「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:語学( 48 )

次のステップへ

この間、次の仕事への試験を受けると書いたと思います。実際に試験を受けて、その結果を待っていました。
その間に短期の仕事への準備などが始まり、久々に依然一緒だった元同僚たちと再会したり、短期の仕事が別のもあるような話を聞き、少し先のプランなども考えれるようになりました。もし正規の仕事が落ちても、当分は、また仕事があるからいいし、そしたら少しブラジルへ戻ってもいいかななどとちょっと考えたりしていました。

新しい仕事の準備の研修が一日あり、その翌日が試験結果が郵送される日という事でなんだかそわそわと落ち着かない自分がいて、仲良しの友達と一緒にランチをしながらあれこれと話をして盛り上がっておりました。
でもその翌日は、祭日だったので郵便物は、届かないからなんかなのんびりとしておりました。

で、その翌日の土曜日に郵便は、届きました。一応ドキドキしながら開封をしました。予想を裏切り、なんと合格、任用予定者になりました!
ほんと、予想外というか、でもって直ぐに任用場所も任用開始時期もかいてありました。なんと6月から。でも6月って今の短期のお仕事をいただいているのでかぶさります。嬉しい悲鳴です。
でも結構真剣に悩みました。今の短期の仕事は、前回と同じ会社が声をかけてくれました。前回、声をかけてもらい今の仕事に繋がってきているので本当にありがたかった、会社から声をかけてもらえなかったらどうだったんだろう?って思えるのでできたらきっちりと仕事を終えてからこの新たな仕事に移りたいなと思ったのです。

ということでちょっと悩みましたが新しい仕事先に連絡を入れて事情を説明して開始時期を少し伸ばしてもらえないかと尋ねてみたら案外あっさりといいですよと言ってくれました。
ということで心置きなく今の仕事を終えて、新たな仕事へ移って行けそうです。

今までの事がなんか報われた気がして本当にうれしい私です。やっと日本でやりたかった新たな仕事のキャリアを積むことが出来そうです。
[PR]
by gabbyna | 2016-05-04 00:29 | 語学 | Comments(2)

日本語が変だ?!

長旅を終えて、日本へ帰ってきた人は、多かれ少なかれ味わうであろう、時差ぼけの真っ最中の私、朝5時ぐらいには、起きます。うん、健康的です。

そしてこれまた海外生活が長い人が味わうであろう、日本での不可思議な体験を既にしだしています。それは、コーヒーが飲みたくて「T」と言う頭文字のお店へ行った時のこと。。。。

兎に角、コーヒーが飲みたいわけでスタバのほうへ行ったら長い列ができていたのでそっちへ回ってみたら空いていたのです。ここも結構好きなんですけどね。。。

で早速カウンターへ行ってオーダーをしたんですが、その時にサイズがうん?2種類しかない??ということにすぐに気付かなかった私、Short とTallしかないって?!とまずびっくりしたのですが、その後、「持ち帰りです。」とお願いしたら、
「お手持ちですか?!」と聞かれて、すぐに解らなかった私、otemochi desuka? ってど~~ゆ~~~ことよ?!と瞬間固まり、思わず、解らないと聞き返したら、「おてもちですか?」というわけです。

で、その時は、解らないので英語で話しておきましたが、後になってこういうことだったのか?!と少し理解できたのですが。。多分、正しくは、「手でお持ち帰りでよろしいですか?!」が正解だと思うのですけどね。省略しているのでしょうけど、これ、日本語的にあってないと思うんですけどね。

大体が過剰包装やら過剰丁寧なサービスが多い日本、この言葉づかいは、マニュアルに書かれているのだろうけど、酷いと思いました。

日本人の知らない日本語

蛇蔵&海野凪子 / メディアファクトリー

スコア:



思わず、この本を思い出しました。原作者の方に投稿したいって思いました。
[PR]
by gabbyna | 2012-07-15 06:03 | 語学 | Comments(9)

