カテゴリ:旅行、trip etc....( 7 )

弾丸ツァー ヲの5 パリからフランクフルトへ

前回をエントリーしてから大分日がたってしまいました。この間、疲れで寝込んでしまったり、仕事で忙殺されておりました。
早いところ、旅の話を書いてしまいたいと思います。

翌日、パリに出かけました。スーツケースを持ってフランスの国鉄に乗り、そしてメトロを乗り継ぎ、無事にオペラ座の近くの旅ステーションへ行きました。
その前にメトロに乗り次ぐ前にTGVのチケットの売り場で朝のドイツ行きの電車の時間変更をしました。前回のリール行きで乗り遅れをしたのでそんなことがない時間帯を選び直し、きちんと手続きが出来ました。友達が居てくれたのでやっぱりそこは、助かりました。
メトロの乗りつぎや、オペラ座へ出る辺りの出方など、今回は、しっかりとポイントをチェック、そして次回一人でも歩けるようにしておかねばと、いろんなポイントの写真を取りました。
スーツケースを無事に預けて、そこから本当にパリ観光が始まりました。美味しいお店でのタパスでのランチ、一杯食べてその後あるかなきゃと思ったので真剣でした。その日は、教会めぐりというか、パリのマドレーヌ寺院や奇跡のメダイ教会、サンシェルビス教会もめぐり、サンジェルマン・デ・プレ教会も散策、美味しいカフェも味わい、左岸のエルメスのお店やユニクロやスーパーなどを見てから家路につきました。夜は、彼女が作ってくれたガレットなどを食べてで満足して就寝。
そして翌日は、朝彼女の村のパン屋さんでできたてのクロワッサンを買い、食べてからカルチェ・ラタン方面へ行きました。バスとメトロであちこち周り、そして一杯あるき回りました。カルチェラタンの丘は、すごい人出いっぱいで教会も同じでした。その後ランチを食べてから念願のセーヌ川のクルーズに行きました。これをしたかったんだなぁ、私は。そして旅行客で一杯のエッフェル塔は、近くで眺め、他の場所も色々と見れました。暑かったのでなるべく外の風に当たられる場所に居て観光をしました。
その後ノートルダム寺院を見て、彼女の家に向かいました。大分遅くなったのですが、彼女のご主人もいて、最後の夜は、彼女の料理とチーズとワインで終わりました。

そして翌日、私は、彼女のスーツケースを借りて残りの荷物を詰めて、一緒に家を出ました。彼女は、出勤私は、ドイツへ向かいます。東駅で彼女と別れ、今回は、無事にTGVに乗ることが出来ました。やれやれ~~~。
そして何とかフランクフルトに住んでいる私の元生徒の友達と連絡を取り、彼女が駅まで迎えに来てくれて、しっかりと再会が出来たのでした。
f0061977_16255254.jpg
f0061977_16282985.jpg


[PR]
by gabbyna | 2017-07-29 16:30 | 旅行、trip etc.... | Comments(0)

弾丸ツァー その4 リールから再びパリへ

リールには、2泊3日の滞在でした。修道院に泊まるということを普通の人たちは、体験しないと思います。私は、カトリックであるし、学生時代から修道院が近くにあり、黙想ということもしていたので割りと平気なのですが、お祈りとか決められた時間などがあるので普通の方は、楽しくないかもしれません。修道士、修道女は、その所属する修道院に誓いを立てて、そこに属して暮らしています。その修道院が観想修道会ならそこに定住しています。活動修道会なら各地にある活動場所に出向いていきますが、基本的には、付随する修道会の中で生活をしています。私の友達は、私の母校の修道会に入ったのですが、我が母校の修道会は、もう日本での教育活動を撤退したので彼女は、フランスの本部に移ったのでした。彼女のいる修道院は、古く趣がありますが、そこはやはり古いゆえのいろんな不便が起こります。
泊めて貰った来客用の部屋は、2人用、一人用の部屋がリフォーム中で使えず、非常に大きい部屋でした。そこは、ハリー・ポッターの学校みたいでいかにも何かでそうな雰囲気でした。部屋の天井は、以上に高く、ドアは重く、トイレ・シャワーは、廊下を出て階段の手前を入っていくというこれまた夜は、肝試しみたいな感じでした。
友達と会える時間も決まっていましたが、一緒に散歩へ出かけたり、町中まで歩いたりとゆっくりした時間が過ごせました。幸いにもラジオを持っていたのでほぼ理解不能なフランス語のFM放送を聞いていました。そして念願のミサに与り、(これも全部フランス語ああ。。)母のことを祈ってこれました。最後の日は、ランチを食べて、タクシーを予約していたのでLille Europeの駅へ送ってもらいました。次に彼女に会えるのは、いつでしょうか?!

