「ほっ」と。キャンペーン

<   2013年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ちょっとマイ・ブーム

今まで日本を恋しく思うことは、あってもあちらの生活を恋しく思うことはなかった私ですが、流石に滞在が長くなってくると、なんだか、居心地が悪くなって来ています。まぁ自分の家では無い訳で、仕方がないのですね。
何だか、ストレスが溜まってきているのを実感しています。
母の具合が、定まらないので落ち着くのを見届けてからじゃないと帰れないという事情があります。何せすぐに戻れないしね。ほんと、飛行機一本で飛んでこれる国だったらいいのにと思います。

で、何だかこの間BS放送を見ていたら、「ハワイに恋して」という番組を見たのですが、その時にハワイのダイアモンドヘッドの夕焼けが映りました。それを見て初めて私は、あちらの生活が恋しいと思ったのでした。

ハワイに恋して

LaniLani編集部 / 産経新聞出版



それから何となく「ハワイ」というのに気が向くようになりました。去年、再婚の為にハワイへ移る友達と最後にあった時にハワイアングッズを売っているショップへ行ったりして、日本は、結構ハワイの人気が高いのを改めて知りました。(って遅いか。。。)
この間は、初めてハワイアンレストランでアヒ・ポキを食べて来ました。日本人向けにアレンジされているのでしょうが、美味しかったです。

そして今は、Hawaianにハマっています。歌があるのがいいんですね。ウクレレは、ポルトガル語だとカバキーニャと言われてブラジル音楽でもよく使われているのですが、ハワイアンでも良い感じに使われているのですが、私は、歌声が好きです。解らないハワイ語(というのかな)も耳に心地いいですね。車で走る時などにもBGMして聞いています。ちょっと面白いPVが、Youtubeにありました。


これからドライブが、気持ちいい季節になりますね。ハワイアンを聞きながらのんびりと走ってストレスを発散してこようと思います。
残り1ヶ月ぐらいだと思いますが、何とか乗り切りたいです。
[PR]
by gabbyna | 2013-03-27 23:14 | Favorite Music | Comments(2)

春ですね。

気づけば、日本は、すっかりと春モード、3月で桜を見れないで帰るのかしら~と思っていた私ですが、それは、どうやら危惧に終わりそうです。
母が、2月に肺炎を起こして、急遽入院、その後回復をしたのですが、まだ歩けません。肺に水も溜まっていたし、一応取れたものの、全部取れたわけでもないそうです。当初、結核かもと言われ、延命治療しません(年齢的なことやら認知症の程度などから)と言われていたので仕方ないなぁと覚悟したものですが、それでも一応、熱も治まり、肺炎の症状も無くなったので普通の病院にいれないということで今までいた施設(ケアセンター)でリハビリもしてくれるということで母が肺炎になった時に迅速に対処してくれなかったケアセンターでしたけど、他にやり用もない状態なのでそこにまた戻ることになりました。が、やはり年なのでリハビリもなかなか順調に行きません。当初の予定よりもどんどん遅れています。父への負担を考えるとここでリハビリをしっかりとしていただかないと困るので様子を日々伺っています。
そんな状態なので4月の頭に帰ろうと思っていたのですが、少々無理のようで5月に予定を変えました。旦那が聞いたらまた嘆くかもしれないけど、何か会ってすぐに飛んでこれる距離でもないので仕方ありません。
はっきりした目処を立てないと帰れないわけです。ということで、もう少しいることになりそうで、それは、嬉しいのですが、少々複雑です。といいながら最近は、ありがたいことに仕事の方も増えてきて、いる間にも少しお仕事が入っています。
春を感じながら、仕事に出かけるというのも何とも贅沢なことだと今日本にいて感じています。
f0061977_1339579.jpg

[PR]
by gabbyna | 2013-03-25 13:40 | 日々のこと | Comments(0)

コンクラーベと新法王の誕生

やっぱり低速カトリック信者としてこの話題を避けては通れないから書きます。
昨日、第266代ローマ教皇としてフランチェスコ1世が選ばれました。私達、カトリック信者は、その選挙を心から注目していたのです。でも今回は、日本のメディアでも凄く話題になっていましたね。細かく取材して放送していました。(苦笑)

本当にパパ(法王)の選出って以前は、ほぼ死ぬまで法王で在位されていたので珍しかったのですが、私が信者になってからは、3度あったということになります。でもいまいちよく解らなかったのですが、今回の日本のメディアでの報道でより詳しく(笑)、理解できたということになります。
やっぱり日本では、少数派の宗教なので某番組のキャスターも超初歩的なことを真顔で聞いていたから仕方ないなぁと思いました。プロテスタントとカトリックの違いもよく知らないのだろうなぁ。