突っ込みどころ満載の日本語Lesson

新しい生徒が増えて、順風に進むかと思った日本語Lesson..しかし、既に一人脱落者が出ました。
まぁ彼は、既にN3を受けて資格を取っている子なのでN2の資格を取るには、それこそ、もっとモチベーションを上げないと駄目じゃないかと思っていたら・・・やっぱり。彼のモチベーションは、上がらず、これからの大学受験へ専心するということで辞めて行きました。いい大学へ入ってほしいものです。

その代わりに入った子たちは、今は、兎に角、一生懸命、頑張ってくれています。
自らをオタクと言うRとその彼女でもあるCは、16歳と17歳、若いカップルです。それにしてもRは、意欲的。
そしていろんなことを聞いてくるのでLessonもいつも脱線気味になります・・・。

特にCちゃんは、時々ぼぉ~~と空想の旅に飛んじゃっていたりするので現実に戻すのは、大変です。(笑)
でも彼女は、デザインをやりたがっているだけあって、ひらがなとか、かたかなを絵として認識しているようで楽しんで書いています。こういう見方もあるのね~~と普通の日本人には、解らない感覚で書いていきます。

そして日本語会話、タチツテトの音に四苦八苦、それを見ているのは、何ともほほえましく思える私です。

今日もっとも盛り上がった話題は、お寺の階段数、R君が何かのお寺の階段が凄く多いというのがあったといいました。彼曰く、1000段、多分もっと長いのがあるよという話をしたら、どうしてそんなに長い階段を上るのか??という質問になりました。多分人仏教的な意味があるんだと思うよとうろ覚えの返事(私、仏教とじゃないし。。汗)、それに車いすの人は、どうやって登るのか?という話になり、昔は、車いすってなかったから誰かが担いで登ったんでしょう?!ということになりました。
(誰か、階段の長い意味知っていたら教えてください。)

普通の日本人なら気にしないことも外人の目からすると全て不思議に見えるようです。
しばらくは、楽しい授業が出来そうです。そしてもう少し、夢見るCちゃんが頑張ってくれるのを期待している私です。
[PR]
by gabbyna | 2012-04-22 12:34 | 語学 | Comments(3)

感覚的な言葉

Easteも無事に終わり、巷は、やっと普通の生活に戻りつつある、こちらです。
何が何でも休んでやるという意識が強いこちら、今回も5連休ぐらいになって何処かへ行く方々が多かったものでした。

が、最近少し変わったなと思うのは、隣の大学は、先週からテスト週間にぶつけてきたことです。
以前なら木曜日あたりから学生たちは、こないものでしたが、この木曜は、今年になって全く!見かけなかった学生ですら姿を見せたのでした。つまり、試験、これに受からなければ終わらないわけです。
ふ~ん、大学も考えたなぁと妙に感心をしているこの頃です。
という訳で、今週は、ばっちりとテスト週間、学生たちは、早めに来てコーヒーを飲みながらテスト勉強に余念がありません。

そんな学生たちをイジルのが私の楽しみなんですが、毎日話をしているのにやはり理解しにくい言葉というものが存在します。
感覚的な言葉は、自分の中にその感覚に呼応する言葉がないので理解しにくいということがあり、なかなか自分の中に入ってこないものがあります。

どの国でもそうですが、本で勉強して覚えた言葉が実際に使われる音場と違うというのは、多々あります。
未だに??となる言葉、それは、前と後ろ。。
Frente とAtrasなのですが、例えば家の住所を言う時、私たちは、自分のいる場所を基準に考えて前とか後ろを言いますが、こちらは、家の住所の番号に基づいて考えるようで逆になることが多いのです。

これがその瞬時になるとどうしても自分の感覚を言ってしまい、失敗することが多いものです。

後、この前にも書いたのですが、Hugとか、Kissの意味合い、旦那さんが息子へよろしくという意味なんだけれどもKissとHugをという表現を使うのですが、これは、日本人の男の子には、ない感覚なのでどう伝えようか、毎日瞬間悩みます・・・・。最近は、もうテキトーに受け流して答えておきます。(苦笑)

