「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:Favorite Music( 36 )

R.I.P. Price....

今年は、なんでこんなに私がオンタイムで聞いて大好きだったMusicianの訃報を聞かなければならないのでしょうか?と思います。

毎朝起きるとスマホのニュースチェックをする私ですが、今朝のニュースでビックリしてしまいました。そう、Priceの訃報が出ていたのでした。Priceは、最近の曲でも気に入ったのあり、ダウンロードしていました。
記事を読むとスタジオ兼自宅のエレベーターで倒れていたという事でしたが、その後U.S.A.のサイトをチェックしていたらやっぱりというか、Overdoseらしいということで納得だけど、残念な気持ちが沸き上がってきました。

Priceというと先に亡くなってしまったMicheal Jacksonと時代の人気を2分した人です。明るいMichealと暗いPrinceというイメージが常についていた気がします。
私はやはり「PurpleRainの映画を見てよりファンになったのですが、あの当時の人気は、凄かったですね。
彼は、背が低かったのですが、それをカバーするためにヒールの高いブーツを履いていたのですが、軽々と踊り、歌う姿は、私には凄く印象的でした。衣装とか、化粧とか、凄く個性的でPriceというとそのスタイルが浮ぶくらい、彼のオシャレなイメージは、印象的でした。

そういえば、この間もドキュメンタリーで彼がレコード会社と結構闘争してMusicianの権利を守れるように頑張ってきたというのを見たばかりでそれまで抱いていた単なるMusiciantという彼のイメージがしっかりとしたビジネスマンというものへだいぶ変わったのでした。

他のMusicianたちにも楽曲を提供したりしていた彼、そのギターも素晴らしく、他の楽器もこなし、マルチでなんでもできて自分もプロデュースする、天才的なタレントの彼だったと思います。
そんな彼もやはり薬に頼らないと大変だったのかと、こういう有名な人たちに付きまとう影の部分は、どんなに根が深いのでしょう。その深淵は、見たいものではありません。

しかし、彼の曲の数々は、いまだに輝いているし、これからも私は、聞いていくだろうと思います。
久々にPurple RainのDVDでもみましょうか。

[PR]
by gabbyna | 2016-04-22 23:55 | Favorite Music | Comments(0)

R.I.P. David Bowie...

新年があけて、仕事が始まり、直ぐに来た3連休は、ちょっと嬉しいお休みだといつも思っていました。
土曜日には、Star warsの新作を見に行ってきました。期待しすぎていたわけじゃないけれど、Good だけれど、Excellentでもなかった。BB-8の可愛さには、負けたけれどストーリー的には、そうねぇ的な感じで
主演の女優さんもいいけれど、カイロレンの俳優さんは、ちょっと甘すぎるし、フィン役の人もいいけど、脇役の人のほうが光っていた感じでした。前6作のあのインパクトや輝きには、まだいけないかなぁって感じでした。
で、昨日は、ちょっと初詣の延長にあたる、厄除けのお寺へ行きました。この時のことは、後日書きたいと思います。

で、最後の日の今日、仕事もなく、のんびりとした一日が始まりました。そして普通に終わるかなと思った夕方そのニュースがTVで流れてきました。
David Bowieが,ガンで死去したというものでした。ああ、嘘だ~と思わずTVに叫んでしまいました。
私がかつてRock少女だった時のアイドルであった彼、名作、pace Oddityー彼のスタイル、歌い方は、衝撃的でした。思ったのは、なんて美しい人だろうっていうことでした。私の中学時代は、彼の音楽に彩られていました。音楽の先生が貸してくれる雑誌から切り抜いてノートに張ってスクラップしていた物でした。
グラムロックのスターから彼は、普通のロックのスターにシフトしていきました。次のブレイクは、Let's dance
その音のカッコよさと言ったらなかったですね。
その後は、シンプルなロックをやったり、相変わらずな音を出していたりしていましたが、私も既にRock少女でなくなっていたのでアイドルから少し遠ざかった居たのでした。

前回、3年前に日本へ戻ってきたときにベスト盤を買いました。なんかすごく聞きたくなって買ってしまったんです。そしてituneでWhere are we now?がでたときにああ、やっと音楽に彼が戻ってきてくれたと思ったのでした。そして8日に新しいCDがでたということ買おうかなと思っていたら・・・・ああ、なんていうことなんだと思いました。18か月の闘病をしたといいました。お疲れさま、Bowieと言いたいですね。

私は、かつて一度だけ彼のコンサートを見ています。彼もまだまだ若く美しかったです。彼を見れておいてよかったなぁと今更ながら思うのでした。

Thank you very much for your music.R.I.P.

