<   2012年 05月 ( 12 )   > この月の画像一覧

日さびさのChayanne..

先日、麻ちょっと早目の起きたのでTVをつけてぼぉ~としていたら昔大好きだった「Dance with me」をやっていました。
J.Loのでもなく、バンデラスのでもなく、それこそ、私がラテンにど==んハマるきっかけを作った映画です。こちら

DVDももっているのですが、(ビデオだって持っている・・)なかなか取り出してみようって思わないぐらい、すっかりと忘れていました。
こうやって時々TVでリバイバルして放送してくれると思いだしていいものだなぁと思いました。

で、主人公のChayanne、好きでした!あの頃、Ricky Martinがラテンをブレイクしてから出てきたスターですが、ちょっと人懐っこい笑顔が素敵な、(Rickyよりもちょっと花が欠ける)ハンサムなラテン歌手として売り出してきた彼。まぁRickyのような、爆発的なブレイクは、しなかったものの、いろんな映画にも出たり、ドラマにも出たりで人気があります。

そういえば、この間録画した「Tangled」スペイン語吹き替えの奴、主人公一人、Flynn Riderのスペイン語吹き替えを彼が担当していました。道理で気にいったわけです。

最近は、どうかな~とググってみたら、まさに新しいCDを出すところでした。

A Solas Con Chayanne

Chayanne / Sony U.S. Latin



頑張っている彼をこれからは、もう少し注意して(笑)、見ていきたいです。

[PR]
by gabbyna | 2012-05-30 23:17 | Favorite Music | Comments(5)

外国人の方ですね・・・

この間、久しぶりに夕方に日本語のLessonをしていた時のことでした。

私と生徒のMさんと一緒に授業を楽しくやっていたところ、門の外でこちらを見て大声で叫ぶ人がいました。
若い男性です。で、怪しい発音で・・・「ユ○○は、いるか?」と尋ねているのです。
ユ○○は、亡くなった義父の名前に近いので仕方なく!Lessonをしている家から出て行き、門のところで少し話をしました。
よく見れば、2人組、白人男性、腕に入れ墨、髪は、爆発系、一緒にいた若い黒人女性は、さっぱりした感じの服装、ミスマッチなカップル風でした。
で、私は、「彼は、もう亡くなったんだけど?!」と答えたらその彼は、「あ、君は、外国人だね?!僕たちは、外国人を応援する組織??(怪しい)の○○というんだけど。。。」と来ました。横の女性は、ちょっと会釈して、黙っていにこやかに笑顔をむけていた。。
で、「何語で話せるの?英語?」だから、ぽる語で返事しているのに何でだよと思いながら、「じゃ英語で話しましょう。用件は??」
彼は、英語で得意げに話しだしました。まぁそれなりに聞ける英語ではありました。
「僕は、外国人を応援する仕事をしているんだけど、君は、教会とかへ行ったりする?聖書の勉強をする場所があるんだけど。。。」
(おお、やっぱり!そうだったかという私の内心の声)
「あ、ありがとう、私は、カトリックなのよ。だから勉強は、もうしたからいいんだけど。。それに忙しいし。。。」
「そうか、それは、残念だな、もし時間があったら、来てほしいな、あ、君は、日本語を話すんだよね、じゃ、日本語のパンフレットを置いていくから読んでよかったらまた僕たちの場所へ来てほしいな。。。」
(絶対に行くことは、ないだろよ~~と思うけどさ。。)
「解ったわ、じゃ、ありがとう、さようなら」
パンフレットを門越しに手渡して彼らは、帰って行きました。。。

で渡されたパンフレット・・・・

中国語だよ!!!

これでよく外国人を支援しているとか言うよな、エ○○の○人さんたちよ。。。
[PR]
by gabbyna | 2012-05-27 23:10 | ああ、ブラジル | Comments(7)

お別れの季節

このところ、私のこちらでの友人たちが、そろそろと日本へ帰っていくのが始まっています。
その為、今週の21日、サンパウロまで行ってきました。
彼女とは、既に4年以上のお付き合い、でも実際に合うのって本当は、数回ぐらいかもしれないです。
それでもソーシャルネットワークなどでお付き合いしているのでなんだか、いつもあっていたりするような気すらしていたものでした。