英語でもそうだったかしら??と時々思い出しますが、余り思い出せません。他の言葉でもそういう感覚の言葉の違いに戸惑うことってあるのかなぁと思うこの頃です。
[PR]
by gabbyna | 2012-04-10 23:20 | 語学 | Comments(6)

日本語を覚えたい子たち

この間のオタクの祭典から1週間、例の男の子、R君は、2度にわたり私の携帯に電話をしてきて、「Lessonをしてくれ~~、仲間を集めるからLessonをしてくれ~~」と熱心に訴えてきていたのでした。
それでついに休みの土曜日にオリエンテーションをしましょうということになり、一度私の教室へおいでということになりました。

で、土曜日、午後2時に待ち合わせをしていたのですが、なかなか来ない、あの2度の熱心な電話は、なんだったのかな??もしかしたらやっぱり辞めた~っていう、ブラジル人のノリかな??なんて思ったのでした。

が、30分遅れて彼ともう一人の女の子がやってきました。いわく、ペンが破裂してインクがGぱんについてしまい、行ったん家へ戻って着替えてきたんだそうです。おお、ご苦労様。

何せ、全然知らない子たち、彼ら自身について知りたかったので、簡単なアンケートにこたえてもらいました。

R君は、17歳、今は、午前中は、働きながら夜間の高校に行っています。こちらでは、スタージオと行って高校で働くことくとそれが単位として必要な高校があります。私立高校、普通科などは、必要がないそうですが、専門系の高校は、必ず16歳から17歳ぐらいでこのシステムを体験します。
R君は、銀行、それも国がバックの低所得者層でも口座が開設でき、クレジットをしてくれるCaixaという銀行で働いています。そして結構明確に将来のビジョンを持っています。
今年は、受験の年だから後半は、勉強できないかもしれないけど、今から3カ月は、確実だよと言いました。
一緒に来たKちゃんは、16歳、彼女もスタージオをしたいそうで出ないと高校に行けないと行っていました。

そんな子たちなので今回は、バーゲンプライスでLessonをすることにしました。

必要なものを書きだして、プランを練るR君、将来の為に頑張ってほしいものです。
なんか、何時か日本へ留学したいと行っていました、頑張れ~~。。

そして今まで休んでいたもともとの生徒たちも復活して、忙しくなってきました。流石に一日2回Lessonをした日には、疲れました。休日だったんですけどね。。

ということでこういう生徒は、Welcomeですね、あ、例のGは、何時しか余り店に現れなくなりました、やれやれ。。
[PR]
by gabbyna | 2012-04-02 12:12 | 語学 | Comments(3)

百と千 買い物で使う言葉

今日は、今こちらに滞在している日本人女性2人と一緒にお出かけをしてきました。
彼女たちは、ご主人の短期駐在についてきている方々で、長くても6カ月だけとか、短いと2か月だけとか。。
本当にこれだけ短期だと言葉を覚えている時間がないと思います。

で、英語が通じる国ならいざ知らず、この国は、母国語のポルトガル語を話すことをよしとしているので滞在している身には、さぞかし、大変だろうとお察ししています。
まぁいろんなつてで私と知り合いになり、最初に6カ月滞在予定のKさんとお出かけをしたのが先週の火曜日でした。

来てから既に5カ月近く、本当に近場でもShoppingをしていないというのでShoppingCenterへ行き、女性の大好きなShoppingを楽しむこと、半日、Kさんは、大満足してくれました。
買い物でストレスを発散、こちらのお土産になりそうなものをかってこれまた満足というわけです。

