<   2012年 01月 ( 14 )   > この月の画像一覧

Led Zepは、やっぱりカッコイイ。。。

「The girl with the dragon tatoo」の映画のトレイラーを見てしまってからLed Zepの曲を聞くのが止まらなくなっています。前に書いたとおり、私は、昔々、バリバリのRock少女だったのです、もう当時は、本当によく聞いていたものです。(遠い目)


このトレイラーで使っているImmigrant Songは、別の人が歌っていると思うのですが、どうでしょ?!
Percy(RobertPlant)の声は、確かにハイトーンですが、これは、女性の声だと思えます。オリジナルは、映画だと使えないかもしれないしなぁ。。最近の流行りのカバーを使うってタイプなのかな。

しかし、今となると何と名曲が多いんだろと改めて聞いてます、最近の曲では、味わえない何かがある、凄くEmotionalかつPowerfulそしてDramaticかもしれませんね。

私がLedZepに出会ったのは、女子高時代、大好きな先輩の影響でした。高校、大学時代は、Rockばかりだったなぁと今さらながらに思い出します。その先輩の影響は、大きかったですね。彼女のしていることが全てかっこよく見えたものです。音楽、ファッション、そして進路、留学した先輩を見て自分でも出来るって思ったものでした。

あの頃、意味もわからず、とにかく覚えて歌っていた曲が今となるとふ~んこんな歌詞だったのねと改めて解り、不思議な気がするものです。そういえば、日本には、歌詞カードとかってあったよなぁ~と思い出しました。

やっぱりイイものは、時代を超えても輝き続けるってことですね。
[PR]
by gabbyna | 2012-01-31 23:08 | Favorite Music | Comments(5)

ヴァカンスを取る生活

私のこちらでの日本人女性の友達の一人、Kさん家族が今日、オーストラリアへ出発して行きました。
今日から3月1日までの約1ヵ月間、オーストラリアでヴァカンスを過ごすのです。

彼女たちは、2年に一度ぐらい、家族全員でヴァカンスに行きます。以前は、国内でしたが、ご主人が転職して公職になったらお給料が段違いになりますから海外旅行ということになりました。
この家族で1カ月休みを取るということができるのがこのブラジルの凄いところで、いやでも休みを取らせるシステムがあります。特に彼のような公職系の人は、40日とらなきゃいけないとか決まっているとか・・・。
羨ましいものです。
前回は、N.Yへ行ったご家族、今年は、オーストラリアへ出発して行きました。ご主人のお友達が住んでいるので後半は、そちらに滞在するとのこと、まぁ羨ましいですよね。

1か月のヴァカンスを取る生活、何とも素敵に思えますが・・・ちょっと自分に当てはめて考えてみたのですが、私だったら余り嬉しくないかもしれないと思います。
というのは、もし英語圏の国へ行くとしたら、うちの旦那は、英語が出来ないから私が通訳になるわけで、なんでも私が気を使う。。。日本へ行ったとしても最近のうちの旦那は、日本語をしゃべれなくなっているから当然これまた私が通訳。。ブラジル国内だとしても。。旦那が美術館とか、そういう所へ行って喜ぶとも思えない。。。とまぁ余り嬉しくない予測が立ちます。
それならば、気の合う女性友達と旅行へ行くほうが楽しいとか、日本へ帰って温泉へ行きたいとか思っちゃう自分がいます。私って何処まで行っても日本的な枠からでれないのかもしれませんn

そういえば、彼女も行く前から準備が大変(家族4人分をパックするのは、面倒だとか)、あっちへいっても英語は、余り出来なくなっているからなぁとかは、言っていましたっけ。

海外に住んでる方々は、結構家族であちこち行かれるようですけど、家族で行ける時期というのは、結構短いものかもしれないなあと最近思います。子供が大きくなれば、一緒に行くのも嫌がるようですし。。。。
まぁ行ける間は、一緒に行って楽しむといいなぁと思いますけどね。

ということでヴァカンスに出かけた友達をしり目に、今日も仕事、それも旦那さんの体調が悪くなって急きょ、行く時間を早めて仕事に行った私でした。日曜の昼から仕事をしているのって何とも変な気分でした。

それでも旦那がそろそろ、一緒に旅行に行ける時間を作りたいなどと、本心からかどうかは、知りませんがこの間の店の契約更新やらの諸事情の話を勧める時に言っていたので今後は、旅行へ行くこともできるようになるかもしれません。どうなるかなぁ?!
[PR]
by gabbyna | 2012-01-30 10:20 | 日々のこと | Comments(6)