[PR]
by gabbyna | 2016-01-11 22:46 | Favorite Music | Comments(0)

Uptown Funk

最近、時間がある成果?!時々ネットFMだけを流しっぱなしにしている私。
英語を聞きたいがためにかえているので大体は、News系の番組が多いんだけど、何せ時間がある午後は、時々音楽も聞きたくなるわけです。ということで大抵アメリカの番組を流していると最近のHit系の番組にいきあたります。

で、前から気になっていたのですが、ここへ来て頭のなかでHeavyローテーション的にかかっているのが、
BrunoMarsの「Uptown funk」というやつです。
こちら


ちょっと古い感じのリズムやリフがいい感じですね。
一緒にやっているのがMarkRonsonでDJ・シンガソングライター、プロデューサーで彼のセンスが光っております。

ところがこれをアレンジして学校でやってしまったのがありました。
これを見たせいでよりOriginalが好きになりました。
しかし、これ作ろうって言い出した生徒か、先生か知りませんが、いいですよね。



何となく楽しくなってくる曲ですね。
[PR]
by gabbyna | 2015-02-04 01:50 | Favorite Music | Comments(2)

やっぱりLatin, Adrenalina

昨日書いたように嫌な事も多々あったりして、坊主憎けりゃ、袈裟まで憎いの例えの通り、なんだか、ブラジルのもの、いろいろが余り好きになれない私です。その代表格が実は、ポルトガル語だったりしています。

ご存知のように私は、スペイン語が好きなんですが、ど~~してスペイン語を使う国の人と結婚しなかったのか?!未だに思います。(ないものねだりですかね。)

まぁそんな私ですから時々無性にLatin Musicに嵌まります。今回は、久々にRicky MartinとJenniferLopezがコラボしているものでした。



う~ん、いいですね、RickyとJenniferの絡みも自然と見れるし、この肉食系のJenの迫力は、素敵ですなぁ。2人とも華があります!So Sexyですね。

このWisinと言う人は、PuertoRico出身のレゲトンのDuoの片割れなんですが、結構いいコラボを作ります。今回も迫力当て良かったです。Regetonって本当にLatinですね。
この曲でストレス解消をしています。
[PR]
by gabbyna | 2014-03-18 12:04 | Favorite Music | Comments(2)

American music award2013を見て

こちらに戻って嬉しいことは、こういう音楽関係や映画関係の受賞セレモニーが見れるということです。
日本だとやっぱり直接見れない事が多いのでそういう点では、恵まれているかなと思います。

今回のAMAは、面白いことに日本の息子とSkypeでビデオチャットをしている時に息子に「AWAやっているんじゃないの?」と言われて気がついてそのまま、日本にいる息子にビデオチャットしたまま見たのでした。つまり彼もノートのビデオを通じて見ていたということで何か、一緒にいてみているような気すらしたもので下。現在のテクノロジーに感謝しましたね。

今年の司会者がMr.Pitbullさんだったのでどれだけあれる危なくなるかと思っていましたが、頑張ってノーマルに無難にこなしていました。

受賞も何となく予想できた通りでTylarSwiftちゃんの人気には、目を見張るものがありました。確かに私も今回の「RED」は、CDを全部聞いていたなぁって思うぐらい、それからのいろんな曲がヒットしたんだなと思いました。JTもやっぱり受賞して当然だと思えたし、One directionも良くかかっていたから当然だなあと思いました。

このAwardの中で人気の高い歌手がパフォーマンスしましたが、私的に面白かったのは、JenniferLopezのCeliaCruzへのTributeのメドレーでした。
その前に元亭主のMarcが、好きな男性Latin歌手のカテゴリーで受賞していたのでちょっとどう反応するかと思っていたのですが、自分のパフォに集中していましたね。このパフォーマンスは、素敵でした。