彼女Yさんとは、数年前に一度、当時付き合っていた、別の市の友達の家へ行き、一緒に泊まったことがありました。理系な彼女の発想は、普通の女性とちょっと違って切り口も新鮮、考え方も新鮮でそれは、面白かったものでした。
そんな彼女は、こちらへ来てマイペースなので駐在という、ちょっと日本の凝縮系縮図の生活は、大変だったんじゃないだろうか??と思えましたが、それも気にせず、楽々と乗り越えて、こちらの生活を楽しんできていたようでそれを知っていたので今回帰るのは、ちょっと残念な気がしました。

毎回、こうやって会いにサンパウロへバスなどで出かけて行くのですが、朝6時起きは、普段8時起きのおね~さんには、ちょっと厳しいなぁと。バスの中で爆睡して行くのですが、やっぱり疲れる・・・・。(苦笑)
でも今回は、着いたら別のまだこっちにいるKちゃんが、迎えてくれたので疲れも取れました。(笑)

いつもは、素通りするバス停留所のある地区を少し、散策、案外普通にショッピングセンターらしきものもあるし、併設しているスーパーは、大きいし、結構楽しめました。
で、待ち合わせのお店へ向かうのでパウリスタへ出ました。で、私の目的は、PC関係のいろいろと売っているお店が入っているショッピングセンター。いつものごとく、目移りします。(笑)
しかし、今回は、見るだけ。ちょっと我慢しなきゃという状態です。。

で、待ち合わせのお店へ・・行った先は、藍染(あいぞめ)という、日本人御用立つの高級感漂う、お店でした。
この藍染(あいぞめ)で検索すると結構ブログで出てきますよ。

行った日も隣の大きな部屋では、日本人駐在員??会社員男性方の会食をされていました。
ギャルソンのお兄さんたちもきちんとしてい、それは、きちんとく躾けられてマナーが行きとどいていました。でも結構なお値段なんですよ。こちらに住んでいる普通の人間としたら、高いです。
でも美味しかったです。こういうスペシャルな時は、いいですよね。
f0061977_0233.jpg


食べて喋ってすぐに2時間たってしまいました。
まだ子育ての真っ最中のお二人、私も2時間かけてまた自分の市へ戻るので時間が限られています。
楽しかったし、名残は、尽きなかったけど、また何時か、サンパウロでも日本でも会えるでしょう。。

それを思いながらお別れをして帰途に就いたのでした。。
[PR]
by gabbyna | 2012-05-25 00:03 | 日々のこと | Comments(3)

ソーシャルネットワークなど

FACEBOOKをやっていますか??
私は、やっていますが、それほど、熱心に更新しているわけでもないんです。Mixiもやっています。Twitterもやっています。
こういうサービスは、遠く離れた友達と繋がるためには、凄くいいツールだなぁと最近は、思います。

最初にMixiを友達から勧められて始めました。Mixiで繋がっている友達は、それなりに多くなって行きました。
が、今も繋がって連絡をこまめに取り合っているかと言えば、そうでない人も多いわけです。
その次に知ったのがOrkut、これは、ブラジル人の友達が一杯で凄いです。で、親戚や義理の兄弟ともつながり過ぎるので辞めました。

その次がFacebookでした。これは、アメリカの友達と繋がるにいいなぁと思ってやりだしたのですが、最近は、他の人も増えてきました。これを頑張って更新している人も多くて、みていて面白かったり疲れたりします。(笑)

今は、ちょっと愚痴りたいとか、喋りたいとか言う時にMixiに書き込んでます。FBのほうでは、写真がないと何となく書いても反応がなぁ~って思ったりします。
でも他の友達の写真とか、書いてあることは、面白く、楽しく反応してしまいます。

Twitterは、主にファン的な観点と後は、News,このTwitterのNewsの速さには、驚きます。まさに今を映しているTwitterは、私は、凄く楽しんでいます。

しかし、隠れていたい有名人には、ちょっと有難迷惑なツールなのかもしれませんね。

このブログ繋がりの方もFBでも繋がっている方もいて、結構楽しいものです。ある方は、知らせてくださいね。
[PR]
by gabbyna | 2012-05-20 12:07 | 日々のこと | Comments(5)

Dona Summerを悼む

こちらの今日の昼ごろ、70年代に活躍した、DonnaSummerさんが亡くなったのをCNNで知りました。
この間のWhitoney HUstonといい、なんか、時代を象徴した、シンガーが、また一人いなくなったかと思うと、寂しさを感じました。