Lille Europe駅は、大きな駅でインフォメーションのおじさんの英語が解りにくかったので近くにいたアジア人女性に声をかけたら中国人でしたが非常に綺麗な英語を喋る方で丁寧に教えてくれました。時間があったのでジュースとか買い込んで来たTGVに乗れました。そしてパリへ戻っていったのです。今度は、メトロに乗り無事にオペラ座に。しかし、ここでもやはり方向を間違えて彼女と待ち合わせのスタバに行けず、別の場所のスタバで待っていました。パリは、中国人が多かったですね。
彼女の生活圏であるスーパーに連れて行ってもらったりして夜は、楽しくお喋りをしてから眠りました。夜中に私の寝ているベッドに彼女の猫が乱入するという珍事件もありました。
さて、旅も後半戦、私は、2日後には、友達のいるフランクフルトへも行くつもりだったので大きなスーツケースを何処かに置いて行きたかったのですが、どこがいいのか探していたらオペラ座の近くに「旅ステーション」という店舗があり、空港への送迎サービスとか、スーツケースの預かりをするというのがわかりました。
なので土曜日の朝確認をしてもし預かってもらえるのなら土曜から帰る日まで預けてそこから空港へ送ってもおうということになりました。
翌朝彼女と彼女のいる村のパン屋さんへパンを買いに行きました。その日は、フリーマーケットが開催されていて賑わっていましたが、日本なら絶対に売れないであろうボロボロのものなども置いてあって誰が買うのかね~などと思いながらその中を歩き、パン屋さんへ。ここで買ったクロワッサンやバゲットは、やはり焼き立ては美味しかったです。
食事後、電話でお店に確認して希望通りのサービスを受けれそうだと分かり、スーツケースにもう使わないものとか、お土産を詰めてパリへ行くことになりました。


[PR]
by gabbyna | 2017-06-23 23:13 | 旅行、trip etc.... | Comments(2)

弾丸ツァー その2 ブラジルからフランスへ

続きです。
一日目の夜は、サンパウロ在住の日本人で大手の会社で働いているお友達と飲みに行きました。彼女は、凄く聡明でブラジルで大学も出て、結婚後子育てもしている状態です。いろんな選択種がある中ブラジルで頑張っています。彼女も事前に調べてくれて近くのRio風のBar、Pirajaというところへ連れて行ってくれました。
ここは、ビールが美味しかったです。オムレツもうまかったです。兎に角、早く飲みだして、楽しく飲んで以外に早めにホテルに戻りました。
次の日は、また別のお友達家族と。友達は、それこそ彼女が結婚したてでブラジルに住んでいた頃からの知り合いです。もう??年になるかしら?!今では、可愛い蒸散たちのお母さんとしてまたブラジルに住んで頑張っています。彼女の頼みをちょっと頼まれていたのでその御礼として半日楽しく一緒にお出かけできました。
行った先は、Liberdade,そう昔は、日本人街でしたが、今は、東洋人街です。ある意味雑多でパワフルな街、思い出がいっぱいあるので楽しかったです。
お昼は、Graca de Minasというレストランでした。Feijoadaが食べれて満足しました。凄く楽しく充実した半日でした。
午後3時には、彼女たちと別れ、夕方4時に私の住んでいた市の友達夫婦がやってきてくれました。時間がないということでプレゼントと彼女の依頼のメガネを渡して夕飯もなしで近くのPadariaでお茶して終わりというあっけなさ。この時、友達って時々で変わるものだなぁと改めて思いました。
最終日は、朝から雨、それでも昨日午後、何も買い物に行けなかったので頑張って知っているショッピングセンターへ。タクシーで行った時に知り合った運転手さんに帰りの空港までのタクシーを頼み、買い物をしてホテルに戻り、ブラジル最後のランチを旦那のいとことしに行きました。彼は、今年の2月に日本へ来てくれていて久々の再会でした。ランチタイムだったので急いでインド料理のランチを食べ、午後2時にはホテルに戻り、その後は、空港へ行きました。
午後4時過ぎには、空港へ着き、初めてのAirlineのLatamにチェックイン。南米を飛ぶ、以前は、ブラジルのTAM Airlineは、少々怖い気もしたのですが、まぁ仕方ないです。午後8時のフライトまで時間を潰して、出国のカウンターへ。私のブラジルの滞在は、賞味3日間で終わりました。
f0061977_20281933.jpg
初めてのフランス行きのLatamの飛行機本体は、ボーイング777でした。結構しっかり混んでいて、大丈夫かなとは思いましたが意外と快適、AAより食事も美味しかったし、ワインは、豊富。さすがフランス行きかなぁって思いました。そして無事に!フランスのシャルルドゴール空港につきました。

