<   2011年 05月 ( 15 )   > この月の画像一覧

好きなもの

さて、段々涼しくなってきているブラジル、カフェ率が嫌でも上がってきます。
もちろん、お茶という手もあるんですが、やっぱりカフェが美味しくなる季節です。

で久々に買って来ました。大好きなカフェです。
f0061977_11384370.jpg

ちょっと光ってしまいましたが、美味しいカフェでございます。

この間日本で滞在したチェーン店のホテルに常設してあったドリンクバーのカフェマシーンのコーヒー豆が
このRainforest Alliance Certifiedのでした。
美味しいんですよ、是非このかえるマークのがあったら購入して飲んでみてください。

URLは、こちら

いろんなカフェを飲みますが、やっぱりCafe com leiteが一番好きな私です。
[PR]
by gabbyna | 2011-05-31 11:54 | カフェ、スィーツ | Comments(2)

ちょっとお知らせ

こちらのブログを書き出して、そろそろ?年が経ちます。
実は、私は、以前R社がホームのところでブログを書いていました。これは、こちらに来てからの日々の愚痴を書きまくっていたのです。

何故かと言うと、私は、この国へ来たくて来たわけではないので、来た当初のカルチャーショックというのが半端なくありました。
大体、若い10代ならいざ知らず、日本人として社会で働き、人間として完成??されだした頃に来てしまったのだからこちらの文化に凄いショックを受けたものです。
それは、学生時代に行ったU.S.Aとかとは、また違ったものでした。あちらは、好きで行った国ですから何でも受け入れます。が、こちらは、ど~~してもNegativeに受け止めてしまうことが余りに多かったものでした。

でもって仕事は、好きでもない客商売を手伝うことになり、言葉もなんか、覚えたのと違う実際に使いこなせないポル語、何でこんな言葉を使わなきゃいけないんだ?!という気持ちも半端なくあり、本当に来た当初、1年で絶対に日本へ帰るぞと思ったものでした。

旦那さんが2年で店を売って、日本へ戻ると宣言したのですが、なんと戻ってきた当初つぶれかけていた店は、2年後は、素晴らしく盛り返してしまいました。(このいきさつは、前のブログに書いてあります。)
で、欲が出た旦那さんは、店をもうしばらく続けると言い出して・・・・そして今に至ります。

はっきり言えば、この店の仕事は、好きではありません、こちらのいろんな階層の人たちが来るし、いやな事が一杯ありすぎます。なのでこのブログは、好きなことを書いていたいと思ってつづってきました。

が、嫌な事があるとやっぱり誰かに言わないとストレスが溜まります。ですが、日本語で愚痴を言う相手というの人が今の私には、ほとんどいません。このブログは、出来たら自分の好きなことのみで埋めていたという気持ちが強いのでストレス解消の為に新たにブログを書き出しました。

多分の毎日の愚痴がメインになると思いますが、興味のある方は、覗いてやってください。
こちらです。↓
Santos Life

お店を辞めてくれたら、こんなブログを書かなくてすむのかもしれません。
でも時々、こうして働いているのでここに我慢して住んで入れるのだなぁって思います。
[PR]
by gabbyna | 2011-05-29 23:39 | 日々のこと | Comments(0)

ちょっとお別れ

私がこちらで頼りにしている友達のKさん、既に在歴16年近くになるそうです。そんな彼女がやっと日本へ里帰りを10年ぶりにします。今月の29日にこちらを出発してイギリス経由で帰ります。

10年ぶりの日本ってどう感じるのでしょうね?!私は、最初に日本へ帰ってのがこちらへ着てから5年近くになろうとしていた時でした。そんな私ですら、いろいろな違いに結構戸惑ったものでした。それから2年おきに帰っているのですが、やっぱり微妙なずれを感じます。
前回帰った時は、子供連れだったそうですが、今回は、一人でのんびりしてきたいということです。彼女も子育てが一段落、子供達も自分達のすることがあるので彼女一人で帰れるというわけです。

