<   2011年 12月 ( 14 )   > この月の画像一覧

一年を振り返る・・・良いお年を。。。

こちらは、まだ30日の夜ですが、日本は、既に大晦日になっていますね。
一年って早いものです。今年は、特に早かった気もします。

一年を振り返るとあれこれといろいろなことが思い出されます。特に今年は、誰もが思うであろう、東日本大震災が起こったこと、その時日本にいてその中にいたことを一日本人として、言い方は、変ですが、いれて良かったと思いました。
これが地球の反対側にいたままであったらどれだけ、心配しただろうかと今も思います。

2年に一度のペースで帰らせてもらっているので今年は、息子の卒業式にどうしても出たくて、2月の終わりに日本へ飛びました。日本は、相変わらず、私をしっかりとむかえてくれて、日本へ帰ると嬉しくて仕方がないという思いにとらわれました。
息子が高校を卒業するという晴れの場面に参加できたこと、冬を久々に味わえたこと、そして会いたかった友達に会えたこと、本当に思い出すと嬉しいことばかりでした。
が、3月11日のあの日、私は、久々に遠く離れた友達と会うことができて嬉しくて仕方がなかった、彼女が後1本後の新幹線だったら、あの地震の影響で会うこともできなかったのに会うこともできました。凄く感慨深いことでした。

日本にもっと居たいという気持ちもあったけれど、長くいれば居るほど、段々自分の場所がないことに気づくというジレンマを味わって帰ってきたものでした。
地球の反対側では、旦那さんが色んな気持ちを持って待っていてくれました。彼も辛かったようです。

その後は、新たな友達の出会いがあり、相変わらずの仕事と家の往復ですが、なんだか、段々こちらにも慣れてきている自分を感じるこの頃です。

母の認知症が進行していること、父が老いてきていることを感じること、問題は、あれこれと出てきます。それに対して自分が何もできないということは、凄く寂しく辛く感じますが、父がまだ頑張ってくれているのでなるべく話すように努力しています。

自分の選択が正しかったか、どうかは、もう少し先にならないと解らないものですが、出来たらいつかは、また日本で暮らしたいという気持ちは、持ち続けていますが、どうなることでしょうか。。。。

f0061977_10405595.jpg

地震の翌日に地元の砂丘で撮った写真です。

今年も一年、私のブログにコメントなどを頂き、ありがとうございました。来年もよろしくお願いします。
私や皆様にとって良い年なることを願ってやみません。

Hope next year will be full of hapiness, peace and love for you and your family...
[PR]
by gabbyna | 2011-12-31 10:44 | 日々のこと | Comments(5)

Jorgeおじさんは、いつまでも元気・・・。

私が旦那さんと付き合いだした頃、ポルトガル語を覚えるために彼の聴いていて音楽をきけば、言葉も覚えれると思い、彼のCDをいろいろと借りてブラジル音楽に触れたものでした。(今じゃほとんど、きかないけど・・)

その中にJorge Ben Jorおじさんがいました。彼は、その頃もおじさんだったから今は、もっとおじさんなのだろうけど、なんか、何時までも変わりがない、一体君は、何歳なのだ??と思える歌手なのです。

前に一度書いたことがあるかもしれません。(すっかりと忘れている・・・)

そんなJorgeおじさんがこちらの有名な歌手?!のArnaldoAntunesさんとデユットしているPVを見ました。
何ともかったるくていい感じなので早速Youtubeで探してたらありました。。


タイトルは、As Arvores....木々とでもいうのでしょうかねぇ。。
このArnaldoさんとJorgeおじさんの音楽のジャンルは、はっきりと言えば違うのですが、なんでもコラボしちゃうArnaldoさんは、アレンジ上手いって思いました。
ちなみにArnaldoさんは、マリサ・モンテと一緒にグループをやって一時期凄く稼ぎました。

Jorgeおじさんは、有名なところだと Mas que nadaを作って歌ったというので有名です。
興味のある方は、WikiのJorge Ben Jorをお読みください。