初めてのフランスの入国は、2度のパスポートチェック、(降りた時点で少し歩いた回廊の先に係員がいた、その後本当の入国審査を受けました。同じ飛行機に載っていた女性(スペイン語を喋るからブラジル以外の国)が引っかかっていて大騒ぎしていました。審査も終わり税関も過ぎてスーツケースを受け取ると、あれまぁケースの横が凹んでいました。が、後で係員に言うとケースがきちんと開閉するのでダメージクレームにならないんだとか。やれやれでした。
それから外に出る前にお金を調達、ロワシーバスでオペラ座まででなければなりません。友達が待っているはずです。頑張って聞きまくり、バスにやっと乗ったら結構日本語が聞こえてきたりして、バスがオペラ座に着くまで少しバスの中で寝てしまいました。

[PR]
by gabbyna | 2017-06-18 20:29 | 旅行、trip etc.... | Comments(0)

弾丸ツァー その1 ブラジルまで

f0061977_00221926.jpg
お久しぶりです。最近あまりこちらを書いていないので多分また1か月ぶりぐらいでしょうか?

実は、この2週間ブラジルへ帰ったり、その後初ヨーロッパ、フランスとドイツへ行ってきました。
日本へ戻ってそろそろ2年近くになります。永住ビザ保持者の私は、2年に一度ブラジルへ戻る必要があります。ということで以前から考えていたのですが、更新するか、そのままにしておくか?という事でした。ブラジルの永住ビザを持っているメリットって何だろう??と思う事、あれこれ悩みながら今回は、更新しておきましょうという考えがまとまり、現在の職場の上司などにお伺いも立てて、許可を得てからチケットを買いに走ったので飛行機の手配が、結構ギリギリになりました。その弊害は、後で書くとして。。。
その前に旦那がやっと今年の5月下旬に日本へ出稼ぎにきたのも私が行く気持ちを後押ししてくれました。これが来なかったら最後まで黙っていこうと思っていたのです。
私と旦那の関係は、もうバランスが崩れているので今後どうなるか?もわかりませんが、彼がブラジルにいたら行かなかったなぁと思いました。

行く経路は、成田を出発、NY経由のSao Paulo着ということになりました。
6月2日に朝家を出て、国内線で乗り継いで成田空港へ。久々の旅行で荷物をどうするか?ギリギリまで悩んだのですが、何時もより小さめのMサイズのスーツケースを買ったのですが、後でこれも後悔しました。(苦笑)持っていく物、必要な物が逆になったりとやはり日本にのんびり住みだしているので感が鈍ったかなァと思いました。
それでも行く前にテキスト代わりに「ひとりっぷ」とか、「ソリスト」という一人旅の名人の本を読んだりしたのですが・。今回の後悔を忘れないためにこのブログに少し書いて残しておこうと思いました。

以外にもN.YのJFKへのフライトは、そんなに苦痛でもなく時間が過ぎました。J〇Lは、やっぱりサービスいいかもと思いました。でもJFKは、結構好きな空港だったのですが、今回あまり楽しくなくて乗り継ぎ4時間というのも適度でまぁ良かったかなと思いました。その後のJFKからSao PauloへのAAは、Videoのシステムが駄目でひたすら寝ていたのでした。ガラガラだったので3つの列を利用して横になれたのが唯一の救いでした。ダメ出しで朝食は、カップ入りのジュース(小)、ヨーグルト1カップ(小)、パン一つでした。AAのサービス悪すぎです。経営がわるいのかしら??って思いました。

