<   2007年 05月 ( 11 )   > この月の画像一覧

Romeo e Juliet

日本語にすると、ロミオとジュリットでなんですが、
何だと思いますか??

こちらでは、よくある甘いものGoiava(グァバ)とQueijo Branco(白チーズ)の組み合わせなのです。

これがパステルに入っていたり、トルタのパンの中身になっていたりするのです。

私の店で売っているのは、こんな感じですが。。白い砂糖のかかっている小さいクロワッサンみたいのなってます。作るパン職人さんで少々大きさが変わります。(苦笑)
f0061977_13281730.jpg

これを100grとか、200grとか買って食べながら出て行く人が多いのです。

ブラジルの甘いものって結構シンプルかもしれません。
日本のほうが凝っていて色々あるものだなぁと思います。
[PR]
by gabbyna | 2007-05-30 13:31 | カフェ、スィーツ | Comments(2)

一緒に帰ろう。

今年の夏にやっとお里帰りができるようになった。
思えば、5年の日々、よくぞ!頑張ったと思える日々を送ってきた私。
石の上にも3年というけれど、3年じゃ足りなかった気がする。

さて、今回お里帰りするに当たり、何を持って帰ろうか??と考え出して、ふと思い出した1冊の本。。。
それは、これ
イタリアン・カップチーノをどうぞ―幸せが天から降ってくる国
内田 洋子 / / PHP研究所
ISBN : 4569571689
スコア選択: ※※※※ イタリアは、ブラジルの母国の匂いがします。

今から5年も前、私は、急遽、旦那さんが先に帰国していたので一人で後から渡航することにしたのだった。
何も知らない初めて行く国に対して、不安で不安で仕方がなかった私。国内線で成田へ着いて、チェックインに手間取りながらもなんとか、チェックインをして、時間が出来たので少し休憩をしようと思った私。でも旅を一緒にする人もいない私は、一人でなんとも頼りない気持ちでだった。
海外旅行へ行くのならまた日本へ戻るという気持ちで出かけるのだが、今回は、どうなるのか??何時帰れるのか??知る由もなく、不安だらけであった。

そんな時間、一人でウロウロとしながら空港のショッピング街を歩き回り、Bookshopを見つけ、入っていった。その店の本棚を見ながら、ふと目に付いたのがこの本であった。文庫本で挿絵もあるし、気晴らしにいいかも??と思って買った本。多分、他にも何冊か買ったのだと思うが、手元に今も残ったのは、この本であった。この本は、イタリアの暮らしが書かれていた。

飛行機の中で読んで、こちらへ来て暫くは、日本の本など手に入る状態でなかったので繰り返し、繰り返し読んだ本となった。

しかし、イタリア人の行動は、本当によくブラジル人に似ている、移民が多いせいもあるし、ラテン系ということもあるのだろ。この本を読んだお陰で、ブラジル人の生態がよく理解できたりもした。

今回、里帰りをすることになり、やっぱりこの本を持っていこうと思った。
[PR]
by gabbyna | 2007-05-29 12:55 | ちょっと昔の話 | Comments(4)

ハマっているドラマシリーズ

この頃、毎朝見ているドラマ・シリーズがある。

CSI.NY のシリーズである。どのシーズンかは、まだ?なだけど。。再放送なので多分前の分じゃないか?と思う。

CSI:NY コンプリートDVD BOX-1
ゲイリー・シニーズ / / 角川エンタテインメント
ISBN : B000I0RE56
スコア選択: ※※※※ この手のものが、結構好きです。

こちらのチャンネルでAXNというのがあり、そこで毎日放映している。多分リピート放送。
丁度、朝の私の自由になる時間なので見てしまったのだが、ハマってしまった。

このNYでの主役のゲイリーさんは、何処かで見たことのアル顔?!と思ったら「フォレストガンプ」に出ていたっけ。しかし、アクのある顔なんだけど、非常、理性的な役には、もってこいの感じでいい。そしてメリーナ・カレカレテスの扮するステラ刑事が結構いい感じである。

私は、犯罪心理系の小説とか好きなので他にも「Bone」とか、「サイコ」なども見ているのだが、CSIは、より面白い。しかし、この分析などを見ているとこの手の技術の進歩がより、リアルで具体的に見えて面白のだ。

私の住んでいる場所は、アメリカよりも危ないといわれている、が、この手の操作を見ているとここは、この手の犯罪は、まだまだあまり多くないのかもしれないと思えたりするのであるから不思議。