今日、出発する前の挨拶に来てくれました。ブラジル人の挨拶は、HugとKissなのですが、流石にKissは、しませんが、凄い勢いでHugをしてくる彼女。このモーションは、きっと日本人的じゃなくなっているだろうって時々思います。
彼女が日本へ行って、この挨拶をしないようにきをつけないとと話したことを思い出します。まぁ今は、日本もHugしてもいいんですよね?!(我が息子は、余り嬉しがらなかったなぁ。)

しかし、彼女がいない1ヵ月半は、ちょっと寂しいなぁって思います。彼女は、私がいない2ヶ月間は、寂しかったといいました。(でも仕事がありますからね。)

大切な家族がいてもやっぱり心を許して話し合える、大切な友達が、必要だよと彼女と意見が一致しました。
そう、やっぱり女子会、必要です。

大切な友達がいなくなったのですが、出来たら久々にサンパウロの友達などに会いに行きたいなぁと思いました。
[PR]
by gabbyna | 2011-05-27 12:17 | 友達 | Comments(3)

塔の上のラプンツェル

この映画は、確か、日本で上映していたなぁって思ったので今回全然映画館とかへ行かなかったので、まぁこれなら見てもいいかと思ってみたわけです。

塔の上のラプンツェル DVD+ブルーレイセット [Blu-ray]

ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社

スコア:



ストーリーは、至ってDisnye式なもの、眠れる森の姫+シンデレラって感じですが、オリジナルは、グリム童話からだそうです。グリム童話って本当に実に奥が深いかもしれないと思いました。
それにしても何時も思うのは、このアニメーションの流れるような動きと表情、何時見てもこれは、魅せられますね。
そして、この主人公の声を担当しているのが、私の好きなMandy Mooreです。彼女の声ってやっぱりいいなぁって思いながら聞いていました。だから歌も良かったです。

Disneyは、次は、どの路線で来るでしょうか?!楽しみです。
[PR]
by gabbyna | 2011-05-24 11:43 | 好きな映画 | Comments(0)

King's Speech

行きの飛行機とは、全く違ったのが帰りの便の映画、それは、新作が一杯でもう見ないでは、入れないって気になりました。特に成田→IAHまでは、本当にいい映画が多かったです。
(多分にContinetal便のほうがUnitedAir便よりもいい映画が多いような気がしました。)

で、やはり見た中でも一番よかったのがこれ、King's Speechでした。

英国王のスピーチ コレクターズ・エディション [DVD]

Happinet(SB)(D)

スコア:



コリン・ファース、彼は、本当に素晴らしい俳優になりましたね。何せ、彼の若い頃も知っている私、あのおヒュー様やルパート・エヴェレットさまたちと一緒にイギリスの学園モノ「アナザーカントリー」に出ていたと覚えていますが、そこから幅広い役がこなせるいい俳優になったというのをしみじみと感じました。
高慢と偏見のBBCドラマ版だけ、まだ見ていないのでこれを見たいと思います。

私の友達は、高校時代にイギリスへ留学して帰ってきたら立派なBritishアクセントになっていたのを印象的に覚えています。書く言う私は、何時までたっても立派な西海岸のアクセントを誇っております。(笑)

このイギリス英語を綺麗に、しっかりと話すというのは、王たる者の務め、、大変だったでしょうと思いました。

そして皇族、王族がいる国に生まれたものとしては、王とか天皇という勤めを持たされた者たちもそれなりの苦悩をもっていきていかなければならない人間だということを改めて思いました。

これに感動をして他のアカデミー賞受賞映画、ブラックスワンを見たのですが、こちらは、確かにナタリーポートマンは、よかったとは、思いましたが、この監督は、きっとバレエが余り好きじゃないのではないだろうか??と思う描き方だったので見るのをやめてしまいました。
[PR]
by gabbyna | 2011-05-23 11:54 | 好きな映画 | Comments(3)

Julie VS Julia

今回の日本行きの飛行機の中で見た映画は、余りいいのがなくて、なんだか、覚えているのがこのジュリーVSジュリアでした。

ジュリー&ジュリア [DVD]

ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

スコア:



メリル・ストリープは、演技が上手いし、いい女優さんとは、解っているものの、どんな映画でも彼女が出てくると少々あ~~またか?!的な気分になるのですが、この年代の女優さんは、微妙なのか、余りいないのか??この役も別の人でもよかったんじゃないか??って思いは、あります。
食傷気味って奴でしょうか?!(それほど、ファンでないのです、ファンの方、ごめんなさい。)
その代わり、エイミーアダムスが頑張っていたような感じでした。
エイミーは、日本へ行く前にこちらで別の映画(LeapYear)を見て、美人なのにコメディが上手いなぁって思っていたのでこの映画でも挫折しながらも全部のレシピをやり遂げる、女性を上手く演じていて好感が持てました。
丁度、エアポケットか、なんかで飛行機がちょっと横揺れを起こしていた時に映画の彼女がメレンゲをあわ立てるシーンが重なって妙にリアルに感じたものでした。
[PR]
by gabbyna | 2011-05-22 11:23 | 好きな映画 | Comments(0)

2011日本滞在記 まとめ

今回の日本滞在は、「東日本大震災」という、未曾有の震災が滞在中に発生したので予定よりも1ヶ月滞在を延長して来ました。
こういう想定外の震災が起こった時に一番愛する家族の近くにいれたことは、本当によかったと思いました。
地球の反対側で実際にどうなっているんだろう??って心配していなくて済んだことは、大きかったと思います。
あの地震直後の映像がこちらでも流れていて、日本全体がツナミの被害を受けたように思われていたので私もそう思ったかもしれません。でも実際は、違いましたから。

この震災後の日本の1週間というのは、特別だったんじゃないかと思います。そこに居合わせれたことを考えると改めて自分が日本人でよかったと思いました。そして今後もやはり日本を応援していくのは、日本人として当然だと思いますし、出来れば、何時の日か、日本へ帰りたいという気持ちが強くなりました。出来たらやはり自分の愛する人たちの近くにいたい!と強く思うようになりました。
それが何時になるのかは、解りませんが絶対に帰ろうっていう気持ちは、確実になりました。

日本は、流行の流れが凄い速い、良くも悪くも流行れば、凄い勢いでそのものが流通して、飽きられればど~んと引いていく、2年ごとに帰る私ですが、それでも前にあったものが今は、ないってことがありました。
この感じが今回の震災の影響でどの程度変わるか??それが次に帰った時に感じることかもしれません。

日本が元気でいて欲しいというのは、日本人誰でも思うこと、海外に住んでいてそれをどう応援するかってことをあれこれと考えています。私達に出来ることなんてほんと、わずかだろうけど、出来ることをしていけたらって改めて思いました。

そう、日本へ行ってショッピングしてきてもらおう!海外に住んでいる皆さん、どんどん里帰りをして日本で買い物をして日本の景気に少し貢献しましょう!

f0061977_2283267.jpg

[PR]
by gabbyna | 2011-05-19 23:07 | 日本滞在記 | Comments(0)

2011日本滞在記 6

今回の滞在の中で結構強烈な体験となったのが私の友達の家。TVで見た時は、こういう女性っているんだろうか??って思ったものですが、まさか!私の友達もそうだったという顛末(苦笑)

彼女とは、私が今の旦那さんと恋人時代に彼女ともあるグループを通じて知り合いになりました。今から10年以上前ということになります、彼女も私もその頃は、まだ若く、彼女は、会社勤めをしながら後に彼女のライフワークになることに熱中していました。
その頃から女性離れした?!大胆な行動にびっくりしていたものですが、当時数日ほど、彼女の家に泊めてもらったことがありました。普通な私の生活スタイルとは、衛生概念がちょっと違うのかなという印象をもったことがありました。
その後彼女も結婚したり、私も自分の生活が忙しかったりとそう会う機会も減っていきました。が、玉に思い出して連絡を取るぐらいでした。
で、すっかりとその当時のことを忘れていた私、彼女は、結婚してその後離婚してシングルになっていたのを聞いていたので今回、どこかいい泊まる宿など知っていたら教えて~なんてメールをしたら彼女が家に泊まっていいよということであ、ラッキーと思い、泊まることにしたのでした。