私などは、洋楽を聞きだした頃、彼女の曲は、凄くヒットしてて巷にあふれていたものでした。その後、Discoブームで彼女の歌声は、Radioなどで聞かない日は、なかったと思いました。
段々、Rockなどを聞きだしていくと、PopなDiscoの曲などは、余り面白くないからと聞かなくなったものです。
そしてDiscoブームも去って、彼女も大ヒットを飛ばした後、後継のシンガーが、どんどん活躍して彼女も表舞台から見えなくなっていきました。まぁ本国では、地道に活動していたのだろうと思います。
この頃のシンガーは、やっぱり実力があるというか、上手い人が多かったかなぁと思います。

こちらへ来てから丁度、見つけた、1999年のLiveコンサートのDVD、思わず買ってしまったものでした。
久々に聞いたかのじょの歌声は、あの頃へと自分の思い出を呼び覚ますとともに、今さらながらに彼女の歌声の素晴らしさに気づいたものでした。
それから時々、そのDVDは、我が家で一人でみて、楽しんでいたものです。

彼女は、DVDでもそうですが、Youtubeでも衰えない声で歌っていたのを見ると、過去の大ヒットだけでなく、もう少しでも新曲とか出していたらなぁと残念に思いました。

彼女の歌声に癒された人は、多いと思います、R.I.P...


[PR]
by gabbyna | 2012-05-18 12:38 | favorite 女性Singer | Comments(3)

Dance again, Jennifer Lopez.ft. Pitbull

このところ、元気がいい、Jennifer Lopezですね。
結構昔から好きだった、J.Lo、このところ、2度目のブレイクしている感じがしますね。離婚してふっきれちゃったかなぁと思います。

彼女がMarc Anthonyと離婚したのは、ファンとしては、ちょっとショックでしたが、(何せMarcも私の好きな歌手ですから)今の彼女を見るとまぁ離婚して正解だったのかもと思えます。

こういう厳しいビジネスをこなしていくのは、やっぱりタフで男性と対等にやっていかないといけないのでやはり同じ歌手と言うカテゴリーだと結構きびしいものがあったのかもしれません。
それにMarcは、まぁ所謂 マチェスタですから、大変だってでしょうねぇ。

で、今回の曲もMr.Pitbullとのコラボです。本当にPitbullさん、今ノッテいますね~~~。
いけてるオジサンなPitbullは、ヒットを出す前のダサいラテン男全開の時とは、違って見えます。いや~~、ヒットを飛ばすのって本当、自身を与えるし、才能をより引き出す何かを与えるようでうすね。



このPVで共演しているダンサーが現在のJ.LoのBFだそうです。凄い公私混同、まぁいいダンサーなので良しなんでしょうか?!

アメアイの審査員をやって好感度を増したのもヒットしている原因の一つかも、J.Lo可愛いし綺麗ですからね。まぁ何時まで審査員の姿を見れる事やら~ですけど。(ギャラ高いしね。。)
[PR]
by gabbyna | 2012-05-17 12:28 | Favorite Music | Comments(4)

何がなんでも盛り上がる。。。

今日は、母の日でした。(5月13日)
しかし、日本って母の日は、どんな感じでしたっけねぇ?!と思うぐらいな私。まぁ母に花ををあげて、食事に行くぐらいだったかなあと思います。

が、こちらは、年に2度ぐらいの、商戦となるぐらいの盛り上がりをみせるのです。
っていうか、いつもなんかイベントがないと生きていけないのか?ブラジル人と思うぐらいですが・・・・。
私的には、ど~~~でもいい、イベントの部類に入る母の日なんですけど、大抵マザコンブラジル人男性も女性も「母」に大感謝祭という感じで騒いでいます。

きっとうちの旦那ももし、お母さんがいたら(いない)、凄く大切にしていたかもしれないですね。まぁ私は、姑がいないので助かりますが。(子姑みたいのは、一杯います。)

プレゼントを買って、自分の母を誘って食事に行く、か、家で食事会をするのです。まぁ集まって食べて飲んでいつものごとく、終わらないお喋りな時間をあ~だ、こ~だと過ごす訳です。

でもですね、思うに単に皆で集まって騒ぐ口実って気がするんですけどね。
我が家の隣、お迎えさんなど、朝からビールのタンクの宅配が来て、小さめのボトルタンクを置いて行ったのですが、どんだけ、飲む気でいるんだろう??って感じでした。
季節的にビールがそれほど、美味しいとは、思わない季節なんですけど、あのボトルを見る限り、きっと20人分ぐらいは、あるだろうなぁと。。。