このBoxSetを買ってしまいそうな勢いで毎日見ている私です。
[PR]
by gabbyna | 2007-05-26 13:22 | 好きな映画 | Comments(0)

スポーツ好きな人種

こちらへ来てよく海岸沿いの整備された公園の中を通る道をランニングしたり、自転車で走っていったり、歩いていたりする人を沢山見かける。

そして我が旦那さんもよく海岸を走りに行ったりする。
来た当初は、海岸沿いのアパートの一室を借りて住んでいた私たちだったので、私も海岸へ一緒に出かけてみたのだけれど、旦那さんの走りには着いていけないのでひたすら海岸を歩いたりしていてものだった。

今は、仕事時間と家からの距離の関係でどうにも海岸まででかける気にはなれない私。
家の用事、雑用、家事などで時間がかかり、休みの時は、のんびりとしたいと思うので家で快適に過ごしてしまう私は、インドア派なのだ。

が、こちらの人は、よく外に出かける、天気がいいと海岸へいく、そこで思い思いに時間を過ごす。ビーチバレーやサッカーなど集まってしていたり、走っていたり。。やはりスポーツが好きな国民性じゃないのか?と思う。他にすることがないからスポーツをするのかもしれないが、身体能力も高いのでそれにあわせていけてしまうような気がする。

さて、この日曜日に新聞社主催の恒例の10KMマラソンが行われた。
セントロのほうから走ってきて、店のあるカナル7の行き当たりにある総合スポーツ施設のある広場まで走ってくるのだ。
f0061977_13405555.jpg

このアパートの向こう側に見えるのがプール、バスケットコート、流れるプール、体育館などがある広場である。平日でもここで結構スポーツをしている人が多い。

マラソンも気軽に参加している、もう遊びのノリの人が多いのであった。
[PR]
by gabbyna | 2007-05-21 13:46 | 日々のこと | Comments(5)

James Morrisonの声に惹かれた

気になる曲とか、耳に残る曲というのは、一目ぼれに近いものがある。

今回、ストンとツボには待ってしまったのがこの、JamesMorrisonという若手の歌手の声であった。

Undiscovered
James Morrison / / Polydor
ISBN : B000HT35RO
スコア選択: ※※※※  いいハスキーヴォイスです。

この中の曲で今、こちらでよくかかっているのが「you give me something」という曲である。
MTVは、こちら。。

若いらしい、が、声は、ハスキーヴォイスで凄く印象的な声である。心をひきつけるのだ。。
私は、このような声が好きなのである、多分に彼のイギリス人っぽい、発音が絡む声がすきなんだと思う。私の音楽好きルーツは、BritishRockから始まっているから。

もう、気に入って一気にこのCDを買ってしまった!!!

しかし、イギリスは、この手の歌手がよく出てくるなぁ、例のJamesBluntもそうだけど。。。でもJamesBluntは、CD買ってないなぁ。そこまで惚れなかった。。
それよりもJohnMayerのほうが好きだったりして・・・・。
でもこのJames君、顔じゃなくて、声がいいってのが好きです。
[PR]
by gabbyna | 2007-05-18 12:36 | 好きな映画 | Comments(2)

エリザベス・タウン

オーランド・ブルームとキルティン・ダンストという結構今、花の2人が主演の映画を見た。

出だしは、目茶苦茶な感じがするのだが、オーランドブルームの今っぽいやり手の若者が仕事に失敗して、失意に落ち込んでしまう状況になって、その挙句自殺をしようとする、その時に父親の死を知らされる。ダブルショックである。が、彼は、母親の代わりに先にこの父親が行っていた、父のふるさと、エリザベス・タウンへ向かう。
このケンタッキーにあるエリザベスタウンは、アメリカの古くからある小さい市というのをよく表している。皆知り合いだし、こういう冠婚葬祭などのイベントには、町民参加という感じである。

何となく見ていると、昔の頃を思い出した。日本でも私の住んでいた町は、町内会があって、いろんなイベントがあり、子供を含めて皆で一緒にいろいろな行事に参加していたものだった。

そしてその行事には、必ず親が関わっていた。どの親も関わっていた。そして子供達は、皆兄弟のような感じで育っていたものだった。

このオーランドブルームとキルティンダンスとが知り合ってから携帯でず~~と喋っているのが今っぽい。オーランド君扮するドリュー君、仕事も失敗、彼女にも振られて、自信喪失、なおかつ、知っているような未知の市に一人ぼっち、携帯でず~~と話したい気持ちもよく解る。
私もこちらに来た時に知人の友達と携帯でず~~と話していたりしたことが結構あった。
誰かと繋がっているという、安心感があったものだった。