里帰りの最初の1週間は、いろんな用事があるから交通事情を考えて駅の近くのホテルに泊まっていたのですが、それが終わってから彼女の家へ行ったのです。
行って驚いたのは、彼女の家は、掃除がどれだけしてないのか??って感じでした。玄関や階段などにホコリが積もって対面式の綺麗なキッチン付きの広いLivingもフローリングの床もホコリがあり、台所からは、異臭がしていたのでした。キッチンを見ると流しには、洗ってない食器などが一杯でコンロのほうも使ったおなべなどが重なっていて・・・後ろにあった小さな冷蔵庫の中の野菜は、溶けていたり、底には、何かがこびりついていたり・・・・・。鍋の中の水には、カビが浮いていたのでした。
余りの惨状に私は、固まってしまいました・。ですぐに私は、掃除にとりかかりました。だってそうしないと汚い中で寝なきゃいけないと思ったので兎に角、掃除しました。階段、床の掃き掃除、何故か、掃除機すらない彼女の家、100円均ショップへ行き、放棄やらモップやら買いこんで掃き掃除、その次は、拭き掃除、そしてその後は、キッチンと3時間ぐらい掃除しまくっていた私でした。
冬を経験しなくなって手がアカギレとかこの?年起こしたことがなかった私ですが、手あれが凄くなりました。
お風呂と流しのスペースも広く会ったのですが、洗面台の隣の洗濯機の前は、彼女の衣類が表層雪崩をおこしていたので滞在した1週間ぐらいの間、シャワーも借りませんでした。

その彼女の家に滞在した最初の3日間は、掃除、兎に角掃除って感じでした。何せ、彼女は、忙しい。朝起きて食事を一緒にしたのですが、その後は、仕事へ飛び出ていった彼女、どっちかというと男性みたいでした。彼女は、もしかしたら奥さんが必要だったのかもしれません。
新しい食器を出して使って食事して、そのまま仕事へGo,行くちょっと前の片づけが出来ない。多分帰ってこれば、あるものを使う、なければ使うのだけ洗うというパターン。だから汚れたものが増えていくんですね。

でも普通な私は、使ったら洗って片付けるっていうことを無意識にしているのですが、それは、母が躾けたことなのだなあとその後彼女のお母さんが来て大騒ぎになった時に結局彼女のお母さんも片付けてないといことを見て思ったものでした。

私は、4日間彼女の家に滞在した後、海外から友達が私の帰国にあわせて会いに来てくれるということだったのでその友達とホテルに2泊3日して彼女の家に戻ったのですが、戻ってみたら誰もいないはずの家に彼女のお母さんが来ていて、ドッキリさせられた私、その後、部屋を見ると私の努力が水の泡になっていたのです。それを見て、異臭と余り綺麗でない部屋にいることが精神的にも肉体的にも限界でこれ以上、ここに留まる気持ちがなくなってしまったのですが、タイミングよく?!息子の家のほうへ行く必要が出来たのでありがたく、息子の家へ泊めて貰う事になりました。

実は、彼女の家には、若い猫も飼っていたのでそのトイレとか、発情期とかが重なって少々臭いも凄く、夜鳴きも激しかったのでちょっと猫に対して??という思いが出来たのですが、その後京都のお友達の家の猫をみたらやっぱり猫も飼い主に似るんだなぁっていう事が解りました。

例えば、私の家で物が溢れていても雑然としていてもホコリを被らせておいたままとか、生ごみを台所に放置なんてして置けないし、おかない。こうしておいてアレルギーだって平気で言うのが解らないものです。
その人の家は、その人を物語っていると思います。私は、彼女のこの家を見て今の彼女には、何かが欠けてしまっているんだなぁと思えたのでした。
[PR]
by gabbyna | 2011-05-18 10:46 | 日本滞在記 | Comments(4)

