半球で生きてきた人間には、どうしても我慢できないものです。せめて正月らしく、祝いたいと思ってもそれは、無理だと改めて感じたこのお正月です。今後は、年末年始は、日本へ帰らせていただこうと思います。やってられない!

こんな波瀾万丈状態で始まった2015年ですが、どうなることでしょうか?!ご期待ください。
f0061977_09560234.jpg
一人で飲みながら見ていた恒例の海岸での花火でした。まだ派手でした。(笑)


[PR]
by gabbyna | 2015-01-05 09:57 | Trackback | Comments(4)

いろんな思うこと、あれこれと。。。。。


by gabbyna
プロフィールを見る
画像一覧