そして朝9時30分ぐらいには、Saopaulo国際空港について、そこからパウリスタまで行くバスに初めて乗り、ホテルまで行きました。バスでホテル近くに着いたのは、お昼ちょっと前でしたが、ホテルには、あっさりとチェックイン出来て荷物だけも置いてと思っていたのですが、部屋に入れたので少し着替えて急いで友達たちとのランチのお店へ。そこは、何とホテルの隣でした。今人気のレストランという事で彼女たちは、予約を入れてくれていたのですが、何とレストランは、12時半からオープン。待つこと20分近く、中へ。中は、中南部のブラジルの雰囲気で素敵でした。こちらなどで紹介されています。
彼女たちは、私の元生徒さんたちでしたが、既にブラジルに生活して頑張っています。彼女たちの現状とかいろいろと話すことが一杯でしたが、楽しくお話が出来ました。そしてありがたいことに元気で楽しくブラジルで生活している姿にエネルギーをもらいました。あまり長い時間話せなかったのですが、楽しい時間を共有できました。

続きます。

[PR]
by gabbyna | 2017-06-18 00:24 | 旅行、trip etc.... | Comments(0)

里帰り、Stop overの場所は。。。

この間、里帰り決定と書いてから、始めて自分でチケットをネットで手配しました。今までは、メールを通じてこちらにある日系の旅行代理店に頼んでいました。古くは、T社、A社、最近は、H社とか。
が、今回は、あるオプションを付けることにしたので代理店だと融通が利かないってことに少々苛立ってしまい、友達たちに情報を貰いながら自分でネットのサイトでチケットを手配しました。やれば出来るじゃん!と前からやればよかったなぁ~なんて今更ながら思いました。

しかし、まぁいろんなサイトがあり、何処が一番安いかとか、いい路線かとか楽しくみていました。
今は、こちらが知りたい情報を皆さん、詳しく細かく、説明してくれあるサイトがあるので凄く助かりますね!
英語でやってもいいし、日本語でも出来ると言う、本当に時代の進化を感じました。

さて、私が帰り道に立ち寄る事にしたのは、友達がいるサンフランシスコです。もう一体??年行ってないんだろうって思うぐらい、行ってないんです。私は、LAのほうにいたりして、サンフランシスコなんて一度ぐらいしか、遊びに行ってないのですが、それでも郷愁は、あります。
このサイトで知り合った方も何人かは、サンフランシスコ付近にいるのでお時間が合えば会いたいものだなぁなんてちょっと思っていますが、どうでしょうか?!私は、3泊4日サンフランシスコ近辺の友達の家にに滞在する予定です。

飛行機は、マイルをためているのがJ●Lさんのなのでワンワールド系を使いたかったのですが、そちらだと一度東海岸あたりからサンフランシスコに行き、成田へ行くのにまた東海岸のほうへ戻りそこから成田へ飛ぶというパターンでないと運賃が高くなってしまう事が解り、スターアライアンス系の飛行機の路線になりました。サンフランシスコから成田へは、なんとA●Aさんですよ。ほんと、珍しいです!

さて、サンフランシスコ、何を観光しようかと思いながらも着いたら元同僚さんとランチのお約束をしているので少しブラブラしてからお友達の家へ行こうと思います。何処へ行こうかな??

ここ3カ月のストレスを(まだ続くからもっとかな?!)を少しでも癒す事が出来るように楽しみたいとあれこれと妄想している最近の私です。
[PR]
by gabbyna | 2015-03-15 11:02 | 旅行、trip etc.... | Comments(6)

Belo Horizonteに行きました。

ブラジルに住んで早10年近くになりますが、国内旅行に行く事は、ほとんどなくて何時も地元の市から都会のサンパウロに買い物に出るぐらいが、私のちょっとした旅行なんです。

が、今回、World cupの試合を見る為に行きました!友達の住むMinas Gerais州のベロホリゾンテです。
ここへ夜行バスで8時間かけて行ってきました。飛行機でも行けるのですが(サンパウロから1時間)空港まで行く時間を考えるとまぁ楽かと思い、バスで行ったのですが、次回からはもう飛行機で行きます!

日本のように電車網が、張り巡らされていないブラジルは、国内旅行は、長距離バスが主流です。今は、飛行機もありますが、よく遅れたりするので我慢?!しました。

行ってみたら本当に今住んでいる市と違うのを実感しました。
こちらがWEBSITE

私の住んでいる市は、周りが海、ビーチもあります。が、ベロは、山々山でした。でもって走って行くとなんかアメリカの何処かの州の町に似ていいました。
広い道路が通っていて、山の上のほうが裕福層が住む場所、下が下層階級のファべーらなどがありました。友達の家からの夜景は、それは、素敵でした。