しかし、買い物は、案外言葉を要するものだなぁと改めて思いました。彼女の要求を販売の女性に伝えるのって、細かいことをあれこれ言っているなぁと改めて思いました。

でもってパンを買うにもケーキを買うにも専門店などだとあれこれと言わなければなりません。言葉を言わなくていいのは、スーパーぐらいですがこれまた最後には、あれこれと聞かれます。

滞在中に少しでも快適に過ごしてもらいたいので簡単な言葉は、覚えていただくようにしたいなぁと思いました。

今日の教えた言葉は、ケチと100でした。
こちらでは、100は、センと言います、私がクッキーを100グラム頂戴とポル語で言うのを聴いた彼女たちは、「え?!1000g?!」と反応したのですが、単に100gだけなのでした。

ケチは、Pao duro,パォンドゥロ、意味は、パンが固い、そんなのまで食べるからケチってことで・。(笑)

そんな反応をすっかりと忘れていた私には、新鮮でした。また買い物に行きましょうね~~~。
[PR]
by gabbyna | 2012-01-18 11:16 | 語学 | Comments(2)

新しい生徒の予感・・・・

世界を旅したAちゃんは、無事に日本へ帰国しました。日本についた彼女からお礼のメールが届き、中に「旦那様にありがとうを言っておいてください。」という一文が心に響きました。
そう、旦那と彼女は、実際は、言葉が通じていないので会話が成り立っていなかったのでした。
わが旦那さんは、こちらに戻ってきてからどんどん日本語を忘れて言っているので仕方がないのですが、やっぱり使わないと語学って減退していくかもしれないなぁと改めて思ったものです。

今のブラジルは、まだ学校は、御休み状態であります。早い学校は、今月末から学年が開始になりますが、まぁ休みの多いブラジルは、カルナヴァルあたりまでは、本稼働しないと言っていいのです。
なので私の日本語の生徒たちも一人は、既に大学受験などで忙しくて、11月から御休みだし、もう一人も12月から休みしています。
先生稼業も今のところお休みでしたが、ある一人が、Lessonを受けたいと言い出してきました・・・。
そう、誰あろう、あの!イタリア人男性、ジョヴァンニ君であります。

前からLessonを受けたい!と希望していたのでほんとかよ~~と相手にしていなかったのですが、マジでやりたいと言っていたのが先月の中旬、一応、ブリーフィングを用意しておいたのですが、その後奴は、現れず、やっぱりジョークだったのか??と思っていたらそうでもないということが判明。

一応、明日また相談に来るということでした。。

本当に来るんでしょうかね??本当にやる気があるんでしょうかね??と疑問な私です。
[PR]
by gabbyna | 2012-01-11 11:14 | 語学 | Comments(4)

誰が教えたの??

夜の店のメインなお客層は、ご近所の大学生たちです。
毎日、夜6時半ぐらいから7時半にかけて、授業前のランチに駆け込んで来る人たち、軽く飲み物だけだったり、しっかり食べたり、日によって気分によって食べ方が違います。
でも毎日来てくれている常連の人達とは、顔見知りになっていろんな話をしています。

中には、日本に両親がデカセギに行っていた時に一緒に行って住んでいたりして、日本語ができる子なども出てくるようになりました。彼らは、こちらへ戻ってから高校を出るなどして今は、大学に入っています。
もう日本へ出稼ぎへ行くということよりも、自分の国で未来を掴もうとしているという感じです。
私と日本語で話をして日本語力をKeepしたいという学生もいて、結構楽しく会話をしています。それを聞いて、普通のブラジル人学生たちも「おれも覚える~~!」と簡単な日本語を何処から覚えてきて話をしたがります。楽しいものです。
しかし、こちらで大学を卒業するというのは、なかなか大変です。特に私立は、お金がかかります。なので仕事をしながら夜、大学をするというパターンが多いようです。(国立などは、全額負担ですから普通に昼間の大学です。)まぁ全員が全員卒業できるかというとなかなか難しいのも現実です。(お金が続かなかったり、能力が足りなかったり。。。)入るのは、簡単、出るのは、結構大変なのが現状です。

