カテゴリ:未分類( 22 )

寒い冬 寒い朝に

今年の冬は、寒い気がします。去年よりも寒いと思います。
各地で大雪が降ったり、最近では、強い風が吹いたりしていますね。それに加えて寒い、私のところでも雪が舞ったりしていました。

この寒い月に入ったとたんに我が母が亡くなりました。冬の寒い日の朝、母は、眠るように亡くなりました。
本当にあっけなく逝ってしまいました。そこから今日までなんと時間の経つのが遅かったことか、水の中を歩いているようだと言いますが、
まさにそんな感じでした。去年の11月の中旬に一度厳しい状態になっていたので覚悟は、一旦できていたはずなのですが、その後少し回復して、施設に戻って小康状態だったので母の誕生日の春まで何とか生きていてくれるかなァと期待をしていました。
しかし、我が儘な父の勝手な思いこみで勝手に施設から在宅型の戻すと言い出したので大喧嘩をしたら、父が家を出ていき、老人が多いアパートに引っ越していきました。
そこへ母を連れていくという形を取ったのです。施設に乗り込んで行ったり、ケアマネさんを呼びつけたり、もう大変でした。後で解ったのですが、アパートには、勝手に連れていき契約違反と怒られた始末でした。
私は、息子の父親の病気の件で忙しかったので本当に父が強引にそれをやると思っていたなかったので実行された時には、頭に来ましたが、なんと連れてきて3日目に母は、すぅーと亡くなりました。まるで父のやり方が嫌だよと言わんばかりに。最後の最後の母の抵抗だったのかなと思いました。最後に見た母の顔は、穏やかで寝ているような感じでした。

病気になって7年でした。あちらの国へ行って私がやっと戻ってこれた時に母は、「遅かったじゃないの」と泣きました。それが母が泣いたのを見た最後になったと思います。その後母は、病気を発症してどんどんあちらの世界の人になっていきました。日本へ時々しか帰れないので母の記憶の中には、私は、存在していなくなりました。もし、私が日本にいたら、もう少し近くに入れたら違ったかなと後悔が残ります。
11月からの2か月間は、最後の親孝行をさせてもらっていた時間だったのかもしれません。入院していた時は、見舞いに行き、そっと話しかけたり出来ました。

私が小学2年の時に父側の祖父が亡くなりました。初めての死というものに出会った私は、母に聞いたことがありました。「人は、なんで死ぬのかなァ?」と。そしたら母が、一言「そんなこと、考えていたら生きていけないよ。」と答えたのでした。

日々は、過ぎていきます。今やっと少し言葉にして母の事を書けるかなと思って書きました。


[PR]
by gabbyna | 2017-02-24 23:10 | Comments(2)

Boas Festas!

今日は、31日。残り、4時間弱で2017年が終わります。
今年は、?年ぶりに日本社会に正式復帰して、正規の雇用を得ました。
日本に後4年以上いることが出来そうでは、あります。

自分の家族に目を向ければ、母は、いつ神様のほうへ行ってもおかしくない状態でありますが、なんとなく見ることが出来た部分があり、少し納得しています。
人生は、こういう風に来るのだなぁとしみじみと感じたりしています。
その代りに子供たちの近くに入れて、彼らの節目の時期の様子を見れることが幸せだなァと改めて思えました。

そして自分のキャリアを改めて思えば、今の仕事に就けたことも感謝することがあります。はっきり言えば、かなり嬉しいものがあります。

日本にいることがやはり少々厳しく感じることもあり、来年こそは、ちょっと計画していることがあるので実行できるようになりたいものだと思います。

ここで繋がっている皆様に来年は、健康とご多幸をお祈りしています。来年もよろしくお願いします。

f0061977_19222902.jpg


[PR]
by gabbyna | 2016-12-31 19:22 | Comments(4)

仕事納め

今日、仕事納めをしてきました。はっきり言って、頑張ったね、私とほめてあげたい感じです。
本当に半年、新たな職場で頑張ってきたと思いました。
いかにも日本的な忘年会にも参加してきました。
おばんざいやさんで日本酒などもついて、楽しい時間を今の職場の皆様と分かち合ってきました。
f0061977_22581745.jpg
開始時刻が夜7時で余裕をもって家を出たのに年末の週末の交通渋滞にやられてついたのは、7時過ぎてしまい、私の席は、えらい方の近くと前というポジション。
しかし、そんなことでへこたれる半分外国人化した日本人である私は、一杯美味しいビールを飲み、食事をしてきたのでした。

