「ほっ」と。キャンペーン

<   2013年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

音楽脳的な私?!

この間、仕事をしていた時に生徒さんから「先生は、音楽脳的な人なのですね。」と言われました。
当初、「音楽脳とは、なんぞや?!」と海外に住んでいて日本のTV事情に日々疎くなってきている自分には、解らない言葉を生徒さんに説明してもらいました。
曰く、明石家さんまさんの番組で有名な専門家の先生方の説明をする番組があるそうで、確か私も日本で見た記憶がありますが、その番組の中でのお話だったそうです。

例えば、他人があれこれと煩く喋っているのを凄くストレスに感じるということ、これは、音楽脳が作用するということらしいです。(説明が違ったらごめんなさい。)

私は、家に一人でいても余り苦痛にならないタイプだなとは、思うのですが、特にこちらの生活では、家に一人というパターンに慣れているので外などで異様に騒がしいとか(クリスマスとかフェスタとか)結構ストレスになるなと思ったりします。
日本にいた時に何が苦痛かというと、自分一人だけの空間がないってことだった気がします。こちらで一人に慣れていると家族の音すら少々苦痛になってきたりしていました。う~ん、我侭なんですかね。
でもって日本語のTV番組に少々落ち着かなさを感じていたり、英語とかが聞けなくて苛ついていたりしていた気がしました。あ、ポル語は、聞かなくても平気でしたけど。(何せ響きが煩い時が多いですから。)

今は、大抵家に一人でいてネットFMをかけているか、TVで英語の番組を流している率が高いのでストレスは、ないのですが、この後店の仕事を手伝っている時にストレスは、発生します。(苦笑)

最近、以前は、私の好きなAmerican top40系の音楽をかけているFMをBGMにしていたのですが、お店でも液晶の大きなTVを置いているので毎日GloboのTV番組を見るハメになっています。
そう、すべてポル語、否応なく私のポル語率もUPするし、他の言葉がどんどん減っていくわけです。

でもポル語も結構音楽的な流れもあったりするのでまぁ見ないでおけばBGMともなったりするので私の音楽脳的な感覚は、どんどんUPしているのかもしれません。
まぁその御蔭で不在時よりもなんか、言葉力がUPしていると皆に言われているこの頃です。
[PR]
by gabbyna | 2013-07-23 10:43 | 日々のこと | Comments(2)

R.I.P. Cory Monteith...

昨日、日曜の朝、このところ習慣となっているネットでFMを聞きながらPCをいじっていた私、「Glee cast..○○found died...」と聞こえてきたのでそれまで余り真剣に聞いてなかった私は、あれ、誰が??と思ってネットで調べ出しました。
そして「グリーの俳優、コリー・モンティスがなくなりました。」という記事を見つけて、しばし絶句してしまいました。
http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2013/07/14/kiji/K20130714006216990.html

しばらく、信じられなかったけれど、ああ、またもや溢れる才能や可能性を持った若者が一人、薬物依存症で亡くなってしまったという思いが込みあげて悲しくなりました。
M.JやW.H、そしてA.Wなど、偉大な才能をこの悲しい依存症は、飲み込んできました。そしてまだ若いCoryもこの依存症で苦しんでいたのをファンたちは、知っていたし、リハビリもしていたのを知っていましたが、順調に来ていたと思っていたのにこの若い立派な体の青年をしても勝てなかったのでした。

私は、今回の里帰りの間、Gleeを結構見ていたり、CDをダビングしたりして、毎日のドライブの中に音楽を流してそれは、私の生活の中にしっかりと彼らの歌声が入り込んでいました。
ついでに時間があれば、DVDや某国営放送局で放送される日本語吹き替え版なども楽しく見ていたのです。で、その主人公である2人には、どうしても興味も持つし、好感も抱いてきたわけです。が、今回のこの突然の訃報は、本当にビックリしたものとなりました。
フィンがいなくなってしまったらどうなるんだろう?!でもShow must go on..ドラマは、続くんでしょうね。

Gleeを愛するファンだったらかなりショックで悲しいこのニュース、キャストや実生活でも恋人であったリアちゃんは、大丈夫だろうか?!などと思いながらTwitterを見ていたらやっぱり悲しい写真も出てきてました。
こんなツライ悲しみを彼女は、どうやって乗り越えるのかなぁと人事ながら心配してしまうファン心理です。

悲しい、本当に残念です、R.I.P. Cory.


[PR]
by gabbyna | 2013-07-16 11:40 | Favorite Actor | Comments(4)

新たな出会い。

ここのブログを始めた頃、某サイトでお店での毎日の客への罵詈雑言愚痴を綴ったブログを書いていた私。そしてこれでは、いけない!!と自分の趣味を中心に書いていこうとこちらのブログを始めた私でした。
でも毎日の愚痴を綴っていたブログは、いろんな理由で更新を止めている私。データ自体をどうにか引き取りたいんだけれど、イマイチ上手くできなくてど~しようかなぁと思っている状態です。

書いていた当時も物好きな読者がわざわざブログ経由でメールを送ってきたりして、ブラジルへ来た時に会いによってくれたりしたのだが、あのブログの何処がいいのか??自分でもさっぱり理解していなかった私。ところが更新もやめて、2年もたったのに今更ながら、昔あのブログのファンでしたといってくれる奇特な青年と出会うことが出来たのです。