コンクラーベは、鍵をかけるという意味だそうで昔、パパを選ぶのに時間がかかりすぎて怒った住民が部屋に鍵をかけたというのが由来だと言っていました。まぁラテン系の人達だし・・・権力やいろいろと事情が絡んでいただろうし、簡単には、決まらなかったでしょうね。今回でも5回ほど投票をしたわけですからね。現代でもこの昔からのスタイルを貫いているのは、やはりカトリックという気もして私は、この方法でいいと思います。

さて、南米系はじめてのパパということでブラジルも相当ブラジル人枢機卿のシェレルさんがパパになることを期待していたわけですが、まだ若輩者ということで票を得られなかったことを考えるとフランチェスコ1世が選ばれたのは、案外改革派としては順当だったのだろうと思います。

でも所属がイエズス会というのは、凄いことです。日本にカトリックが伝わってきたのもイエズス会の宣教師(司祭や修道士たち)が、大航海時代に船で世界を超えて来て日本へ伝えられたわけです。そして数ある修道会でも改革の気質一杯のイエスズ会は、バチカン(法王庁)と仲が悪かったんです。(過去に弾圧を受けていた。)
私のお世話になってきている司祭は、イエズス会の方が多いので嬉しい限りですが、それに加えて名前が素晴らしい!!!フランチェスコ、そうアシジのフランチェスコは、私の洗礼を受けた教会の守護聖人でありましたし、私がやはり最終的にカトリック信者になる為に多大な影響を与えた映画のモデルでもありました。

現代でこの世界3台宗教のトップになられて、いろいろと改革をしなければならない重責を担うことになった、パパ、フレンチェスコ1世に期待をしたいと思います。
f0061977_10115370.jpg

[PR]
by gabbyna | 2013-03-15 10:13 | カトリックのつぶやき | Comments(2)

月日は、過ぎて。。。。

帰るとなると結構友達が会いに来てくれたり、お呼びがかかるという不思議な傾向があります。
先週は、毎日誰かと会っていた気がします。その中で例の日本式伝言ゲームの友達たちと会うことになりました。少々、戦々恐々としていた部分もありましたが、会ってみれば、昨日と同じ感じで話し合えるのでした。

彼女たちとは、バイト時代に知り合った、同世代の女性たちです。思い出すのは、当時は、皆同じ年ぐらいで話すこともやることも大体同じ、彼氏の話で盛り上がり、バイト先の先生の悪口で盛り上がり、飲みに行ったり、遊びに行ったりと今思うと凄く青春していた時の仲間だったなぁと思いました。

私は、専門でもないその仕事で医学の知識を仕入れ、その後自分の専門の仕事へ向かって行きました。でも彼女たちは、それぞれが専門の国家資格を持った人達だったのでそのまま同じ仕事を続けていった人、結婚して専業主婦になった人とそれぞれの道を進んできたわけです。
同世代なので結婚出産子育てなど、多少の時差はあれ、ほぼ同時期にやってきたわけで、彼女たちは、それぞれの生活で精一杯だったし、私も精一杯だったからあったりすることは、ほぼなかったわけで、それこそ20年ぶりに再会したのが2年ほど前でした。
群を抜いて生活が変わった私は、皆の興味の的でしたが、上手くかわして話を他の人に振っていたものでした。

今回は、そうもいかず、3時間半ほど、話し込みました。でも不思議なことに若い時よりは、今のほうが余裕もある、考えも広くなっていた彼女たちとの話は、凄く楽しいものでした。
結構以外だったりしましたが、お互い旦那とか、子供とかもろもろのことで苦労しているので深みがましていいように年を取ってきているのだなぁと思いました。タイプが全然別の私たちは、それでも共通の時代を一緒に生きてきたんだなぁと思いました。
そしてこの2年間に2人も仲間だった人が亡くなっていた事実に皆それぞれにショックを受けていました。又会うことを約束して、別れた後に一人からメールが来ました。いろいろと質問してごめんね、日本の中で生活している自分たちには、知らない世界があるのでどうしても聞いた見たかったのという謝りメールでした。
別に気にもしていなかったので大丈夫だから、又会おうね~と返事をしておきました。

こういう風に会えたのもよかったなと思えた日となりました。
[PR]
by gabbyna | 2013-03-11 23:59 | 日々のこと | Comments(2)

種を撒いた人

3月2日3日と東京方面へ出かけて来ました。
楽しい時間を友達と過ごして、ランチをして、一杯話した後に四谷のイグナチオ教会に行きました。
カトリック麹町教会、私達が呼ぶ、イグナチオ教会、それは、私が学生の頃、まだカトリック信者になってない頃、いろいろと考えたり、求めたりしていた頃に時々やってきた場所でした。