しかし、おじさん、タフだな~~~~。流石カりオカかもしれませんね。。。
[PR]
by gabbyna | 2011-12-29 10:20 | ああ、ブラジル | Comments(0)

Natalの夜

クリスマスイブの夜に伯母の家へ行き、食事を呼ばれて、クリスマスを迎えました。
前にも書いたと思いますが、こちらは、クリスマスは、より家族と一緒に過ごすという意味合いが強い感じですね。日本の正月は、こちらだとクリスマスで、こちらの年越しは、日本だとクリスマスイブのにぎわい見たいです。

伯母の家へ行ったのは、なんと夜の11時近く・・・。夜の10時に店を閉めて迎えに来るというのでひたすら待っていたら・・・やっぱり遅くなりました。毎年こうだからなぁとは、思うものの、少しご立腹の私です。

で、車に乗って伯母の家へ行ったら、なんと時々店の夜警をしてくれるRもつれていた旦那、本当のおせっかいというかなぁ、まぁRは、離婚して一人だから連れてきてあげてよかったのかもしれません。

既に伯母の家では、伯母のなくなったご主人の側の家族やら娘さんの家族など、結構一杯いました。誰が誰だか、解るまでにやはり時間がかかりましたが、笑顔で挨拶をすること20分。やれやれです。
伯母の家には、各家庭からの持ち寄りの料理が一杯、それは、それは、美味しそうでした。
うちからは、サーモンの刺身を既に送ってありました。私は、外国人ですからこちらの料理を余りにも知らないのでこういう時は、お刺身でごまかします。

旦那のお爺ちゃんは、3人兄弟で現在まだ生きているおじは、今日は、機嫌良く最後のほうまで居ました。
彼は、日本で生まれて、そのあとこちらへ来たので少しは、日本語(沖縄語)ができます。
その年代の人たちが何人か、来ていました。こちらの人は、お年寄りには、凄く優しいものです。
訳がわからないからといってほうっておくこともなく、その年代から4世代ぐらいまでいるので凄いものです。
こういう場に来ると私の来た場所がどういう意味をもっているのかを改めて考えさせられます。

伯母の現ご主人のRさんが作成したサントンが玄関に飾ってありました。毎年微妙に何か増えるサントン、
Rさんは、一昨年脳梗塞を発症してしばらくマヒが残っていましたが、今は、ほぼ普通の生活が出来ています。彼は、凄く几帳面な人でそれゆえ、もどかしがっていたけれど、このサントンを見るとまだまだ大丈夫と思えました。
f0061977_10435920.jpg


夜中のバチカンのミサを生中継をしているのを見ているとやっぱりカトリックの国でよかったかもと思うので居た。
[PR]
by gabbyna | 2011-12-27 10:48 | カトリックのつぶやき | Comments(2)

プレゼントの意味

やっと旦那さん用のプレゼントも買い、イブの夜に家族のフェスタに招待されている伯母へのプレゼントも買って準備万端となったイブの今日、私は、珍しく休みで2連休となっています。(ラッキー!!!)
クリスマスに昼間から酔っ払っている馬鹿を相手にするほど、嫌なこともないと思うので今日の休みは、ありがたいものなのです。

しかし、前にも書いたけれど、こちらのこの時期のプレゼントショッピングほど、凄い状態はなくて、それは、まぁカトリックのお国柄なのでこうなるのかとも思うこのごろ。

こちらには、Amigo Secretoというのがあって、それは、パーティに招待されている人たちがそれぞれの人にお互いに知らせないで相手にプレゼントを贈るというものですが、この時期のフェスタには、よく行われます。誰が誰に送るのかは、最後にならないと解らないってことです。でも案外いらないものをもらったりしたことがあるのでこういうもよし悪し。

クリスマスに限らず、プレゼントにいろんな意味を込めて贈るものですが、こちらの人のように何がなんでも送らないと不味いって気持ちで送るのもちょっとかなぁ~~って思います。

丁度、コメントをいただいた方のを読んでそう、これが基本なのだと思ったのは、私(超低空カトリック信者)でもする、普通の日常の祈りがあるのですが、この中に「愛されるよりも愛することを~~」っていう一行が出てきます。

