「ほっ」と。キャンペーン

<   2009年 03月 ( 17 )   > この月の画像一覧

キワモノ好き?!Lady Gaga

最近、よく耳にする曲で気になっていたのが、このLady GagaJust Dance!でありました。


結構キワモノっぽい感じで登場してきたLadyGaga,去年辺りからアメリカのいろんなシーンに出没していて、でも歌は、上手なのは、折り紙つきで若い頃からソングライターとして活躍していた彼女、曲をPCDに提供などをしていたそうである。

この手のキワモノっぽく登場する歌手は、決して嫌いじゃない私。昔を思い起こせば、マドンナもシンディ・ローパーも登場は、キワモノ的扱いだった気がしませんか?!グゥエン・ステファニーもかなりその気が強かった気もするし・・・。

声的には、クリスティーナ・アギレラっぽいきもするし、もっと強い感じも受けるけど、好きな声です。

私の好きなエレン・ジェネレスのショーにも出てきたけれど、口パクでなく、きちんと歌い、スタイルは、あのまま・・・。(爆)素晴らしいパフォーマンスを繰り広げてくれました。

さて、これからの活躍が楽しみです。
[PR]
by gabbyna | 2009-03-30 08:51 | 好きな映画 | Comments(4)

日本舞踊のこと

ニュースで日本舞踊の藤間紫さんの訃報をしりました。

私は、幼い頃から日本舞踊を習っていました。そしてこの方の踊りを拝見したことがあります。それは、やはりまだ幼い頃だったと思います。私の習っていた流派は、この方の流派の亜流なのか?そうだったような記憶がありますが、今では、定かでは、ありません。私の習っていた流派は、今はなくなってしまったようです。

話は、昔に戻りますが、小さい私(3歳ぐらい)は、よくいろんな会に参加させられたものです。大先生(当時の大師匠)が後ろに立ち、私の踊りを影で支える形で私が踊るのですが、自分で言うのもなんですが、その当時の写真を見るとそれは、可愛いのです。なので参加して踊るだけで、喜ばれたらしいのです。そんな会に既に大女優で大手流派のお師匠様である、この方がいらっしゃったらしいのでした。
私の踊りの姉さんがたは、大抵、芸者さんだったので大人の女性の色気とか、艶とかって意外と子供心にも解っていたようですが、この方の踊りを見て、もう格段に違う、オーラというか、華を感じたものでした。楽屋に挨拶に行かされて、挨拶をした覚えがあります。間近にみたこの方の素敵な、美しい顔を覚えていますが、何かを言葉をかけていただいたらしいのですが、それは、覚えていません。

後年、宗家と対立されて、彼女自身の流派を起こされて、その後も踊りで女優でも活躍されたいたようですが、こういう日本舞踊の流派を率いていくだけの華があるというのは、この方ならではだろうなぁと思ったものでした。そして自分の思うとおりに人生を歩まれた様、凄いものです。

憂きも一時 嬉しさも
思い覚ませば夢候よ

何ともなやなう何ともなやなう
うき世は風波の一葉よ

何しようぞ くすんで
一期は夢よ ただ狂へ    閑吟集より・・・・

御冥福をお祈りしたいと思います。
[PR]
by gabbyna | 2009-03-28 13:51 | Favorite Actor | Comments(4)

時々、無性に日本語が読みたくなる週間

暑さもやっと少し落ち着き、朝夜は、大分涼しくなってきたこの頃、私の虫が動き出しました。

そう、無性に日本語が読みたくなる週間が始まってしまいました。

最近、副職の方も余りなく、時間があるのであれこれとやってきたのですが、なんだか、いきなり始まってしまいました。時々、無性に日本語が読みたくなるのです!なんでもいいから日本語が読みたい!というクセが起こると、私は、PCもそこそこにある本を片っ端から斜め読みしだします。

元々、試験が近くなると本を読みたくなる癖がありまして、それが高じて、こうして海外に住んでいて、毎日他の言葉を使って生活をして仕事をしているのでそのストレスの反動なのか??この日本語が読みたくなる週間(月間かもしれないですが)が始まります。