当時は、まだ古い教会で私は、その中で祈ったり、ミサに参加したりしたものでした。イグナチオ教会は、英語やスペイン語など、多言語でミサがあり、それも私がイグナチオ教会に行ったりした動機でもありました。
私がカトリックになったのは、社会人になってからなのですが、その時のいろんな集まりで触れ合った人々や神父様やシスターの影響があったのだなぁと思っていました。
姿を変えたイグナチオ教会は、壮麗で素晴らしいものでした。が、やはり私の心の中には、昔のイグナチオ教会のあのちょっとカビ臭い匂いのするお聖堂が懐かしいものです。しかし、綺麗になったお聖堂の中で静かに祈ることが出来て、少し感動をした私でした。教会で祈るということがいろんな事情で最近なかなか難しくなっていた私。この時、なんでここで今祈ることが出来るのだろうと思いながら思うこと、全てを祈っていました。
その後売店の方へより、そこで女子パウロ会のシスターとお話も出来て、満足出来ました。女子パウロ会のシスターにも昔は、一杯お世話になったものでした。
活動修道会のシスターは、パウロ会のように販売などを通じて布教する人達や、学校などで教育をしながらその姿を通じて布教するもので祈り働くというのがモットーですね。
私は、高校がミッションだったのでその当時にやはり宗教の時間でお世話になっていたUシスターがいました。前も書いたかもしれませんが、いたずらっこ出会った私は、Uシスターを何とか驚かせたくて、不謹慎な音楽を聞かせたりして、記憶に残る生徒となったものでした。そんなことも思い出しながらお祈りなどをしてイグナチオ教会を後にしたのでした。

そして友達と楽しい時間を過ごした後、一通のメールが届きました。それは、私が高校の時にお世話になったUシスターが亡くなった事でした。メールは、フランスに居る現在シスターとなっている友だちからでした。
今は、シスターだってメールするんですよ。彼女からUシスターが亡くなった経緯などを書いたメールを読んでそれが丁度イグナチオ教会でお祈りした同日に葬儀ミサなどもあったような事が書かれていて凄く感慨深いものを感じました。

私は、彼女が高校教育という中で種を巻いて、それが私の中で芽が出て、低空な飛行の信者でもカトリック信者という自負を持って生きていけるようにしてくれたのだなぁと思って感謝をしています。
Uシスターが亡くなったのは、凄く寂しいです。今回の滞在時に一度会いに行こうと思っていたのですが、こんなに早く別れが来るなんて思っていませんでした。もう一度あの笑顔と声で話して欲しかったです。
R.I.P...

f0061977_2352381.jpg

[PR]
by gabbyna | 2013-03-04 23:53 | カトリックのつぶやき | Comments(0)

日本式伝言ゲーム

先日、地元の大手のショッピングモールへ一人で出かけたら、普段まっすぐ食品売り場に行くところ、何となく、ちょっと大回りをして家電のコーナーへも寄って行こうと歩いていたら、偶然、昔々のお友達にバッタリと再会をしました。
彼女とは、2年前に帰ってきた時に昔の友達同士であってはいるのだけれど、その後会おうねと言っていたんだけれど、仕事をしている彼女と連絡をとるのも何となく忘れていた私。
しかし、彼女は、平日なのに歩いているということは、仕事を辞めたんだそうで時間があるから、お茶をしようということになり、モールの中のスタバへいき、お喋りをしました。

彼女は、私が元旦那と結婚したいた頃の友達でその後、疎遠になったタイプの人達の一人です。が、年月は、こういう風になった友だちでもやはり友だちとして話せる様にさせてくれるのですね。

彼女は、しきりに元旦那のことを聞きたがり、まぁ一応治って社会復帰できているといえば、凄く喜んでくれて、私のおかげだと褒めてくれました。
しかし、私がそろそろあちらへ戻る予定だというと、「本当に帰っちゃうの??」と聞くわけです。で、私は、きちんと今の旦那と結婚していることを言わなきゃいけなくなるのです。
ブランクだった20年近くの話をまた長々とするのも大変なものですが、彼女が風のうわさに聞いていた、私の行状とだいぶ違うことにびっくりしていました。
ほんと、あの時は、一体どういうふうに言われたんだろうと改めて思ったりしたものです。人の口に戸は立てれないということですね。

彼女は、しきりに元旦那が私を好きだったからねぇと繰り返していましたが、傍からみれば、そうだろうけど、実際の内容を知らないと解らないじゃないのと言っておきました。今更言って何になるって気がしますね。

でもまぁまた会いましょうねと言って別れたら今朝、また電話がかかってきて、「Cさんにも話したら会いたいねっていうので来週会いましょうよ。」ということになりました。
何となく、会いたいような会いたくないような。。。

まぁ後3週間ぐらいなので会っておいてもいいかということで会うことにしました。
今回の話は、どんな風に伝わっているのか、興味深いです。
[PR]
by gabbyna | 2013-03-01 00:38 | 日々のこと | Comments(0)

いろんな思うこと、あれこれと。。。。。


by gabbyna
プロフィールを見る
画像一覧