2011日本滞在記 5

日本へ里帰りの楽しみは、やはり!食事ですよね。
今回は、私は、余り外出しなかった?!所為もあって地元での好きな食べ物を食べてきました。
こんなものとか。。
f0061977_2220288.jpg


あんなものとか。。
f0061977_22245916.jpg


唯一??でかけた大阪と京都では、おばんざい系のものを食べに連れて行ってもらいました。
でも京都で食べたのは、インパクトがありました。京野菜ばかりのコースでした。
このお店でした。
f0061977_2223145.jpg

京都の普通の家のような感じのお店で中のでっかい掘りごたつに座って食べた京野菜のお料理は、
結構珍しくも食べ応えのあるお料理でした。

日本人は、野菜をバランスよく一杯食べる料理を一杯知っているのだなぁと改めて思い、その料理を出来たら、
今住んでいる場所でも作れるようになりたいと思う私でした。(まぁ材料がある限りですよね。)
[PR]
by gabbyna | 2011-05-16 22:32 | 日本滞在記 | Comments(0)

2011日本滞在記 4

日本滞在中にやっておきたいことをメモして行き、実行したことがあります。
それは、「韓国式エステ、あかすり」と「マッサージ」でした。

何故、韓国式エステ、あかすりかというと、こちらで毎日シャワーだけの生活をしているのでどうしてもアカとか、体のことが気になっていました。
で、前回の帰国の時に行ったお風呂屋さんでこの韓国式エステがあるのを発見、やろうと思っていたのですが、かなわず、今回絶対にやりたいって思っていました。

しかし、今回帰ってみると一頃ブームだったこのお風呂屋さんがいろんな理由で激変していたのを見ました。日本は、ブームになるとどんどん出来ますが、一旦何かが起こり、ブームが去ると一気になくなるものが多いですね。
ということで今回は、探すのに苦労したのですが、以外に友達が覚えてくれて、彼女のすんでいる区にあるショッピングセンター内にその韓国エステも入っていたので帰る前に行って来れました。
あかすりの前には、30分お風呂に使っていてくださいといわれたのですが、お風呂に長く入って無かった所為か、ちょっと入っていてもすぐに暑くなってしまい、30分はいっていれなかったのであかすりを始めたら担当されたおばさんに「入ってなかったでしょ?!」としかられたりしました。
担当された韓国人女性は、私がブラジルから来ているといったら、親戚にブラジルへ移住した人がいるので韓国のブラジル移住政策の話をしてくれたりしました。
しかし、ひたすら素晴らしく力強いおねーさまのあかすりに耐える30分は、ちょっときつかったですが、その後お肌がつるつるになったのは、驚きました。一皮向けたという感じ。ローションを塗ってもらって終わると
「また来てね~!」と挨拶をしてくれました。最初の凄い怖いイメージが終わると変わってちょっとびっくりしましたね。
しかし、ここまでつるつるになるとは~~~、次回戻ったら絶対に行きたいです。

そしてマッサージ、日本は、いろんなマッサージがあるようですが、今は、タイ式とか、ハワイ式とかあれこれ。で、ネットで自分の駅の近くで出来るマッサージはないかと探してみたらヒットしたのがこちら。
Sakuraさんでした
贅沢にも60分ぐらいのコースをお願いして、施術していただきました。
本当にきもちいいんですよ、着いた翌日だったので時差ぼけなどで眠くなりそうでしたが、その担当していただいた女性がブラジル好きと解り、私がブラジルから里帰りしているとわかって、話が大盛り上がり、眠るどころではなかったのでした。(爆)
しかし、本当にいい気持ちでした。
こういうセルフケアみたいなものが手軽に出来る日本は、やはり素晴らしいと感じたものでした。

このマッサージの後に美容院へ行ったのですが、そこでカラーリングとトリートメントをしてもらいながら爆睡していた私でした。
[PR]
by gabbyna | 2011-05-15 23:54 | 日本滞在記

いろんな思うこと、あれこれと。。。。。


by gabbyna
プロフィールを見る
画像一覧