人間というのは、誰かに必要とされているっていうことがある意味、とても重要だということなんだということが解ると思います。

さて、みなさん、いいクリスマスをお迎えください。

Merry Christmas to you and your family.. Peace on earth...
[PR]
by gabbyna | 2011-12-24 23:18 | カトリックのつぶやき | Comments(4)

暑すぎると困ること

日本が寒ければ寒いほど、地球の反対側のこの国は、暑くなるのです。もう毎日35度越えていて、暑くて暑くてたまりません。

雨も降らないし、夕立とかでもいいから降ってほしいと願う私です。こんな時に限って店のエアコンが一つ壊れていたりします。。(涙)
でもってすぐに直しになんかこない、ここは、ブラジル・・・・。

さて、暑すぎると困ることが2つ、ありました。
一つは、蟻です、そう蟻さんたちなのですが、今繁殖期なのか、凄い勢いで出てきます。この暑いのにいわゆる兵隊アリというのでしょうか?!小さい蟻が凄勢いで群がっているのを毎日目にしています。

たとえば、アイスクリームの袋を開けて流しに置いておきます。5分もしない間に小さい蟻がぶわ~~~と群がっております。その多さに最初に見た時は、思わずうわぁ~と声をあげたものですが、この頃は、すぐに水をかけるとか反射するようになりました。
本当にすごいです。昨日は、さくらんぼの入れておいたボールを旦那さんがポンと流しにおいてあったらそこにどわ~~と群がっていました。(う~旦那の馬鹿・・・)
そのあとしばらく流しを水洗いまくりました。。

時々外の駐車場に虫が死んでいたりするとそこにもどわ~~と一杯群がっていて数10分もすると綺麗になくなっていたりします。ブラジルは、蟻も肉食系なんだって思います。

で、暑いと困ること、それは、余りに暑くなると頭痛がするということが判明しました。昨日、一昨日と猛暑になりだした、ここ。丁度タイミング悪く、エアコンが一個壊れてしまいました。そして猛暑、エアコンは、一台だけなので30度ぐらいでそれ以上ききません。
で、私のいる会計のブースは、直射日光が当たるのでエアコンがあっても暑いのです。それが今は、余り聞いていないのでもう暑いこと、暑いこと・・・。

そしたら頭痛がしだしているのです。もう偏頭痛が2日間続いていて、遂に痛み止めを飲んだぐらいでした。

今日、隣の大学で教えている教授(近くに住んでいる)がやってきて店でコニャックを飲んで言ったのですが、頭痛の話をしたら、水をゆっくりと一杯飲んだほうがいいよと言いました。
日本から持ってきた保冷のボトルクーラーにペットボトルを入れて飲んでいますが、もう本当に辛いです。

後3カ月、乗り切らないといけないなんて、辛いなぁ。。
[PR]
by gabbyna | 2011-12-23 11:05 | 日々のこと | Comments(3)

たかがサッカー、されどサッカー

明日から夏のここなんですが、凄~~~く暑いです。今日は、35度以上あった、もう店の中が暑さで辛かったものです。(エアコンかけていたのに~~。)
雨も降らないから余計につらい・・・。

そんなブラジルですが、今真冬の日本でこの間行われた、クラブワールドカップ、その決勝がFCバルセロナ対サントスFCでした。
私の住んでいる地元のFCクラブなんですが、私、はっきり言えば、応援していないのです。
というのもわが旦那さんが別のチームのサポーターなのです、で、それを知ってうちの店に来ているお客(駄客)がまぁ煩いこと、ただでさえ、ブラジル人は、煩いのですが、サッカーのことになると異常になる傾向の人が多いのです。なので国内の選手権がある時は、もう凄いです。勝てば、店に来て飲みながら煩く話しています。負けたら2日ぐらいは、現れないし、おとなしいものです。