彼のお母さん役のスーザンサランドンって相変わらず、上手いし、綺麗だし、私の好きな女優さんである。彼女が亡くなった旦那さんとの馴れ初めから何故、故郷を離れてカルフォルニアに住んだのかを説明して、最後に旦那さんの好きな曲をBGMにダンスをして見せるところで十分泣き笑いをさせてもらった。

最後のほうにドリュー君がクレア(キルティンダンスト)から貰った地図を見ながらドライブして帰っていくのだがこの地図とBGMになる曲の数々は、私のアメリカの時代からの好きな曲やよく聞いたりした曲が一杯あって楽しかった。アメリカの音楽は、聞いているとその土地を感じるのがある。それも思い出したりした。こういう音楽を聴きながらハイウェイを走りたいと思った。

忘れたいた何かを思い出させてくれた、そんな映画であった。

エリザベスタウン スペシャル・コレクターズ・エディション
オーランド・ブルーム / / パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン
ISBN : B000HKDEUG
スコア選択: ※※※※
何かを思い出させてくれる、そんな映画です。
[PR]
by gabbyna | 2007-05-16 13:27 | 好きな映画 | Comments(2)

Jorge Benjorおじさんは、何時までもパワフル

この間、久々にこの方のMTVでのショーを見たのでした。

実は、彼の声を始めて聞いたのは、我が旦那様と知り合った頃でありました。
我が旦那様が持っていたCDをあさっていると、出てきたのがこのJorgeBenjorおじさんでありました。

日本人でも知っているような曲を歌っている彼。あの有名な!MasQueNadaは、彼の作った曲なのです。
日本では売ってないCDで彼の曲をかけながら歌えるまで覚えたアノ頃、今でもブラジルで彼の曲がかかると一緒にうたえてしまうのです。

彼は、アフリカ系のブラジル人なので年を取っても若々しい。。一体今幾つなんだろう??って思うくらいです。でもって声も以前と余り変わらないのです。

でもやっぱり昔からの曲が好きでMTVでも皆で一緒に歌っていたのは、昔からの曲であり、盛り上がっていました。

いつまでも元気で歌っていて欲しいと思ったのでした。

サンバ・エスケーマ・ノーヴォ
ジョルジ・ベン / / ユニバーサルインターナショナル
ISBN : B00004WZOS
スコア選択: ※※※※
キャリアの長い歌手です。いつまでもパワフルです。
[PR]
by gabbyna | 2007-05-12 14:09 | 好きな映画 | Comments(2)

不思議な強さ、Amy Winehouse

こちら、南半球は、秋に向かっている、というか、急降下中で大分涼しくなっている。
こういう秋??の夜にぴったりそうなのがこのAmy Winehouseの声。。
でも夏の夜にも似合いそうだけど。。

Back to Black
Amy Winehouse / / Republic
ISBN : B000NA1Z1A
スコア選択: ※※※※
不思議な強い声が魅力的です。

一曲目のRehabというのは、スペイン語でリハビリという意味なのだけど。。
彼女に皆がリハビリに行きなさいというのだが、彼女は、リハビリには、行かないわ、いかなくてもいいわと歌っているのだが、なんとも力強い声である。。(笑)

彼女は、Jazzを一杯聞いて育ったと言っていた。祖母がよく歌っていたといった。この間みたTV番組(イギリスの歌の番組)に出演していた時に即興で司会者の弾くピアノに合わせて、Jazzぽく歌って見せた。上手くて、雰囲気が出て、とてもよかった。。

彼女のメークとか、凄くきつい感じなのだが、それにしては、凄く素敵な足の持ち主だなぁと思いながら、その全体のバランスの不可思議さに惹かれて、MTVを見ている私です。
[PR]
by gabbyna | 2007-05-09 23:07 | 好きな映画 | Comments(2)

こうして作られるサポーター魂

日曜に州選手権が終わった。ここ、サンパウロ州は、サントスFCが優勝した。
ブラジルでは、サッカーのファンは、トルシーダーと呼ばれる。そしてその思いは、すご~~く!アツイのである。熱すぎて私には、少々迷惑なくらいなのだけど・・・・(苦笑)