彼女は、Marcとの結婚時代に結構スペイン語が上達したなぁと思いました。転んでもただでは起きない、流石Latinaだと思います。このパフォーマンスの最後のダンスは、凄いです。歌を歌った後でステップを崩さないできちんと踊れているから凄い!と思いました。

TLC、復活でのWaterfallsも嬉しかったけど、LeftEyeがいないのは、やっぱり寂しいなぁと思いました。
[PR]
by gabbyna | 2013-11-27 11:11 | Favorite Music | Comments(0)

Marcの新しいCD

久々に彼の声を聞きました、う~ん、やっぱり素敵!



新しいCDも出たことを知り、早速買いました。

3.0

Marc Anthony / Sony U.S. Latin

スコア:



背が低くても、顔がイマイチでも性格が悪くてもイマイチでも俺様男でも彼の声は、それを超えて余りある、素晴らしさを持っています。歌のうまさもまた一段と上手になった気すらします。

ああ、なんでスペイン語圏の男性と一緒にならなかったのか??と彼の声を聞くたびに思う私です。
(え、次は、其方を狙えですと?!)
[PR]
by gabbyna | 2013-11-24 11:35 | Favorite Music | Comments(0)

Train Drive by

昔からロードムービー的なものが結構好きだったのだけれど、音楽もその傾向もあるようで時々いきなりこんな曲が好きになったりします。

今回は、こちら


このボーカリスト、パトリック・モナハンの顔は、決してハンサムではないけど、味がある顔で結構こちらのカントリー系音楽(セルタネージュ)のダニエルという人にかぶさる顔で印象に残りました。

声が独特かなぁ、あのさびの部分が結構私のツボにはまっているこの曲です。

そういえば、このバンド、結構頑張ってやっているので案外知っている曲(Marry me)などがあるのをこれをかきながら発見しました。

California 37

Train / Sony

スコア:


[PR]
by gabbyna | 2013-11-09 11:11 | Favorite Music | Comments(0)

やっぱりBossは、凄い、Bruce Springsteen at Rock in Rio

期待をしてみなかったというのが本音だったんだけど、見たら、Bossは、やっぱり凄いって改めて感動すらしながら見たのが、このBruceSpringsteenのRock in Rioのステージパフォーマンスでした。

彼は、21日土曜日のトリだったのですが、その前にもFillip FillipsやJohn meyer何かが出ていて、結構いいなぁ~て感じで盛り上がっていたのでBruceさんが最後で貫録は、あるけど、大分最近コンサートなどやっているのか、知らなかったし、年をとったよなぁと思ったこともありで期待半分で見始めました。

が、やはりBruceさんは、凄い、最初にポルトガル語でオーディエンスの心を鷲掴みにしました。最初にブラジル人のRock歌手の曲をポルトガル語で歌ったのです。「Sociedade Alternativa」この曲です。
これでもうブラジル人、一緒に歌えるのでテンションがが~~ンとあがります。

そこから全力疾走していくBruceおじさん、知っている曲もあり、知らない曲もありでしたが、こんな順番
Born in The EUA", "Born to Run", "Hungry Heart", "Thunder Road", "The Rising", "Bobby Jean" "Working on The Highway".う~ん、そういえば、昔の同僚(スペイン人)がBruceさんを凄く好きだったなぁなんて思い出しながら一緒に歌っておりました。

Bruceおじさんは、舞台から降りてファンの中へ入って歌ったり、汗だくになりながらあちらこちら走り回っておりました。その姿に感動!をうけた私でした。

彼のStreetBandには、サックス奏者がいるんですが、確か去年クレランス・クラレンスは、亡くなってしまったので今は、若いおにいちゃんがサックスを吹きながらBruceの後を追っかけてステージの下へ行ったり、登ったりと頑張っていました。この点で月日を感じた私でした。

最後のDance in the Darkでは、ステージを降りて、ファンの中から数人PICKUPして舞台に上げて一緒に踊っていました。こんなところが、気さくで素敵だなぁって改めて思えました。
何時までもアツいRockerでいてほしいと改めて思ったのでした。


[PR]
by gabbyna | 2013-09-24 11:40 | Favorite Music | Comments(0)