で、今回のクラブワールドカップに出場が決まった時から、「バルサなんて目じゃない!」とか、「ネイマールは、メッシより上だ。。」とず~~~~~と言っていたトルシーダ達。
7月以後の国内選手権は、ほぼ遊んでいたような試合内容で終わり、いざ、日本へ出発した時からもう、お祭り騒ぎでした。
ファンの人たちは、世界一になったようなつもりで話しまくるし、新聞(地元)やTVなども応援してあおるし、煽てる、それをみてまた増長していたファン達。

遂に開催されて決勝へ進んだ時に私は、冷静に彼らに言ったものでした。
「バルサは、世界最高峰だよ、スペイン代表、アルゼンチン代表、そしてブラジル代表がメンバーでリザーブにすらその手の選手が一杯なのよ。メッシ一人じゃなのよ。レアルとバルサの試合を見たでしょ??あのスター軍団のレアルが負けたんだよ。」が、サントスファンは、「ネイマールがいるから絶対に勝つ・・」とのたまう人が一杯でした。

決勝の前日から花火をあげて、爆竹を鳴らし、歌を歌っていたトルシーダ、それは、試合が開始されるまで続きました。が、遂に試合が開始されたら、ピタリと音がやみました!!そう、ふたを開けてみたら・・・バルサの圧倒的な試合運びでサントスは、何もできない状態、そして一方的な試合で終わったのでした
で、その負けた日は、サントスファンの客は、ほぼ一人も店に来なかったのでした。。

翌日出た新聞には、こんなのが載っていました。
f0061977_1023741.jpg
f0061977_10233846.jpg


サッカーは、幾らいいFWがいてもそれをサポートするいいDFやらMFがいなければ成り立たないという基本的なことを改めて知らしめた、いい試合内容だったと思います。

当分静かでいいなぁと思う私です。
[PR]
by gabbyna | 2011-12-22 10:31 | スポーツ | Comments(2)

耳に残るは。。

世界を旅するAちゃんが、ここから旅立って行って既に1か月が過ぎました。
彼女は、ブラジルから飛行機でアルゼンチンへ行き、その後陸路をバスで横断してチリへ行き、またバスでペルーへ北上していき、ペルー滞在を終えて、南米大陸に別れを告げて、今は、北米は、サンフランシスコに滞在中です。ここも後1週間ぐらいなんだろうなぁ。クリスマスと新年は、オーストラリアでむかえる予定でそこが最後の訪問国になります。
そんな彼女とは、ネットでつながっていて日々の様子をしらせ合っています。そんな彼女がこの間、「Gabbynaさん、あの曲は、一体なんていう曲でしょうか??頭の中でリフレインしています。」と質問をしてきました。私も確かに時々頭の中でかかっています。(苦笑)

そう、その曲は、こちらでヒットしている曲でした。でも私、余りこちらの曲など真面目に聞いていないし、FMでかかるのを聴いてもタイトルまで聴きとれないものです。(仕事のBGMだから・・・)

で、う~んどうしたものか??と思っていたところにそうだ、従業員に聴いてみればいいやということで午後のスタッフの一人に尋ねてみたのですが、彼女は、知らないと言いました。そうなるとなんとなく、是が非でも知りたくなるのが人情というか・・・・・。(笑)

それからまた日々が過ぎて、今日久々に土曜日のメンバーと仕事をしたのですが、新入りばかりの土曜日のスタッフに気が気でない私は、いつより彼女たちと話をしていました。で、丁度その気になる曲がかかったいたら、新入りの若い(18歳)Gが一緒に歌っていたので思わず、「これ何という曲なの??」と聴いてみたら。。。遂に判明しました。Dance do KUDuroという曲でした。


これは、どうもアフリカのリズムだかダンスなんだそうですが、ブラジル時々この手のお尻ふるダンス系の曲が馬鹿ヒットします。過去にも有名なチャンダンス(チャンは、俗語で男性のシンボルのこと)などが驚異的にヒットしたのをなんとなく覚えています。

単純リズムの繰り返しでお尻を振り振りというのがこっちの人の好むタイプなのかもしれません。
この曲の中の合いの手の声が「ヨイヨイヨイ~」って聞こえるのですが、それが頭に残っていました。PVみていてこの人たち、ヘルニアとか腰痛には、縁がないだろうなぁなんて思いました。

