<   2014年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

デング熱にかかったことのある私

ここ2,3日、日本のニュースで気になったのは、「70年ぶりに日本でデング熱感染者が出た。」ということです。
日本では、あり得ないと思われたデング熱にかつてかかったことのある私は、気をつけてほしいと思い、久々に当時のことを書こうかなぁと思って少し記憶をたどってみました。

私がかかったのは、今から5年ほど前です。その年は、私の住んでいる市が大当たりした年で年末年始あたりから死者が出ていました。そう、デング熱で死ぬこともあるんですよ。

私の場合は、まず発熱、それも結構高熱なのでまず疑ったのが、私の場合は、喉の腫れ、つまり扁桃腺炎だと思ったのです。私は、扁桃腺炎で発熱する傾向があるのです。で、丁度デング熱大フィーバーをしだした頃なので救急治療室がある病院は、何処へ行っても一杯なので(TVの地元ニュースで報道していたのです。)なるべくいかない努力をしていた私、流石に酷い熱なので友達に付き添われて当時の保険プランを持っていた病院の救急室へ。そこも待合室は、溢れる病人でいっぱいでした。結構待って自分の診察の番です。
中へ入って行くと医者がいて、私は、「どうも扁桃腺炎かと思うのですが・・・・。」と言ったらそうですね、と一応の診察する風にチェックしてその後カルテにサッサ~となにか書いてすぐに注射の方へ回されました。
熱が下る注射をされて、処方箋をもらい、解熱剤を買って家に戻りました。兎に角、熱が出て来るので解熱剤をのみひたすら寝る状態でしたが、翌日になっても熱が下がりません。一度は下がるけどすぐ上がります。
それでも薬を飲んで寝ていたのですが、何と翌日腕とお腹に赤い発疹が。これは、デング熱の特有の症状です。それを見て、私、デング熱だったんだ!と分かった次第です。

で、デングなので解熱剤は、タイレノールに変えて、ひたすら寝ていました。食欲が無いのでゲータレードを飲んでいました。起き上がると体の関節が痛いのなんのって。体重で足が痛いって思ったのは、この時初めてでした。一番のピークが発疹が出る前から出た2日後ぐらいなのでそれが過ぎると何となく起き上がれるし、動けるかなぁと思ったのでした。
1週間後には、熱も下がり、動けるようになったのですが、後で思ったのは、ものすごく体力を消耗していたので自分の免疫力が下がった気がしました。

予防としては、兎に角、虫除けです。私は、虫除けのクリームとか、スプレーは、必需品で何時も使っています。後は、家の周りに余分な水を置かないということです。蚊が発生しないように注意すればいいわけです。

こちらの人は、デング熱に2度も3度も掛かる人がいます。それで死ぬかというと死ないないけど、やはり凄くつらい思いをするのでかからないに越したことがありません。

注意していけば大丈夫です。

スキンガード100 【HTRC2.1】

ジョンソン


[PR]
by gabbyna | 2014-08-29 11:26 | ちょっと昔の話 | Comments(2)

地元が一躍有名になった事件

2ヶ月強に及ぶ息子の滞在も終わり、8月14日に無事に帰国しました。
本当にのんびりしたようで彼的にも会いたい友達や兄弟分などに会えて満足して帰ったのでこちらとしても何とか一安心しました。いると煩くていないと寂しくなる息子という存在、親心は、何時でも複雑です。

帰る間際の2週間は、本当にバタバタとしていました。行きたい所、お土産にしたいものを探してあちらこちらと市内に出かけて行きました。
いよいよ前日、残り1日となった時に休みをもらっていた私と息子は、雨が降る悪天候だったけれど、繁華街の方へ出かけました。風が強いなぁとか雨が強いなぁと感じてはいたのですが、まぁ何とか成るかなあと思ってタクシーを呼んで出かけたのです。

タクシーに乗った時、運転手さんが「Canal3に落ちたのは、ヘリコプターなの?飛行機なの?」と聞いてきました。私は??という状態でしたが、息子が「小さい飛行機らしいよ、FBに出ていた。」と答えました。
それからスマホでもう一度FBを見たら我が市のカナル3にセスナ飛行機が墜落したというニュースがありました。
どうしてかなぁ?何でかしら?とあれこれと話をしながらまずは、お昼を食べにお店に行きました。そこで見たのは、飛行機が落ちた、本当に近所の映像が、ニュース番組で流れていました。雨のせいで煙が立ちこんでいる様子が、写っていました。
その後、友達からもSMSなども入り、事故が普通でないことを感じていたのですが、その後また誰が載っていたかという事がわかり、何と、今年ブラジルは、大統領選挙が行われるのですが、その候補者の一人が載っていて、死亡が確認されたというショッキングなニュースが流れてきました。7人載っていたセスナ機は、リオから私の市の隣のGuwaruja市へ行くところでしが、着陸失敗で当市に迂回してところ、墜落したいうことでした。全員死亡されたのでした。

この事件凄い謎が多く、1週間たった今もまだ疑問の声が上がっていて、真相究明を続けているところですが、この事件で候補者の方はなくなった政党は、少し人気をUPしているようです。

事件の真相は、まだ解りませんが、こちらにあれこれと載っています。
target="_blank">こちら

ポルトガル語ですが、何となく解るでしょうか?!

こんなことがあって、翌日帰る息子を心配したのですが、無事に帰ったので安心しました。しかし、本当に謎の多いこの事故は、当分いろんな憶測を呼びそうです。
[PR]
by gabbyna | 2014-08-22 07:48 | 日々のこと | Comments(2)

いろんな思うこと、あれこれと。。。。。


by gabbyna
プロフィールを見る
画像一覧