このところ、毎日15分ぐらいの片づけを心がけている所為か、大分家の中(特に居間の部分)は、すっきりとしていて、快適にPCとか、他のことが進みます。で、少し気になっている部分もまだあるのですが、そこを片付ける為にもう一つ、棚でも買おうかと考えているのですが、そこまで困らないので今のところ、様子をみています。

そんな片付けきれてない部分から箱に詰めておいてあるお気に入りの本、主に翻訳モノですが、箱ごとゴソっと出して、机の下におき、取り出しては、読んでいます。一度読んであるのでストーリーも解っているのですが、やっぱり読んでいるとそれなりに入り込むのが楽しいし、忘れている内容も思い出したりして結構本の世界につかることができます。

こういう時、日本の図書館が懐かしくなります。一杯借りれて、まだまだ読みきれない本が沢山あるのって本当に素晴らしいですよね。それが無料で借りれるのですから・・・。時々日本の図書館を思い出して溜息をつきます。

ということで暫くは、本を読みたいと思います。
[PR]
by gabbyna | 2009-03-24 13:26 | 日々のこと | Comments(9)

ブログを探して・・・。

私が今の旦那と再婚をしようとした頃、まだ余り国際結婚のカップルの事情を身近に知ることがなかったので普及しだしたネットでいろんな情報を集めることをしていました。もちろん、まだ自分のPCがなかった頃は、会社のPCを使いまくり、他の人が日本語を読めないのをいいことにいろんな情報を検索して、同じような境遇の人がいないかを調べていたものです。(もちろん、仕事の合間にです。)

それでも私の周りにも実は、少しは、国際結婚の方がいたんですが、それは、アメリカとか、オーストラリアとかのいわゆる先進国で私のような、第三国は、余り情報がないのでした。

で、その頃、国際結婚の情報を発信していたのが「みしゅっく」というサイトでした。偶々、私の元同僚にパキスタン人と結婚をした(筈ですが)人がいて、彼女からこういう情報誌があるよと見せてもらい、そこから知ったと思います。
それから他の国際結婚の人を知り、いろんな情報を頂き、無事に?!私は、今の旦那と結婚したのでした。

日本の国内において国際結婚は、やはり日本人側が面倒を引き受けるように出来ています。当時知らなかった結婚具備証明書とか、領事館への届出とか、それは、気力も体力も必要としたのを覚えています。そしてその頃は、HPが主流だったのでいろんなHPで知り合った人たちの応援は、本当にありがたいものでした。

それから既にネットも凄く発展して私も地球の反対側に住んでいるようになり、HPよりもブログが主流になり、私が持ってきたノートブックは、こちらで電圧の関係で燃えて、全てのデータが一瞬で消失し、好きなHPなどのデータは、全て消えてしまったのでした。

それから毎日忙しく生活をしてきて、やっと時間が取れるようになったこの頃、あの人たちは、どうしているかな??などとふと思い出すようになって、最強の検索サイトGoogleで思い出す言葉のかけらで検索をしてみました。なかなか、思い出せないサイトの名前、いろんなところから見ていき、で、記憶って結構蘇るものだなぁと思ったのですが、この「みしゅっく」を発見して凄く嬉しかったものでした。

そして、後一人の人のブログも発見!(多分その人だと思いますが。)嬉しくなってしまいました。まぁその方々が覚えてくれているかは?ですけれど。

あれからいろんなことが起こったでしょうけど、仲良く結婚を続けている人を見ると嬉しくなります。今のExciteでも国際結婚の方と仲良くしてもらい、どんな国であれ、子育て中であれ、その生活を垣間見せてもらうと日々を大切に過ごしているみんなの姿勢に凄く勇気付けられます。そして自分も大分もう少し日々を大切にしていかなきゃいけないかなと改めて思うのでした。


[PR]
by gabbyna | 2009-03-23 06:20 | 日々のこと | Comments(2)

名は、体を現す?!