お土産に買うといいもの。。

この間、人生の転機というべき事態が起きたのですが、少し状態が落ち着いて、すぐには、日本へ帰る必要がなくなりました。
が、この先、もっとはっきりしたら帰るかもしれないということは、旦那にも話をして了解をしてもらっています。
なんか、凄く人生は、不思議だなぁと思っています。

そんな中、こちらへ短期滞在の方々と一緒に出かけることも多く、彼女たちとの楽しい会話で気分は、癒されています。しかし、本当に普通の日本の奥さんってこうなんだなぁって思うことも多く、様子を見ているだけで楽しいものです。

おもに一緒に出かけて買い物をするのを助けてあげているのですが、人間、買い物って性格が出ますね。
慎重に選んで選んで試して、試してからじゃないと買わないというタイプ、いつの間にか、自分で選んで、気に入ったらこれを買いたいと言って着て即決するタイプ、(言葉できないのに凄い行動力~~。こういう人好きです)それと人にいいわよ~~といいながら何も買えない人。この最後のタイプの人は、私的に凄くやりにくいです。
幸い、今回の人たちは、気持ちのいい人が多く、楽しく買い物をヘルプしてあげることが多いので一緒に行っている自分もすごく楽しめて、いい気分転換になっています。

で、ブラジルでお土産として買うといいものは、革製品、今は、バーゲン期間に突入、丁度夏用のサンダルやらバッグなどが出ています。彼女たちもサンダルとか靴を買って行きました。しかし、靴は、手製の製品は、こちらでも凄く値がよくて、ちょっと簡単には、手が出ません。何度も試して、考えて、もし本当に欲しかったら買うべきだとアドバイスをしておきました。

それと革製品以外は、化粧品、におい系は、ブラジルは、いいものが多いです。
f0061977_6204410.jpg

Boticario社のお風呂用のラインです。石鹸、ボディジェル、ボディローションなどなど。香水とかデオドラントにすると結構においの好き嫌いがあり、あと後困る場合もあるでしょうけど、ハンドクリームとか石鹸とかなら使って終わるのでいいかということで彼女たちは、これらのシリーズのクリームなんかをを買いました。

私は、お土産って案外べたなその土地のイメージ(例えば国旗とかシンボル)なんかのキぃホルダーとか、Tシャツなどが無難と思っている人なのです。手製のものとか、変な像なんか送られたら飾らないからいらないとも言いにくいし・・・・。そういうのが好きな方ももちろんいらっしゃるでしょうけど私は、違うので滅多に買いませんし、勧めません。

地球の反対側からやってきているので後でこれらを見て匂いを嗅いで、ブラジルを思い出してほしいものです。
[PR]
by gabbyna | 2012-01-28 06:35 | 雑貨、化粧品など | Comments(2)

David Guettaさんは、偉い・・Titanium feat.Sia

このところ、BGM用のFMで気になって仕方がない曲がありました。(毎回です。)
で、アメリカのYahooとか、こちらの音楽サイトで調べていたのですが見つからず。。。
で、今日やっと見つけました。。この曲、David Guetta先生のCDの中でした。

Nothing But the Beat: Special Edition

David Guetta / EMI Import

スコア:


この最後の曲、Feat.SiaのTitaniumでした。。


出だしのイントロが何ともどっかで聞いたような感じでしたが、このリフは、引き込まれますね。
で、Siaの力強い歌声がされが歌っているか解らないときから何処かで聞いたことのある声だと思っていたのです。
Siaは、[My Love]がすごく好きでよく聞いているのでなんとなく声が引っかかったのかもしれません。Liveでも子の声を出せる彼女は、素晴らしいと思いました。
このPVは、なんとなくX-Men的で個人的には、好きな感じです。

しかし、David Guetta先生は、いろんな方とコラボしていますが、どれもヒットしています、多分一杯稼いでいるだろうけど素敵と思いました。最初のころは、何をするおじさんだろう??と思っていたのですがね。
[PR]
by gabbyna | 2012-01-24 10:49 | favorite 女性Singer | Comments(2)

日本車のCM合戦

こちらの国で日本車は、当然のことだけど、外車、輸入車です。
こちらへ来た時、ボロボロのフィアット、シボレーなどが幅を利かせていました。そのころあった日系の車は、昔懐かしい、日産のダットサンのトラックタイプでした。

その後、トヨタがこちらへ進出してきて、カローラをこちらで現地生産しだしました。で、カローラは、何と高級車としてのイメージを持って売り出しました。
日本だとカローラは、大衆車でしょ?!その昔、私は、父のセダンのカローラで運転の練習をしていました。
え、無免許時代です、何せ、父が練習して運転できるようにならないと自動車学校へ行ってはいけないといったのので・・・。毎日、自宅から天竜川まで子のカローラを運転して行ったものです。(早朝だったのでまぁいいかと。)