一晩彼女の家にお邪魔したのですが、ブラジルで普通に和食の朝食やお風呂など、彼女の素敵な、お・も・て・な・しを堪能させて頂きました。友達ってありがたいですよね。

街中のMercado centro websiteを2時間ぐらい歩きまわりました。サンパウロよりも大きい感じがしました。そして名産のお酒(Pinga)も美味しかったし、Pimentaも美味しそうなのが一杯でした。来れなかった旦那にお土産もここで買いました。最後は、歩き疲れた感じになったので中2階のベンチに座って休憩していました。

昼を美味しいミナス料理にと思っていたので彼女に連れて行ってもらった所は、改装中で出てきたのがFeijoadaでしたが、これは、これで美味しかったです。

一度家に戻って休憩後、彼女と2人だけでショッピングセンターへ。久々なので盛り上がりすぎて、家に戻るのが遅くなり夕飯に行くのに焦りまくりました。
夜は、美味しいフランス料理のレストラン、Taste-vinへ行ったのですが、これが凄い混み具合、結局待ったのは、1時間以上、スフレが有名で食べましたが凄い大きさでした。
f0061977_23394158.jpg

写真は、WEBからお借りしました。

これがある通りは、凄い混みようで近くのレストランは、どこも一杯でした。
そうして楽しいベロの夜は、更けて行きました。
[PR]
by gabbyna | 2014-07-01 23:42 | 旅行、trip etc.... | Comments(6)

沖縄旅行 Trip to Okinawa

ちょっと自分へのご褒美に沖縄旅行へ行って来ました。2度めの沖縄、約15年ぶりぐらいになるでしょうか。。。

今回は、マイレージがあったのでそれを利用して初めて近場の新静岡空港から出発、帰りは、少しでも滞在時間を延ばす為に名古屋のセントレアにつく方を選びました。が、この後、私の市からは、新静岡空港へ行く直通バスが無いということに気づき、ちょっとショックを受けたのでした。
まぁ一応メインシーズンを外しているので楽にチケットは取れたのですが、ホテルをどうしようかと考えたのですが、幸い、4年前から沖縄に住んでいる友だちがいるので厚かましくも彼女のところへ泊めてもらいました。

水曜日から土曜日までの日程でした。水曜日朝8時ちょっと前のバスで駅へ行き、JR線で新富士静岡空港行きバスが出ている駅まで40分。そしてそこからバスで20分とまぁ連結の悪いこと、これじゃ、空港を盛り上げようったってできません。新富士静岡空港は、本当にコンパクトな空港でまだまだ改良点が一杯かな。
そこから11時5分に飛び立って13時45分には、無事に到着。友達も少し遅れるというメッセージがあったものの、ほぼ同時刻についてくれ、久々の再会。
彼女は、プロの歌手なんですが、彼女の声って本当にいい声なんです。私を「ガビィ~♪」と呼んでくれる声にうっとりしておりました。

この旅で旦那の親戚にまた合うことが目的の一つでした。前回行ったのは、新婚当初で我が旦那さんは、彼のル-ツ、移民したお爺さんの親戚に会いたかったので会いに行ったのです。その時沖縄の人は、ブラジルと似ていると思ったのですが、これは、移民したからブラジルの日系人は、沖縄式を守っているってことなんでしょうね。
今回も無事に会うことが出来ました、電話をしたときは、どうかしらと思ったけれど、喜んでくれたのでちょっとびっくりでした。やはり既になくなっている祖父の兄弟の奥さんは、お年で足腰、頭と弱っているので施設のお世話になっていて会えなかったけれど、家にお邪魔してお祈りをして来ました。

まぁこのイベントがメインだったから後は、行き当たりばったり。超地元密着の沖縄ローカルな旅の日々となりました。それでも楽しかったです。
沖縄といえば、ソーキそば、これを2箇所で食べたり、泡盛を友達と飲んだりしました。道の駅なども増えていたし、スーパーもいろいろとありました。

私は、地元のスーパーなどを見てちょっとしたお土産を買いましたが、一度だけ、夜に国際通りに行きました。しかし、ここは、客引きが凄くて、目当ての物をかって他のものを買おうと思ったんだけど、もうGive up!!
客引きが凄いってどこかで聞いていはいたんだけど、参りましたね。

地域密着型の旅も楽しいけれど、次回は、申し少しリッチな旅にしたいなぁと思いながら帰ってきた私でした。
f0061977_22562711.jpg

[PR]
by gabbyna | 2013-01-20 22:59 | 旅行、trip etc.... | Comments(0)

いろんな思うこと、あれこれと。。。。。


by gabbyna
プロフィールを見る
画像一覧