それは、私の仲良しのこちらの青年(日本語能力検定試験2級保持者)が、私が帰ってから久々に会いに来てくれたのだが、その時に連れてきた日本人青年が、そのブログのファンだったと知ったのは、いろんな話をしたあとでのことでした。

数あるブラジルのブログの中で多分、当時は、ブラジルでブラジル人相手に商売をしていたのは、多分私だけだったろうと思われ、その毒舌で凄い怖い女性と思われていたようであります。また、そこがいいんだとか。
私だって、優雅にサンパウロのどこそこで美味しいものを食べたとか、何処かいいところへ行ったとか書きたかったのだけれど、毎日が戦いの日々だった当時、とてもそんな事を書く余裕も気力もなかったのでした。
不満は一杯溜まっていたからその手のことを一杯書いていて、でもきっと今もそんなに大差ないことかもしれないと思える店の仕事状態です。

そんな感じで友だちになった日本人男性とその奥さんと一緒にお昼を食べることになり、家に来てもらって一緒に食事をしました。日本語を喋りながら食べるのは、数少ない私の楽しい時間です。何時もは、一人で食べるし、それでなければ、ポル語を喋っているわけですからね。
簡単な日本料理を作って食べながらお喋りをしたらすぐ仕事の時間です。それでもお店でお茶をして、その後彼らは、約束したことが、あるのでそちらへ向かいました。
残りの滞在も少ないのでまた会えたらいいけど、無理だったら次回戻ってきた時に会おうね!って約束をして見送りました。

今は、ネットで連絡がつくので嬉しいですね。次に会えるのを楽しみにしている私です。
[PR]
by gabbyna | 2013-07-14 11:12 | 日々のこと | Comments(0)

定番のブラジルの日々

お店の仕事に戻ったのが今週の水曜日からでした。水曜日は、日本人のお友達が、彼女が教えている日本語教室の生徒で去年、私が日本に滞在していた時に日本に来ていて、あったIくんのLessonの後に一緒にランチをしてその後に店へ連れて行ってくれました。ドキドキの、お店再デビュー。店は、変わりなく(ボロく)、従業員もへぇ?!ってあれ誰?という感じでした。従業員は、結構変わっていたのでした。

その日は、今まで私の代わりに店を手伝っていてくれた、旦那の従兄弟の奥さんMがいてくれて一杯話をしながらどういう感じかをつかむという風になりました。何せ値段とか、他のことも結構忘れていました。
で、一番怪しんでいたのが言葉!何せ、一年ほど、使ってないわけで、使うには使うけど、そんなにバンバン使ってないからどうなのかしら?!などとちょっと危惧していてんですが。。。。。が、まぁ出てみれば、前とかわりなく?!口の悪いのは、変わりなく?!答えることが出来る自分がいて笑えました。

面白いのは、お客さんたちの反応、大抵皆、「お~~、戻ってきたの?!」と驚きますが、驚き方は、人それぞれで年配のおばさまがたは、大抵、抱きしめてHUGとKissの嵐。ほうとう娘が戻ってきたという感じ。男性がたは、握手、でも感極まるのか?!HUGする人もいて・・・。
ラテン民族の愛情表現になれると他の国の人たちの反応が、あっさりとしすぎていると感じるといいますが、ほんとうかもしれませんね。

その日は、無事に?!過ぎて行きましたが、やはり翌日からは、ふつ~~うのブラジルの日々が待っていました。店に行くには、タクシーを呼ぶんですが、何時も頼むタクシー会社が手配した車は、どこかへバックレて、30分まって別の車が・・・。店に行けば、ホームレス??というか、物乞いが来て、パンをねだるとか。。。酔っぱらいのおばちゃんが、私に話しをするんだけど、もう解らない状態だったり。。。
すっかりと疲れて家に戻った私は、夜の11時前には、寝てました。

金曜も忙しい一日でバタバタと終り、昨日の土曜日、昼からお酒を飲む人が一杯。特に今こちらが建設ラッシュで北部の貧しい地方から仕事に来ている、石工などをする低所得者層の労働者が多いんだけど、彼らは、無謀に飲むので凄いことになりました。
酔っ払って寝てその後・・・その場で吐く。ほかのお客さんが注意したらもう収まりがつかなくて、喧嘩状態。
そこで私が、帰るようにはっきりと言って帰ってもらうことにしたのですが、一人が酔っ払って収まりがつかない。こういう場合は、男性でないと本当は、困るんですけどねぇ。私もはっきりという性格なので、こっちの人達も結構驚きますが、こいうい場合に負けないのでいいのかとは思います。
でも一杯私達を守ってくれる常連さんもいるので何かあると助けてもらえるのでいいかなと思っています。

店の改装のことやら今後のことも色々とあるのですが、しばらくは、またこんな状態なんでしょう。それに加えて自分の仕事がコンスタントに入って来ているので嬉しいです。またこんな日々、頑張っていきましょうと思っています。
私の癒しのカフェ、これがあれば頑張れそうです。
f0061977_2274935.jpg

[PR]
by gabbyna | 2013-07-07 22:13 | ああ、ブラジル | Comments(4)

いろんな思うこと、あれこれと。。。。。


by gabbyna
プロフィールを見る
画像一覧