話を戻して、トヨタは、こちらでカローラで定着しました、そして次にホンダがFitsで成功をしました。Fitsは、日本のよりは、四角っぽい形、日本のは、流線形的ですよね。それでも結構人気が高く、これもよく売れてます。

そして満を持して、レバノン系ブラジル人のカルロス・ゴーン氏が社長の日産をこちらで生産開始をしました。
マーチが主流でやりだしていて、CMもおしゃれにSatisfactionの曲を使い、日本のテクノロジーの高さを自慢しているパターンです。

そして三菱、こちらでは、凄く人気が高いのは、パジェロです。
実にブラジル人は、トヨタのハイエース、ホンダのCV、三菱のパジェロは、憧れの中の憧れの車なんだそうです。

で、最近三菱さんは、怪しげなCMをFMで流しています。こちらの地元のFMで私の住んでいる市の隣の隣のPraia Grandeの三菱のディーラーさんをCMしているんですが、BGMがなんとも東洋的、で、歌詞が一部だけ、日本語なんですが。。意味不明の歌詞なのです。。。
さびの部分、「私がやりだ、さよなら~~~」と歌っています。(恥)
誰が書いたのか?意味は、なんだろう??と一生懸命曲を聴いていても理解できない、前後脈絡なし。。。

そういえば、どこかのラブホ(ブラジルにもあるんですよ。。)のCMのBGMは、荒城の月、さびの部分で女性がもだえる声が流れます・・・。いいねすかね、滝先生。。。

そういえば、私の家は、以前しばしば、三菱さんの代理店の電話番号と似ていたのか?間違い電話がかかっていた時期がありました。
「Hello..]「オイ~、ミツビシ??」「違います!」これをいったい何度繰り返したことか。。。。

こちらには、JAROみたいな誇大広告、とか間違いを報告する機構なんてないのかもしれないですね。
[PR]
by gabbyna | 2012-01-22 11:32 | ああ、ブラジル | Comments(6)

人生の転機って何度ある?

このところ、意外なことが立て続けに起こり、少々落ち込んだり、悩んだり、そしてちょっと喜んだりと日々こもごもの思いをしています。

まず、一番最初の事件、それは、旦那の経営している店の契約更新が発端でした。既に店をやっていて10年ぐらいたちます。私たちがこちらへ来てから既に8年近く、店も老朽化というか、大分汚くなってきていました。
そこに契約更新が来たのですが、その内容は、非常識というか、とんでもないぐらいに増額されいたのです。
共同オーナーの従兄が出てきて彼が土地のオーナーと交渉に当たることになりました。
しかし、当初旦那さんは、経営を続けるか、悩んでいたようです。既に8年一人で経営を任されてきたのですが、お休みもなく、休暇も取れない、そんな状況は、もう無理だとおもったようで従兄に話をしたのです。
が、従兄は、今度は、自分が参加して手を加えたいという意向をもっていて旦那さんと話し合いをしだしました。
そんなこともあって旦那さんは、今少し次のステップに進むことを考えているようです。

そして家を変えたいと言い出しました。いま私たちの住んでいる家は、凄く広いんです。3階建ての2世帯住宅なのですが、現在は、2階に私たち夫婦のみが住んでいます。それぞれLiving 台所、Service de area, シャワートイレ2つ、普通の部屋2つ、主賓室1つという結構な大きさです。階下をしようしていた義父は、無くなってしまい、一応教室として使っているのは、たったの一部屋。3階は、ほぼ使用しないままです。無駄に多きものです。なのでこれを売って、小さめの家を買って住みたいわけです。掃除とか、家の具合を考えるとそのほうがいいと思います。
そして結構な額になるであろう家の金額は、余りが出るわけでそれを投資に充てれるというわけです。
まぁ旦那さんがそうしたいと考えているので多分そうなるでしょう。。

そしてちょっと日本から気になる情報が入り、私は、動揺してしまいましたが、万が一ということを考えて、その件を旦那さんに話をして、万が一は、私は、しばらく日本へ行くということを告げ、了解をとりました。

こちらへ来る時が一大転機だろうと思っていた私。でも思いがけない、周りの影響でまた何か転機というものが訪れの予感がしています。
[PR]
by gabbyna | 2012-01-21 11:30 | 日々のこと | Comments(6)