あ、すっきりしました。さて、暑い暑い日々が始まっています、まだ真夏じゃないの?!辛い。。。
では、いい週末を~~~。
[PR]
by gabbyna | 2011-12-18 10:52 | ああ、ブラジル | Comments(2)

南国風クリスマス・・

北半球に生まれて生きてきた者が南半球に来て、馴染めないものがあるとしたら、それは、夏のクリスマスと正月じゃないかと断言します。
(中には、対応している方もいるのですが、私は、馴染めない人です。。。)

考えてみれば、キリストは、イスラエル方面で生まれている(筈)なので暑いクリスマスな訳ですよね。きっと雪は、降っていなかった筈、寒いという記述は、聖書に出てこないものです。
クリスマスの意味は、キリスト教豆知識をご覧ください。

でも私の頭の中には、クリスマス=冬=雪か寒い夜という図式がど~んと出来上がっているわけです。この意識を代えるのは、非常に大変だと最近しみじみ思います。

で、近年は、現実は、暑いのですが気分だけでも冬をと思って、クリスマスの日には、寒い映画をDVDで連続して見ています。なんか、変ですけどね。まぁ大抵クリスマスの日は、私は、家で一人でのんびりとしているのです。

でも現実は、現実でそれなりに受け止めているのです、暑い夏のクリスマス、それなりの雰囲気が出来てます。この頃は、ご近所さんのイルミネーションが増えて、凄いことになっているのです。
家を全部ライトアップしちゃうとか、家の上になぜか、飛行機(ビニール製)が止まっていてその下をイルミネーションの雨??が降っているとか。あの電気代、大丈夫ですかね~~~って他人事ながら思う私です。
こちらの海岸沿いの道路も木々にランタンなどを吊るしたり木々自体にライトをつけて、夜は、イルミネーションが凄く綺麗です。

我が家は、そういうものが全くしてなくて、オーソドックスな小さめのクリスマスツリーともちろんのキリストのご生誕の置物をTVの上の置物のコーナーにちょこっと置いてあります。(低空飛行なカトリックですから~~~)

でもですね、クリスマスの意味は、キリストが生まれたということを祝うことなのですよ、それを忘れないように~~と心の中でちょっと思うものです。

f0061977_1171079.jpg

これは、この間出かけたサンパウロで見た、別の銀行のクリスマスの飾り付け、ブラジル風(アマゾン)なんだそうです。う~ん、微妙・・・。

意味を少し考えて、祝いたいものですよね。
[PR]
by gabbyna | 2011-12-17 11:17 | カトリックのつぶやき | Comments(8)

理解しにくい

一昨日にちょっとショックな話を聞いたのです。それは、旦那の従兄Bの離婚話でした。
Bは、旦那の父方の従兄で日本へも一緒に来ていた男性で同じく自営業をしています。彼は、お金に細かいことで昔から有名でした。

日本に居た頃、よく旦那さんの従兄関係、友達関係と食事に行ったものです。しかし、思い起こせば、Bとその奥さんのLと食事に行ったのは、数えるぐらいでした。そういえば、少ないと今更気づきました。
その頃から彼は、お金をきちんとコントロールするタイプなんだと思っていました。
が、こちらへ来てからそれは、彼の奥さんがコントロールするタイプなんだということを聴きました。
彼らは、ちょっと変わった夫婦でした。Lは、大学を卒業していて、そのことで常にそれを使えるような仕事をしたいと考えていたのです。が、なかなかそういう仕事は、なかったものです。その後妊娠をした彼女達は、ブラジルへ戻って行きました。

そしてその後私たちがこちらへ来た時は、会いに来てくれ、当初買い物ができなかった私を連れてShoppingに連れて行ってくれたのですが、どうにも買う傾向が違うし、興味の持ち方が違うのが解りその後は、段々会うこともしなくなっていきました。何というか、会話をしていてもつまらないというか、彼女の話は、結局お金のことに行きつくのでした。