さて、どうやってファンになるか??というと、大抵親が某チームのサポーターなので息子や娘もそうなるというのが一般的なパターン。。

ちなみに我が旦那さんもCというチームの熱心なファンである。ということは、そう、我が旦那さんのお父さんもCチームのファンであるし、兄弟姉妹、果ては、従兄弟姉妹までも!ファンである。しかし、私たちの住んでいるのは、この優勝したチームのお膝元の市である。なのでそのチームのファンがとても多いのも確か。

この間、呼ばれた従姉妹の息子2人のフェスタへ行った時に目にした、飾り付けがこれであった。
f0061977_12491517.jpg

従姉妹は、Cチームのファンであるが、彼女の旦那様は、このチームのファンである、ということで多分にご主人の家の方々は、こちらのチームのファンということで、彼らの息子2人もこうしてそのチームの色に染めていくのでありました。

この真ん中の小さな白いのは、Beijinhosと呼ばれ(小さなキス)練乳で出来ている。黒いのは、チョコレート、ブリガイロと呼ばれている。誕生日フェスタには、必ず出てくる小さなお菓子なのでした。
[PR]
by gabbyna | 2007-05-08 12:56 | スポーツ | Comments(2)

フランス大統領選の同時通訳を聞いて思ったこと

今日は、フランスの大統領選挙があった。こちらでもフランスの動向は、気になるようで日本の総理大臣が変わった時よりも注目されているようでTVもGloboで同時放送をしていたのだった。

私のTVは、ケーブルTVでフランスは、TV5、スペインは、TVE、CNNなどが見れる、日本のNHKも見れるがワールドなのでニュース中心だし、こういう特番は、多分NHK総合などでやるだろうからこの手の番組は、見れない。

なので私がこの生中継を見ていたのは、CNN中心であった。キャスターがフランス人で英語を喋る人を持ってきていた。この女性の英語は、解り易く、今どういう状況かを説明しているのを聞くのには、結構適していた。選挙締め切り後の開票速報が始まり、その様子を説明していたのだった。

同時通訳が始まったのは、ロワイヤル氏が敗北宣言をする時だった。
CNNは、フランス人と思われる人を使っていたような気がする。
つまり、フランス語→英語というパターンだろうな。これが、妙に聞き難いのであった。
どんどん理解しにくくなり、思わずチャンネルをブラジルのGloboに変えてみた。
Globoは、ブラジル人でフランス語→ポルトガル語というやり方なのだが、実に聞きやすいのであった。英語よりも解るじゃないの??と不思議な気になってきた私。

その後TV5へチャンネルを変えてみたらフランス語オンリー(当然)で放映していたのだが以外と聞き易いのだ。
それとなく解る部分がある。字幕がでれば、フランス語は、読めば何となく解るので字幕が出て欲しかったけれどそこは、フランス語放送、出るわけがない。
なのでまたCNNへ戻してみた。まぁ我慢してみて聞いていたのだったが、その同時通訳は、ほんとに聞きづらかった。専門の人ではないのだろうか??と思った。

その後、サルコジ氏の勝利宣言?の時は、CNNは、通訳の人が違っていたようだった。聞きやすかった。でもGloboに変えてみたら、やっぱりこちらのほうがより解りやすいことに気づいて驚いた。

何で聞きにくいのか??ということを後から考えてみたら、フランス語とポルトガル語は、ラテン語系の同じ言葉なので多分、通訳の人の発音に余り違和感がないのだろうと思えた。
フランス語の発音のアクセントの影響が残る人の英語発音は、英語として聞きづらいのであった。

こちらへ来て、5年間ぐらいになるがほとんど毎日使って聞いて話しているのは、ポルトガル語である。そして自分が専門でやってきた英語を聞く場面も話す場面もめっきり減っている。書いたり読んだりしているのもポルトガル語が多い。。

語彙の絶対量は、英語のほうが多いと思うのだけれど、実際に活動している言葉の数は、ポルトガル語も結構確実に増えているということを今回のニュースの同時通訳を聞きながら実感したのであった。

ということで英語の方もまた気合を入れなおして勉強しなきゃいけないかなと思うのであった。

後でNHKのニュースで同じ場面の同時通訳付きの画面を見たのだが、非常に丁寧な同時通訳であった。日本は、レベル高いのだなぁと感心をしたのであった。
[PR]
by gabbyna | 2007-05-07 13:03 | 語学 | Comments(3)

いろんな思うこと、あれこれと。。。。。


by gabbyna
プロフィールを見る
画像一覧