百と千 買い物で使う言葉

今日は、今こちらに滞在している日本人女性2人と一緒にお出かけをしてきました。
彼女たちは、ご主人の短期駐在についてきている方々で、長くても6カ月だけとか、短いと2か月だけとか。。
本当にこれだけ短期だと言葉を覚えている時間がないと思います。

で、英語が通じる国ならいざ知らず、この国は、母国語のポルトガル語を話すことをよしとしているので滞在している身には、さぞかし、大変だろうとお察ししています。
まぁいろんなつてで私と知り合いになり、最初に6カ月滞在予定のKさんとお出かけをしたのが先週の火曜日でした。

来てから既に5カ月近く、本当に近場でもShoppingをしていないというのでShoppingCenterへ行き、女性の大好きなShoppingを楽しむこと、半日、Kさんは、大満足してくれました。
買い物でストレスを発散、こちらのお土産になりそうなものをかってこれまた満足というわけです。

しかし、買い物は、案外言葉を要するものだなぁと改めて思いました。彼女の要求を販売の女性に伝えるのって、細かいことをあれこれ言っているなぁと改めて思いました。

でもってパンを買うにもケーキを買うにも専門店などだとあれこれと言わなければなりません。言葉を言わなくていいのは、スーパーぐらいですがこれまた最後には、あれこれと聞かれます。

滞在中に少しでも快適に過ごしてもらいたいので簡単な言葉は、覚えていただくようにしたいなぁと思いました。

今日の教えた言葉は、ケチと100でした。
こちらでは、100は、センと言います、私がクッキーを100グラム頂戴とポル語で言うのを聴いた彼女たちは、「え?!1000g?!」と反応したのですが、単に100gだけなのでした。

ケチは、Pao duro,パォンドゥロ、意味は、パンが固い、そんなのまで食べるからケチってことで・。(笑)

そんな反応をすっかりと忘れていた私には、新鮮でした。また買い物に行きましょうね~~~。
[PR]
by gabbyna | 2012-01-18 11:16 | 語学 | Comments(2)

イタリア船事故を聞いて思い出したこと

この間、イタリア観光船が転覆横転して死者やら負傷者を出しているのをニュースで見て、事故後、イタリア人船長が真っ先に逃げたということをニュースで知って、もしかして、この船長は、あの人かも??とちょっとあることを思い出したのです。

私のこちらでの唯2のお友達のKさん、彼女のご主人は、こちらの人で親族も多いのですが、その従妹さんに起きた事件のことでした。

従妹さんは、Rさんといいます、結構頭のいい家系で彼女も大学で先生をしていたりしたのですが、どうも男性運がイマイチなタイプなんです。
彼女は、割といいお家で育った女性らしいのですが、こちらのそいういう家庭にありがちな、育ち方をしたようで音楽が好きな彼女は、歌手を夢見ていたらしいのですが、結婚を予定していた、親公認の男性がそれを望まなかったので喧嘩となり、別れて別の男性と結婚、しかし、この男性がど~しようもない嫉妬深い男性だったようで子どもが出来たものの、離婚決意、しかし、亭主は、ストーカー行為にまでおよび離婚する前に、わざと自殺をしたそうです。
で、その呪縛をふっ切るために新たな恋を探していた彼女、ネットを通じてある男性と知り合いました。
それが、イタリア人の船の船長をしている人でした。定期的にこちらとイタリアを往復している人でした。
一応、頭のいい女性ですから本当に船長なのか?とか、いろいろと聞いてみたそうですが、それは、もちろん相手にですから、当然いいことしか言わないわけです。
でも本当の船長だということもわかり、彼女の恋も今回は、成就するかと思えていたのです。

付き合いだして(ネットを通じて)彼は、早速やってくるということになりました、12月に来て、少し滞在した後、彼女をイタリアへ連れて行くと約束、チケットまで手配をしたそうです。
で、今後の話などをしているときに微妙に碑かかる言葉などがあったそうですが、恋する女性Rは、あまり気にしなかったようです。

で、彼女は、Facebookに彼とのことを書いたり、写真を載せたんだそうです。で、友達の友達が彼女のFBを見て、Kさんのご主人にコンタクトをとってきたのでした。(リンクでつながるからね。)
「もしこの男性が本当にイタリア人船長で○という名前なら、私は、彼女にあって話をしたい。。」と言ってきたそうです。
Rさんは、会うことにしました。で、その友達の友達女性が彼女に語ったことは。。。
「私の友達がこの男性と付き合ったことがあり、彼は、彼女をイタリアへ連れて行き、家に監禁したいた。。」ということでした。奴隷のように扱っていたということでした。