なので来ると、今日も疲れた~~とか、お腹がすいた~~とか皆あれこれと言いながらランチを頬張って授業に向かいます。そして休憩時間になると一斉に店にやってきてランチを食べて、これまた一斉に授業へ向かいます。私は、普段ならこの時間は、いません。

が、昨日は、旦那さんが寝過して遅かったのでこの魔の時間を引き受けてしましました。
店の中がお客の列で一杯になるっているので早く会計をしないといけません、もう頭の中で計算をして早く、早くとこなしていきます。凄く疲れました。。。

で、昨日は、金曜日、そう、金曜と言えば、「花の金曜日」です。それは、こちらも一緒。学生たちは、勉強が終わった後に店で一杯飲んで帰ります。
その飲み方は、半端ありません。ウォッカ、ビール、ワイン、マティーニ、コニャック・・・・。君たちの胃袋は、底なしか?!と思えるほどです。まぁ金曜ですから仕方ありませんね。

で、私は、やっと店の仕事を解放されて、家に帰ろうとしたら、外で飲んでいた学生たちの誰かが、「アリガト~、アイシテル!!」と叫んでくれました。ビックリ!
思わず、「あ~~、ありがとうね。お休み~~~」と返事をしてしましました。
しかし、誰だ??「愛している」って言葉を教えた奴は??!でもちょっと嬉しくなりましたね。
次は、何の単語を教えてあげようかな~~~。(笑)

では、皆さんもHave a good weekend..bom fim de semana...
[PR]
by gabbyna | 2011-09-03 23:03 | 語学 | Comments(5)

4番目の言語の維持の仕方

誰しも普段使う言葉は、住んでいるその土地の言葉が一番多いと思います。
私も最近は、ほぼ70%、ポル語のみで生活している気がします。が、そればかりでなく、英語も使っているので日本語率がどんどん下がってきているのを実感していますが、そこは、やはり母国語、忘れるわけがないってことですが、一番問題なのは、好きなスペイン語。これは、まったく趣味の部分なので上達は、自分の努力にかかっているのです。

何せ、最近お喋りをしている時間が一番多いのは、従業員たちか、常連さん。自分の思いをよどみなく、突っ込みながら言っている自分が怖くなるこの頃です。それは、お喋りな従業員たちのおかげかもしれません。喋らないといつまでも突っ込んでくる、まったく、ありがたいものです。なのでポル語力は、以前よりも格段にUPしているのです。
で、家にいる時は、大抵CNN,BBCおよびFoxと英語のニュースを聴いているか、アメリカの番組(ドラマとか)を見たりしているし、超マイペースな副業は、英語だし、私的に落ち着ける気分になる英語です。
旦那さんとの会話は、ほぼポル語、そして少しの日本語のMIXということになります。

日本語のTVは、こちらでは、N●Kのしか見れないのですが、時々見ていてイライラとします、なので辞めてしまうことも多いものです。理由は、日本と自分のタイムラグ的なものがある気がします。
なので見ないけれど、まぁ日本語は、そのものが体の中にあるだろうから気にしていません。

そしてこの4番目の言葉、スペイン語です。いつも書いているように私は、スペイン語が好きです。が、現実的に使うことがないのでどんどん忘れて行っている気がするのですが、そうでもないか?!と思ったのが久々に見た映画でのことでした。映画チャンネルで吹き替えであるDubladoで放送していたのがなんと、ポル語でなくて、スペイン語の吹き替え、最初は、う~ん、凄く隔絶がはっきりした人が吹き替えているなぁと思って見ていたぐらいでしたが、しばらくして、あれ、これは、スペイン語だわと気づきました。
で、楽しくって思わず全部それで見てしまいました。(笑)

で、ちょっとその映画のことを調べてDVDで探してみたのですが、こちらでの吹き替えは、英語とポル語版のしか見当たりません。なのでこの映画をそのまま、録画しておきました。