さて、来年の仕事は、どんな感じになるのか、私にとって少し勉強したい分野も出てきたので頑張っていこうと思っています。何を勉強するのかは、また新年の抱負でも書きたいと思います。
さて、今年も残すところ後4日、やることは、結構あります。

[PR]
by gabbyna | 2016-12-27 23:13 | Comments(0)

FESTA ETERNA・・・・8年ぶりのGANGAZUMBA ライブ

2016年1月28日、私は、東京のLIQUIDROOMに行きました。8年に宮沢和史さんのいるバンド、GANGAZUMBAのLiveを見に行ったのです。その時のブログは、こちら
彼らが8年前の2008年にブラジルに移民100年記念に関係したイベントということでコンサートにきました。そして私の住んでいた市にも来ました。その時、初めて見たGANGAZUMBAの音に触れて結構感激した私、ライブが終わった後、ラッキーにも宮沢さんやバンドのメンバーに会えたのでした。
それから8年、こちらへ戻ってきたまた宮沢さんの音を聞くことが増えて、ふと何かで彼がもう今年の最初のライブで歌を当分??歌わないという記事を読んで調べたらGANGAZUMBAのコンサートがまだあるのが判明、そしてどうしても行きたいなと思い、東京方面に住んでいる友達に声をかけたら一緒に行ってくれる友達夫婦がいたので即刻チケットを買い、泊まるホテルをブッキング出来たのは、ラッキーだったと思いました。

あの頃、私は、自分の将来をブラジルで夫婦で成功していけると思っていたと思います。今彼らの音を聞いたら自分がどう思うだろうと思ってライブに行くのをある意味たのしみにしていました。
行く前に準備と思って買ったLiveのDVDを見ていたら、なんと!8年前のライブ後に宮沢さんたちと直接話していた映像が使われていました。なんとも嬉しい驚きでした。
予備の準備をして出かけましたが、会場に着いたらすでに人が一杯、そして凄い熱気!あまりの暑さに来ていた長袖とカーディガンやジャケットを脱いでロッカーにしまいました。寒くなるかなと思っていましたが、もう最初から最後までず~~と踊っていたりしたので汗かきまくりで寒さなんて全く感じないで終わったライブでした。

バンドも全力投球、今日で終わるわけでなく、FESTAは、、ETERNA、そう永久に続きますと宮沢さんが言ってくれました。そう、フェスタは、永遠に続くというわけです。
宮沢さんが歌を歌うのを辞めるというのは、やはり体力や気力などすべてを出し尽くして歌うタイプだか病気をしたりしてまぁ年齢もきているからなのだろうか?とふと思ったのですが、私が宮沢和史という人の音が好きになったのは、実に私が今の旦那と知り合ってまだポルトガル語が訳も分からず、でも彼との交際に突き進んでいった時期と重なります。その時の私は、彼の音楽を聞いて頑張っていたのでした。私を勇気づけてくれた曲がありました。それは、TheBoomとして作った曲でした。「Ha ja coracao」という曲です。今聞いても何だかその頃の自分を思い出して涙が出てくるくらいです。
もちろん、GANGAZUMBAのライブだからその曲は、聞けなかったのですが、2008年のライブで聞いた、「足跡のない道」を聞いてまた感動しました。曲の意味も分かるし、自分の足跡を考えてしまいました。


盛り上がってなかなか終わらなかったライブも遂に終わりがきました。感動に満たされてライブが終わりました。8年前のようには、会えなかったけれど、ライブ中にハートマークを手で作り、舞台に向けて手を挙げていた私たち、感動をありがとうと伝えたかったです。

その後、寒い外に出た私たちは、近くのワイン・バー見たいところで感動を持ち込み、楽しく話飲み盛り上がりました。ホテルは、彼女たちの家の方面に取ったので帰りは、終電よりも少し早いぐらいの電車を乗り継いて戻りました。