私は、カトリックのクリスチャンですからクリスチャンネームがあります。実は、それがこのハンドルの元になっている名前です。そう、Gabrielなんです。あのお告げの大天使、ガブリエルなんです。
それだけでなくて、もう一人の聖人の名前からも頂いています。2月27日の聖人です。一応、私に関係のある日にちなんでいます。
当初、まぁそのままでいいということで(神父様の提案)男性系で行こうかと思ったのですが、でもやっぱり不味いので先にマリアをつけて、Maria Gabrielaと相成りました。

しかし、名は、体を現すというか、カトリックになってこの名前を貰ってからは、より行動範囲が広がり?!、よりいろんな人の出会いがあり、これもお恵みかなぁ~~と思うこともしばしばでした。

よく神父様が「Gabrielのように何処でも飛んでいくしなぁ~~」と言って笑っていたのですが、まさか!地球の反対側まで飛んでくることになろうとは・・・・。本当によくしたものだと思います。

そして、息子達には、上が今のPapaローマ法王と同じ名前で、下がアイルランドの聖人で有名な司祭の名前をつけてあります。上の子は、その時の神父様が勝手に考えて、つけてしまったのでした。その神父様は、バスク系?フランス人で結構頑固でした。(苦笑)なのでフランスの聖人が一番って思っていたらしく、、他の聖人の名前を候補にしてあったのですが、却下されてしまいました。
下の子の時は、神父様(同じフランス人)は、息子の顔を見て?!これでいいですよね?!と出した私の名前のリストから一番目をさして、これと決めてくれたので納得でした。

幼児洗礼を受けさせてよかったか、どうかは解りませんが、私の息子であるのでまぁ納得してくれるんじゃないかと思います。それなりの御加護を願っている親心です。でもって見ていると何となく、彼らの名前は、彼らにあっているなぁ~って思う母であります。
[PR]
by gabbyna | 2009-03-20 13:50 | カトリックのつぶやき

Thank you for the music

このところ、毎日繰り返して聞いているのが、「MammaMia」の最後のエンディングで使われていた、Thank you for the musicです。


I'm nothing special, in fact I'm a bit of a bore
If I tell a joke, you've probably heard it before
But I have a talent, a wonderful thing
'Cause everyone listens when I start to sing
I'm so grateful and proud
All I want is to sing it out loud

So I say
Thank you for the music, the songs I'm singing
Thanks for all the joy they're bringing
Who can live without it, I ask in all honesty
What would life be
Without a song or a dance what are we
So I say thank you for the music
For giving it to me

Mother says I was a dancer before I could walk
She says I began to sing long before I could talk
And I've often wondered, how did it all start
Who found out that nothing can capture a heart
Like a melody can
Well, whoever it was, I'm a fan

So I say
Thank you for the music, the songs I'm singing
Thanks for all the joy they're bringing
Who can live without it, I ask in all honesty
What would life be
Without a song or a dance what are we
So I say thank you for the music
For giving it to me

I've been so lucky, I am the girl with golden hair
I wanna sing it out to everybody
What a joy, what a life, what a chance!

Thank you for the music, the songs I'm singing
Thanks for all the joy they're bringing
Who can live without it, I ask in all honesty
What would life be
Without a song or a dance what are we
So I say thank you for the music
For giving it to me
So I say thank you for the music
For giving it to me

この曲を聴くと学生時代の教養課程で取った音楽の授業を思い出します。M音大の教授のWという先生が授業をしてくれたのです。
私は、日本舞踊を習っていたので他の習い事をさせてもらえなかったのでした。私は、他の子がやっているピアノとかエレクトーンを習いたかったものでした。小学校から中学、そして高校時代、他の子が優雅にピアノなどを弾くのがうらやましかったものでした。
で、大学の授業で音楽をとったのは、美術とかよりも苦手じゃないから、音楽を聴くのは、好きだからということでした。

で、この音大の先生、英語などをやっている私たちに要求したのは、歌うこと、オルガンを弾くこと、クラッシックのコンサートに行くことでした。授業でクラッシックの歌曲を歌わなきゃいけなくなって、「声が出ません、オンチです!」といえば、「音痴は、いません、矯正できます」とより歌をしごかれて、出来ないオルガンを弾かないと単位が取れないので先生に「私は、弾けません、習ったことがないからです。」と直訴したら、個別指導をして教えてくれて、本当にいいクラッシックの音楽会(先生の音大の生徒たちがやってくれるから無料とか、格安で聞けたりした。)へ、行けてよりクラッシックの魅力を知ったりして。本当にこの先生のお陰で私の音楽人生は、ガラッと変わり、より豊かになった気がします。