TVEと吹き替えのDVDで4番目の言語をかろうじて維持していけるかな~~?!と思うこの頃です。
販売しているDVDの中には、3ヶ国語が入っているのがあるので気をつけてその手のを買おうと思いました。
そうすれば、スペイン語の勉強にもなりますね。
そういえば、店の常連さんだったチリ人の親子が他の地区へ引っ越し、メキシコ人とアルゼンチン人のカップルもベネズエラへ引っ越していき、会話率が減ってきてしまったのが残念です。
[PR]
by gabbyna | 2011-08-06 12:23 | 語学 | Comments(7)

意識して使う言葉 2

本当は、日々のことに書こうかなと思ったのですが、からみが語学のことなのでこちらのカテゴリーにしておきました。

実は、少し前に旦那さんと喧嘩をしました。長く読んでいてくださる方は、ご存知のように私と旦那さんの趣味の共通項は、サッカーぐらいなものでそういう点に関しては、話をしていますが、普段は、家と店の往復で彼も疲れていると思い、余り話をしなくなってきていました。

その日は、私が休日になった日でお昼を友達とランチにいく約束をしていて、それが終わったら午後3時ぐらいには、家に戻っているから普段の買い物は、その後に行こうということを話したつもりでした。
家に戻ったのは、午後3時半前、その後少しして旦那さんが戻ってきました。近くの銀行へ入金にイッテクルと出かけたので家で待っていたのですが・・・・・、戻ってきません。
30分以上待っても戻ってこないのでどうしようかなぁと思っていたところへ友達のKさんが「買い物へ行こうよ!」と電話をしてきてくれました。でも銀行のカードを持っていないといけないので彼女が来た時に一緒に近くの銀行へ行って見ました。多分、近所のパン屋さんに居て飲んでいるだろうなぁということもなんとなく解っていたのでそちらを先に見に行って見たら・・・・居ました、旦那さん、楽しそうにビールを飲んで中の従業員の子達と笑顔を握手なんぞをしていました。待っていたこちらは、カチン!と来たのでした。で、キャッシュカードをもらって旦那さんを無視してKさんと買い物へ行った私。

買い物をしても気分は、一向に良くなりません。何せ、少ない時間、買い物へ行くという予定があるから友達との時間を早めに切り上げてきたのにと思うと悔しくなりました。
で、家に戻ってその後日本語のレッスンがあったので授業をしました。そして夜、何時もの休日の例に漏れず、夕飯を一緒に食べに出かけたわけですが、その時に私は、旦那さんにはっきりと今日のことを言いました。が、彼に言うには、「僕は、君が出かけて友達と食事をして買い物までしてくるといったと思った。」といいました。私は、そうでない、こう言ったと言い返したのですが、旦那さんは、言ったと思ったということを強調していました。
そこで私は、「一体私達は、どう話をしているのでしょうね??」と彼にもう一度聞き返しました。

考えてみれば、私達は、今でこそ、ぽる語で話していますが、以前は、限りなくMIXした日本語とポルゴだったわけです。が、こちらへ来て私がぽる語が上達するにつれ、彼は、日本語をどんどん忘れていったわけです。意識して使用頻度が高いからポルゴを覚え、頻度が少ないから日本語を忘れていくわけです。
私は、彼が日本語を忘れて欲しくないので日本語を一杯使えっていたら彼は、忘れないと思っていたのですが、やはり現実的に難しくなってきたことを突きつけられた気がしました。

言葉にしないと解らない感情などの説明は、思い切ってもうポルゴで話すことにしました。私もまだまだ言葉が足りてないと改めて思ったのでその分までは、この言葉ももう少しBrushUPしないといけないのだなと思ったのでした。
[PR]
by gabbyna | 2010-11-29 11:56 | 語学 | Comments(2)

いろんな思うこと、あれこれと。。。。。


by gabbyna
プロフィールを見る
画像一覧