まぁ家で食べない人達は、レストランへ行くわけですが、海岸とか、繁華街のレストランなどは、今日は、目一杯混んでいたそうです。(従業員の目撃情報による・・・)
そんなで店は、のんびりとしていて、私などは、従業員と喋ってばかりでした。(気楽でしたね~。)

それでも夜は、凄く静かになっているのでありがたいです。これが土曜日とか、金曜日だったら明日が休みなのできっと夜中までく騒ぐ口実になっただろうな~~と思います。やれやれ。。。

こういうイベントの時には、気違い的に騒ぐ、何が何でも盛り上がりたいのかなぁと思います。
[PR]
by gabbyna | 2012-05-14 12:05 | 日々のこと | Comments(4)

犯人は? 結果

先日書いた後に展開があり、結局一人辞めて頂きました。
それは、Mでした。。

彼女は、旦那が2人を一緒に話をした日、その日の午後仕事をしている時に先にTに「チーズを25枚またスライスして冷蔵庫においておいて、私が中を掃除したら発見したといことにしよう。」とプランを持ちかけたのです。それもTだけでなく、当日いなかったもう一人の従業員Cにまで相談を持ちかけたそうです。

それでCは、Tにあわててどういうことかを聞いてみたら、彼女がこの間のいきさつを話したのですが、TもCも、それを拒否したのでした。
で、その日が木曜日、Tは、金曜日が休み、Mは、土曜日が休みでした。で、土曜日には、Tは、そのことを旦那に話をしていました。で、日曜は、本来なら3人で働くところですが、Tを休みにして、Mともう一人で働かせました。
日曜、店に来たMは、「あれ?Tは??」と私にわざわざ尋ねたのです。今日は、休みだと言うと、怪訝な顔をしていました。その日、彼女は、仕事中、私からなるべく遠くで働いていたように思います。

で、月曜日、旦那がまた2人が仕事を開始する頃に呼んでそのことを問いただしたら、Mは、TとCがそろって私を陥れているとか言ったそうです。

しかし、どう考えても彼女が言ったということは、確信できるし、まぁそんな案を考えるというのは、やっぱり当本人だろうということで旦那は、彼女を解雇しました。

そういえば、前にも店のものを平気で持ちかえる従業員がいたりして、そういうのに限ってこの仕事は、上手で人扱いも上手というタイプが多いものです。

こちらの人は、職場でも上下の関係を余り気にしないのでどうも勘違いしてしまうのだろうと思います。私が良く言うのは、「ここは、あなたの職場であって、あなたの店じゃないのよ。」ということです。それが理解できない人もまだまだいるのがこの国の現状ですね。
[PR]
by gabbyna | 2012-05-10 22:46 | ああ、ブラジル | Comments(3)

犯人は?

悲しいことにこの国は、貧富の差が歴然としている、格差社会です。
どんだけ、裕福な人が暮らしているかと思えば、もう底辺って人たちもいるわけです。
底辺層は、まぁいろいろあれど、やっぱりファベーラ(スラム)に住む人たちです。そしてそこから仕事へ通うのですが、うちのお店の従業員もやはりこの手の階層より若干上の位の人たちが多いのです。

この間、祝日で私を含めて3人しか働いていない日がありました。そして私が帰り、旦那が戻ってきて、店が暇だったので早めに店を閉めることにしたのです。その時、働いていたMとT、Mが先に帰り、30分後にTが帰って行きました。この2人、シングルマザーで子供を育てながら仕事をしているのです。彼女たちの母親が彼女たちがいない間は、面倒を見ているわけです。

その夜、帰った後に旦那が明日の朝の準備をチェックしていた時に朝パン職人が使う筈のスライスした30枚のチーズが消えていたのを発見しました。犯人は、2人、MかTしか、いないわけです。

そこで旦那は、直接話をしてみる手に出ました。まずは、M、彼女は、この間娘の誕生日フェスタをして、お金を一杯使っています。そして今週は、元姑が誕生日だからこれまた何か、作ると言っていました。
わが旦那は、直球勝負でMに問いただしたのですが、彼女は、もちろんやってないと言いました。

そして翌日、うちの旦那は、Tのほうにも聞いたわけですが、こちらもやってないという訳です。それで2人を読んで話をしてみたのですが、双方やってないと譲らないわけです。