イタリアへ連れて行き、パスポートを取り上げて、家に監禁、家の用事を一切させ、もちろんSexも強要、従わないとDVをするというわけです。よくも知らない土地、言葉も解らないのでなかなか逃げれない、しかし、この女性の友達は、なんとかブラジルの友達に電話をして助けを求めて、逃げることができたそうです。

Rは、既にイタリア人船長の彼がこちらへやってきていたそうで、会うのは、時間の問題の時期で、どうしようかと迷ったそうでうす。しかし、下手に怒らしたら危ないと思い、(DV男性ですから)イタリアへ行くのは、子供がいるのでやっぱり無理だということにして彼が帰って行くのを待ったそうです。
この間、彼女は、すごく怖かったそうです、なので彼の求めに応じてSexまでしていたそうです。
で、彼が無事に帰って行った後、メールでやはり付き合えないことをはっきりと伝えて、別れたそうです。
彼女は、親族と警察にこのことを報告しようかと思ったようですが、辞めたそうです。

彼は、定期的にここへイタリアからきているので、きっとそいういう風にブラジル人女性を探すのでしょう。。
EU圏男性は、ブラジル人女性を簡単に扱える女性という風にみていること(特に貧困層女性)が玉にあります。嘆かわしいことですが、事実です。

今回のこのイタリア船舶の座礁事故で真っ先に逃げ出したキャプテンの事を聞いて、ああ、となんとなく画展がいく思いがしたのでした。
もちろん、普通の船長たちは、違うと思いますけど、今回のことでこんなことが起こったのは、凄く残念なことでした。
[PR]
by gabbyna | 2012-01-16 22:54 | 日々のこと | Comments(4)

空耳アワー

朝、起きてぼぉ~~としながらコーヒーを飲んでいると外で大きな声がする、家で使うガスの売り子?!の兄さんたちが声をあげて、各家にガス屋が回ってますよ==と知らせているわけなのです。
でもっていろんなガス屋さんがあり、何社か競合していたのだが、最近は、合併したのか、1つの会社がこのあたりを毎日歩いて売っているのです。
その会社名が、ウルトラ・ガス。。。これを売り子のお兄さんたちは、自分で節をつけて大声で叫んで行くのだが、一人、どうしてもこう聞こえる発音をするお兄さんがいるのです。。
それは、ウルトラ・ゲイ

ガスと発音するのが、ゲエィスとなるので、私には、ウルトラ・ゲイと聞こえてしまうわけです。一番最初に聞いたときは、ビビりました。。。最近は、それを聞いても驚かなくなりましたけどね。。。

で、店でBGMでFMを流しているのですが、うちの若手18歳のJoちゃんは、橋が転んでもおかしいお年頃、毎日一人でキャーキャーと盛り上がってしまう子なんですが、彼女が、この曲は、私の曲だと言ってきかないのが、JennifferLopezのI'm Into you..です。



この曲のさびの部分が私の実の名前の響きに似ていると言ってきかないのです。
さて、どの部分でしょう?!(笑)
この曲がかかると、私を大声で呼ぶのは、やめてほしいんですけどねぇ。18歳ですからねぇ。。
ブラジル人にとって、英語も日本語も同じ発音に聞こえるのかな?!とちょっと思ったのでした。

さて、例のイタリア人、Gは、約束の日にやってこなかったのでした、そして、今日やってきました、、またもや、手を合わせて、アリガトウ=と入ってきて時点でやったのでもうこいつには、頼まれても日本語は教えないぞと決めたのでした。
[PR]
by gabbyna | 2012-01-14 10:06 | 日々のこと | Comments(2)

It's Friday, Friday.. from Glee

最近、なんとなく、はまって見ているのが、GleeのNew Seasonともう一つのドラマです。

Gleeは、前から時々見ていたけれど、あまり熱心というわけでもなく、なんとなく、話題についていけるぐらいに知っていたという感じでした。
それがこの間、何か、私が学生時代にヒットしていた曲を歌ったのを聞いて、改めて見直してみたのです。
なんともアメリカ的なドラマなんですけど、まぁコメディなので気楽に見れるのもいいかと思いながら見ています。

で、そのGleeを放送しているこちらのFoxのコマーシャルに使われているのがこの下のPVの曲です。



FoxのCMでは、いろんなドラマの主役たちが歌に会わせて、歌い踊るという感じで楽しいです。

日本でもGleeは、放送されているようで楽しんでほしいと思います。

glee/グリー シーズン2 DVDコレクターズBOX

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン


[PR]
by gabbyna | 2012-01-13 11:07 | Favorite Music | Comments(3)

いろんな思うこと、あれこれと。。。。。


by gabbyna
プロフィールを見る
画像一覧