Justinは、ちょっと気の毒だった、Rock'n Rio

今週末までのRock'n Rio,先週のトリは、Justin Timberlakeが頑張りました。
Justimは、今、こちらを出して乗りまくっている最中。このCDも買いですよ。

20/20 Experience - 2 of 2

Justin Timberlake / RCA

スコア:



ほんと、いい曲が一杯の彼のコンサートを結構楽しみにしていました。Onairしたのをみていたら・・・う~ん?!とちょっと思ってしまいました。
彼が一生けん命盛り上げているんですが・・・ここは、ブラジルで英語が話せる人って少ないんですよ、彼の曲は、歌詞がいいこともあるので一緒に歌うってパターンをとっているのが多いのですが、アメリカやかしをしっかりと覚えたりしてコンサートに来る律儀な日本でもありませんから、載っていると鼻歌でごまかしちゃう何ちゃってファンの多いブラジルでは、微妙な間が出来るのは、仕方がないという感じでした。

まぁDavidGettaさんやBeyonceのようにノリノリとは、いかなかったかなぁ。つまり勢いやダンスや簡単なフレーズの繰り返しなどだと盛り上がれることのできるブラジルでは、Justin君の歌を一緒に歌おう的なのは、少し盛り上がりに欠ける部分がでて、意外と静かというか、大人しい感じで終わりました。今回のCDのコンセプトだとこれくらいかなって気もしますが。。。

[PR]
by gabbyna | 2013-09-22 11:47 | Favorite Music | Comments(2)

Rock'n Rio・・・Beyonceは、やっぱり凄かった!

ブラジルの夏??になる風物詩というか、まだ春になってないので冬の終わりなんだけど、ここ数年は、毎年行われている、Rock'n Rioが今年も始まり、先週の金曜日から始まりました。
オフィシャルサイトは、こちら

第一回目が実は、1985年に行われて、その後1991年に2回目が行われるまで結構間があったのは、経済などの影響を受けたようですが、この1回目が結構いいメンバーがきていてそれこそ、今では、おじさん世代の語り草となっているぐらいです。(Queen,Rod Stewart, YES、White snake,Scopione)
ブラジル人は、結構ヘビメタ好きですから楽しかっただろうと思われます。
その後3回目が2001年でそこから少し開催の間隔が狭まり、ついでにポルトガルのリスボン、スペインのマドリッドなどと交代に行って来て、来年は、ブエノスアイレス開催になるようです。

で、今年も先週13日から始まり、14、15日、今週の19日20日21日22日と行われます。
もちろん、リオまで行って見れるわけのない私は、家でTV鑑賞ですが、専門チャンネルを見れるので結構いい感じでLiveを見ています。

で、ステージは、午後2時あたりから始まるようですが、メインが出てくるのが夜10時過ぎ、初日は、David Gettaが、出て、メインがBeyonceちゃんでした。
あ、その前にブラジルの歌姫、Iveteさんが出たんですが、ほぼ見てなかった。何時も同じだし。。。しかし、David Gettaは、いろんな歌手とのコラボで一人で全部のヒット曲をガンガンやってしまうので(DJなのでミキシングマシーンで出来ちゃう)もう観客はのりのり、私も大喜びして見ていました。満足!


しかし、その後出てきたBeyonceちゃんは、感動ものでした。


歌も踊りも上手いのは、知っていたけれど、何か、こんなにカッコよく素敵だったとは!と改めて感動しました。彼女は、ブルーアイヴィちゃんを産んでから仕事に戻っているわけだけど、より素敵な女性になった気がしました。
元々デスチャ時代が好きだったのでソロになってからは、当然という感じでそれほど、熱心に聞いたりしていたわけでもないのでした。もちろんヒット曲は、それなりに好きでしたけど。。。

今回は、この後サンパウロでもコンサートをしたらしいけど、熱狂的なファンに抱きつかれてびっくりした映像がでてましたね。ブラジル人熱いから。。。

次のCDからは、もう少し注目します。
[PR]
by gabbyna | 2013-09-18 12:27 | Favorite Music | Comments(0)

いろんな思うこと、あれこれと。。。。。


by gabbyna
プロフィールを見る
画像一覧