私的には、Mかな??と何となく思っていたのです。というのは、彼女は、結構見栄っ張りで娘の為に過剰にあれこれとするし、働くスタイルがどうも気になっていたのです。育ちがものを言うとか、ちょっと雑な時があります。仕事は、出来るけど、何となく人の顔を見ているなぁと思っていました。
それに比べるとTは、穏やかな性質ですし、余り人と競う感じではないのです。フェスタをするとか、そういういことも余り言いません。

で、2日ほど過ぎた日、旦那がTから「Mが25枚また別にチーズをスライスしたのを冷蔵庫に入れて、掃除をしたら発見したと言おう。」という提案をされたと言ったそうです。で、それは、Tだけでなく、もう一人一緒による働いているCにも言っていたのです。
で、旦那がまた2人読んで問いただしたところ、Mは、CとTが私を陥れようとしていると言い張ったそうです。
その後仕事には、来ていません。

さて、本当に犯人は、誰なんでしょう?!

本当にブラジル人を使って仕事をするのは、大変です。
[PR]
by gabbyna | 2012-05-09 12:02 | ああ、ブラジル | Comments(3)

当てにならない医者

秋になりつつあるブラジル、朝夕、極端に涼しかったりするのでその温度差に風邪をひいたり、体調を崩したりすることが多いものです。

書く言う私も先週の週末、朝起きたら右目の下のあたりが鈍く痛んだのです。何で傷んでいるんだろうと思いながら目を洗ったり(洗浄液があるので)、目薬をさしたりしていました。

で、午後友達と出かけたところ、気になっていたので右目だけ、コンタクトをはずしておいたのでサングラスをかけていったのですが、外したら友達が「あれ、腫れているみたい。」と言ってくれたのでした。
で、良く見ると何となく右目の下が腫れていて、気になってきたので一応救急病院へ行くことにしました。

こちらでは、自分で保険のプランを買っていないと市とか国の無料の救急病院へ行きます。無料ですが、結構待つし、汚いとかあるんですが、幸い私の住んでいる場所は、それなりに綺麗ですが、待ちます。
自分のプランがあるところへ行けば、待ち時間が少なくて済みます。

で、実は、2年前にデング熱をした時にその当時のプランの救急病院へ行ったのですが、かなり待ち、そして誤診ンされたので別のプランに移りました。(義父も亡くなったのでもっと楽なプランにしたということです。)

で、今回のは、割と家から遠くないのですが、(遠いには、遠いのですが)そこで土曜の午後、救急のほうへいくとそれでも私の前に3人ぐらいで済み、待つこと30分ぐらいで診察してもらえました。

若い女医さんで顔を見るなり、「あ、アレルギーですね!何をしたんですか?!」と言いました。おお、元気のいい人でよかった、と内心安心して診察を受けました。チェックをして、すらすらと処方箋を書いてくれ、「まず、注射を受けて帰ってもらいます。後でこの薬を買ってくださいね。」といい、「もし腫れが酷くなったり、目が赤くなったらすぐ来てくださいね。」と言いました。
そう、この付け足しの言葉は、私が実際にかかっていた病気に当てはまりました。

そう、実は、アレルギーではなく、「ものもらい」だったです。その日は、注射を受けて帰ったらもの凄い眠気に襲われて、私は家に戻ってすぐ寝てしまったんです。凄かったです。ブラジルの薬は、強いんですが本当にこれは、眠くなり、翌日まで私は、寝て起きてすぐ寝るというのを繰り返していました。
で、次の日起きてみたら、目の痛みがありました。一昨日よりもなんか強い痛みで、あれ??と思って鏡を見たら、目のふちが赤く盛り上がって来ていました。これってどう考えてもものもらいだよねぇ?!と思った私。
抗菌目薬をもっていたのですぐに使用しました。

ということで今回も医者は、外れでした。。
私は、彼女に抗生物質とか、必要とか、あれこれ聞いたんだけど、彼女は、ひたすらアレルギーだからと却下。アレルギーのお薬に使ったお金を返して頂戴って思うけど、まぁ無理だし・・・・。
ああ、もう少し安心して医者にかかれる国だといいんだけいいのだけれど。医者よりもネットで調べたほうが性格だったりするから困るんですね。
次回は、いい先生に当たるといいけどと思う私です。(多分当分いかないでしょう。。。)
[PR]
by gabbyna | 2012-05-08 11:30 | ああ、ブラジル | Comments(3)

いろんな思うこと、あれこれと。。。。。


by gabbyna
プロフィールを見る
画像一覧