どんな時にでも慰めてくれる音楽があることは、幸いです。一緒に歌えば心から喜びが湧き上がります。私的には、やっぱり英語で歌われる曲が好きです。

この曲を聞くとそんな先生を思い出して感謝してしまう私です。
[PR]
by gabbyna | 2009-03-19 13:37 | ちょっと昔の話 | Comments(4)

今は、ない私の教会

私がカトリック信者になる為に洗礼を受けた教会は、今は、ありません。

教会が老朽化したことや市の都市整備計画の再開発地域にひっかかり、移転をしてしまいました。私が洗礼を受けた教会は、息子たちもここで洗礼を受けさせてあるので今から??年前までは、あったのです。

この古い教会は、石造りで日本のカトリック教会の初期の作りを色濃く残していました。

小高いなだらかな山沿いに作られた教会、坂を上っていくとそこに教会と中庭をはさんで司祭館、信者会館が並んでありました。

よく日曜のお話の時に神父様が「この坂を日曜ごとにどんな思いで上ってきますか?」ときかれました。すると信者の年配の女性が「日頃の嫌なことを忘れて神様に会うために登ってきます。」と答えました。すると神父様は、「じゃ、帰る時は?」と聞きました。「いいお話を聞いて感謝して帰ります。」
神父様は、「ここにいいことを全部おいていかないでくださいね。きちんと持って帰って他の人にも分けてあげてくださいね。」とよく言っていました。

入り口には、この教会の守護聖人の御像がいつも待っていてくれました。そして中には、私の好きな日本人画家の聖母子の絵が飾られていました。

聖歌隊の席は、後方の2階にありました。そこは、クリスマスの時や復活祭の時に聖歌隊が使いましたが、子育て中のお母さんたちの為にも使用させてくれました。子供は、じっとしていないの普通の席だとミサの邪魔になるというわけです。私も子供を連れてよく聖歌隊の席にいたものでした。そこから前方の神父様のミサをあげている声を聞きながら、背面に飾られている絵を見るのが好きでした。

懐かしい思い出が一杯だったその教会は、今はなく、新しいモダンな教会が遠く離れた場所に出来ました。が、私は、そこへ行くこと徐々に減っていきました。その後、私は、人生の転機を迎えます。

あの古い教会が残っていたらもう少し私の人生を繋ぎとめてくれていたかしら?!とふと思い出すこの頃です。

[PR]
by gabbyna | 2009-03-18 13:26 | カトリックのつぶやき

チョコの季節

そろそろEasterがやってきますね。こちらでは pascoaといいます。
Eatera Egge,こちらでは、Ovo de Pascoaといいます。で、やっぱりチョコレートなのです。

ブラジル名物、Ovo dePascoaは、デッカイチョコレートの卵の中にチョコが入っていたり、おもちゃが入っていたりします。外側の殻の部分は、全部チョコレート!この時期、大小のチョコレートがこれでもかと!スーパーや量販店に飾り付けられていきます。

で、毎年のことですが、チョコレートを買ってきました。
f0061977_13112470.jpg


こんな風な可愛くあっさりしたのを買います。でもこれは、チョコ専門店のです。美味しいですよ。

でもってスーパーや量販店だと・・・
f0061977_13362236.jpg

こんな風に天井からチョコレートがぶら下がっています。この下を歩くのは、結構気を使います。

イースターが終わるまでこの飾りつけは、何処でもやっています。
[PR]
by gabbyna | 2009-03-17 13:40 | 日々のこと | Comments(2)

懐かしい曲に感動・・・Mamma Mia

以前より、他の人のブログでも噂になっていた「マンマ・ミア」を見ました。

マンマ・ミーア! (メリル・ストリープ、アマンダ・セイフライド 出演) [DVD]

スコア:


日本だと今年になってからの公開だったそうですが、こちらでは、既にDVDとして売ってました。日本遅すぎ・・。

この中で使われている全ての曲は、アバの曲なのでそう、オンタイムでアバを聞いてきた世代の私としては、やはり感動するものがありました。あの頃は、世界的に凄いアバのブームを見て聞いてきた私にとっては、凄く馴染みの曲ばかりです。多分、世界中のアバを聞いてきた人たちにとっては、この映画は、楽しめるものだと思います。

しかし、メリル・ストリープ、ピーアス・ブロスナン、コリン・ファースが歌う姿は、何ともFunnyでした。特に最後のドリームガールもどきの衣装で歌う彼らの姿に抱腹絶倒させていただきました。
これは、ミュージカルなんで歌が一杯なんですが、ホント、全部アバの曲でこれまた一緒に歌えるのが嬉しいものです。

しかし、娘の立場だったらこの母親は、相当困りものかもしれないと思いますが、今は、親の立場で見ると、一人で産んでその後一人で育ててきたお母さんの気持ちも解るというものです。
子供を慈しんで育てて、その愛しい娘が他の人の奥さんとして巣立っていくというのは、やっぱり嬉しい反面かなり寂しいものがあるのかもしれないと思いました。
私は、娘がいないので嫁に出す悲哀?!とかを味わうことはないのですが、なんか、自分の母を思い出して感謝してしまいました。息子が嫁を貰う時は、どんな感じだろう悲哀かな?まだまだ先ですが。

しかし、上手い具合に全ての歌がその気持ちを代弁しているというのが非常に面白く、いいなぁと思いました。
今もこの映画が大ヒットしているってことは、いかにアバの曲が世界中に愛されてきたかという証明だと思います。

この映画を見ていたら高校時代の仲良しの友達に会いたくなりました。一緒に英語の勉強を一緒にした私たちは、今は、アメリカと日本とブラジルにそれぞれ分かれて住んでいます。

それぞれ、母親になり、家庭と仕事を持っている私たち、なかなか会うことは、できませんが、今度里帰りしたらやっぱり会いに行こうと思いました。
[PR]
by gabbyna | 2009-03-16 12:00 | 好きな映画 | Comments(2)

頭の整理と身辺整理

時々、仕事が立て続けにど~んと来ると凄くあたふたしてしまう私がいます。何度も見直した筈なのに頭の中は、勝手に正しいと思い込んでいる自分がいます。後で指摘されて・・・ああ、反省!
仕事がないと時間が余るような気がして他のことをしようと思うのに結局何もしない自分がいます。

で、ボォーとTVを見てしまったり、映画を見てしまったりしてしまうのですが、ポルゴも英語も聞きたくないとNHKのニュースを見ようと思ってチャンネルを合わせたら・・・あら、子供番組をやっていました。
NHKの子供番組にお世話になったのは、もう遥か・・・??年前、歌のお姉さんとか、体操のお兄さんとか、もう既に代替わりして誰も解りません。蛇足ですが、この歌のお姉さんが誰かということで子供の年がばれます。(笑)

しかし、最近の子供向け番組は、素晴らしい!いろいろと工夫されて見ていても面白く、楽しくていつの間にか、頭が覚醒されるような番組作りがなされていますね!
で、一番感心したのがこの、ピタゴラスイッチという番組でした。

一番受けたのは、歌でした、しりとりのような、オンの掛け合いのような言葉の続きの面白さ。。日本語っていいなぁと思いながら見ていました。聞いていて何とも面白く、気分がすっきりしたのでした。

で、そんな訳でこれでは、いけないといきなり!身辺整理をしだした私です。(夜中です。)
この間のOgoshuさんの「一つ買ったら2つ捨てる!」という言葉を肝に銘じて?!(笑)、いらないものをよけていきました。(もちろん、捨てるですが、夜中に捨てれませんから~~。)で、気分もすっきりとその日は、眠りについたのでした。

その後、なんだか、毎日店から戻ってきたりして一人だと、いきなり整理をしだす私です。頭の中には、ピタゴラスイッチの歌が流れながら・・・・。


[PR]
by gabbyna | 2009-03-13 12:50 | 日々のこと | Comments(7)

いろんな思うこと、あれこれと。。。。。


by gabbyna
プロフィールを見る
画像一覧