旦那の従兄なので合わないわけには、いかないものの、お互い自営業なので足が遠のきます。
が、去年は、彼女たちは、3番目の息子を出産して店に連れてきてくれ、見せてくれました。

私は、子供をこの年でも産んだのだ、流石ブラジル人だなぁと妙感心したのですが、彼女は、新しい家に移ったので是非訪ねてほしいと言いました。幸せを見せたいのかしら~~と思ったものの、一度は、訪ねないといけないという義務感から旦那と一緒に行ってみたのですが、居る筈の彼女は、家から出てきませんでした。

その後、Bは、時々店に来ていたのですが、Lとは、会うこともなくなっていました。
そしたら、離婚したという話です。。そしてその理由というのが、Bに既に別の女性がいるということでした。それも既に3年続いているそうです。でも3年といったらLは、第3子を出来る前か、産むあたりじゃないのかなぁ・・・。
新しい家に移り、家族も増えて順風と思えた家が崩壊していたのでした。。。。

Bがお金に極端に細かくなったのは、Lの影響だといいます。彼女があれこれと旦那を動かしていたようでその呪縛に耐えれなくなったのではないか??と言われています。
離婚した今でもBは、Lの家にいるそうですが、新しい女性とは、続いているようです。
よく解りません、普通どちらかが出ていきますよね。

離婚もお金がかかります、子供3人の養育費、妻への慰謝料、それらを考えると今のBには、お金がないのか知れません。なので家にいる??かもしれません。

さて、次回いつ彼女に会うことがあるでしょうか。。。。。
[PR]
by gabbyna | 2011-12-16 11:15 | 日々のこと | Comments(0)

Christmas shopping fever

土曜日にお休みだったのでこちらのお友達のKさんと一緒にクリスマス用のプレゼントを買いに地元の繁華街へ出かけてみました。
予想は、していたのですが、物凄い混み具合でした
毎年この時期になると異常ともいえる、こちらの人々のクリスマス・プレゼントを買うという意欲に気おされてしまいます。これは、もう強迫観念じゃないか??と思えるぐらい、凄い意識です。
こういう時にカトリック教国の意識の差を感じます。

特に私は、こちらでは、実質2人ぐらしなので買う必要があるといえば、Kさんの息子君たちへのプレゼントぐらいです。自分の息子は、ネットで買うから必要ないし。そして今回Kさんの息子君たちへのプレゼントも送ってもらった荷物に入れてあったハズだったのですが、Kさんの上のお兄ちゃんのプレゼントだけ、送ってもらった荷物に入ってなかったということがあり、是が非でも買わないという必要性があったのでした。

旦那さんへのプレゼントも買ってないし、まぁこれは、あってもなくてもいいぐらいなのですけど、ないとやっぱり不味いかということで探しに行ったのですが・・・・。
もうどこもかしこも人だらけ。。。人ひとでゆっくりと見て回れません。
が、そこは、私より長く住んでいるKさん、粘り方が違います。他の人がいても完ぺきにマイペースが出来る、それこそ、現地人化している感じがします。
ということで強い味方を得ていた私も頑張ってあれこれと見回りました。

で、ついに彼が必要だというものをゲットしました。そしてそのあとは、旦那のを考えてみたのですが、なかなか。。。で、もうひとつ別のショッピングセンターへ行こうということになり行ってみたのですが・・・・そこは、わが旦那のおばさん達の店があるのでその禁域には、近寄らず!頑張っていろいろと見て回りました。Kさんが旦那さんの友人の娘さんへあげるプレゼントを買ったりして、収穫があり、さすがに疲れたのでそこで休憩をしてから家路へつきました。

毎年、11月までには、準備しておこうって思うのですが、やはり季節的なものもあるので・・・。
あ、まだ旦那さんへのプレゼントが買ってありません。。今週中になんとかせねば!!!
[PR]
by gabbyna | 2011-12-12 11:40 | 日々のこと | Comments(9)

いろんな思うこと、あれこれと。。。。。


by gabbyna
プロフィールを見る
画像一覧