またいつか、彼の歌声を聞くことが出来たらなぁと思いました。8年ぶりなんですもの、次の8年ぐらいなんでもないかなぁ。。でもどこで聞くのかなぁ?日本かしら?ブラジルかしら?それとも他の国??なんて考えてしまった私でした。
[PR]
by gabbyna | 2016-01-30 20:27 | Comments(0)

国別男性の性格傾向

昨日は、只今、当市に滞在している、現役の日本人女子大学生Aちゃんとお茶をする機会に恵まれました。彼女ともこの間偶然あって知り合いになったばかりです。もう、お肌つやつや~~~、髪の毛サラサラ~~、あ~~眩しいわ。という若さ全開のオーラが幸せを分けてくれる感じでした。彼女は、彼氏のところに会いに来ているのです、ああ、若いってエネルギーが出るのよね~とお姉さんは、遥か遠い目をして彼女たちの馴れ初めから現在に至ること話を聞かせてもらいました。

このお茶をした場所は、彼女が滞在している彼のアパートの目と鼻の先、2分もあれば着きます。で、会うことになって何処で会おうかという話になったら、家の近くで!という彼氏からの注文がありました。

なんで??とは、思ったものの、初めてだからまぁ大人しく近場であって少し散歩してもいいじゃんと居住歴10のベテランは、思うわけで、軽くOKをして待ち合わせの所へ行きました。
私が着いてからメッセージを送り、それから彼女が彼氏と手をつないで歩いてきました。お~、Lovebirdじゃん。と全然Loveloveでない事になってしまっているオバサンおねーさんは、窓から見ておりました。入り口でキスしてHugして彼は、彼女を置いて帰って行きました、おい、挨拶ぐらいしてもいいじゃん?!まぁ野暮か。

若いAちゃん、彼氏抜きでお茶ができるのが凄く嬉しいと話しました。まぁ彼に会いに来たわけだし、言葉がまだ十分できない彼女は、何処へ行くにも彼氏がセット。段々鬱陶してく自分らしく行動が出来ないことが悩みというようでした。

確かにブラジル人男性は、束縛するというか、自分は、友達と出かけても彼女には、何処へ行くの?とか誰に会うのとか??結構しつこく聞く傾向があります。そういえば、私も昔そんな時期があったなぁと思いだしました。特にブラジルは、ちょっと危ない場合もあるし、彼女がが可愛いからナンパの被害にすぐ会うこともありえるし、いろいろと考えて過保護という感じを受けました。
彼女は、結構行動的であれこれとしたいという性格で今後このカップルは、継続していけるのかな?!とちょっとおねーさんは、危惧ったりしてそんな話も忌憚なくしておきました。

まぁ伊達に多くの日本女子ブラジル男性カップルを見てきているわけでないので続くかな~とか駄目かなとか何となく分かる感じがします。もちろん、仲良く続けていっていただきたいけれど、まだまだ若いカップル、色々とあるでしょうからね、頑張ってねと応援するぐらいしか出来ないのでした。

あまりにいろんな事を話す事で盛り上がっていたらあれまぁ、彼氏が直接迎えに来ちゃいました。でもまだ話し足りないということでもう少し時間を貰って彼女と話をして、是非またお出かけしましょう!ということでお開きにしました。もちろん、彼氏がお迎えにやって来ましたよ。

これからいろいろとある若い彼女たちを見ているとなんか、私まで少しワクワクしてきて彼女たちの今後を見せていただきたいと思いました。私も頑張ろうっと。(何を?3度めを狙うか?!う~ん。苦笑)
最近のお気に入りのED Sheeran、どうしてこんな顔でもいい声なんでしょうね。






[PR]
by gabbyna | 2015-01-24 09:32 | Comments(0)

日々、改めて修行のような食事作り。

1月も10日過ぎとなりました。
毎日、猛暑に疲れながら、食事作りに悩む兼業主婦となってしまっています。

しかし、本当に主婦の方々、偉いなあと思います。ええ、もちろん私も今まで食事作りしていきました。
が、最近は、朝食と夕食、旦那と一緒という苦行慣れない状況に頑張って毎日食事を考えているのです。
考えてみれば、主人と一緒に朝食なんて一体10年以上も食べてこなかったので彼が一体何を食べたいのかすら解らなくなっています。
ということで友達に何かヒントをちょーだいとFBに投稿したら皆のアイディアを頂きました。

でも結局パターンが決まってきて、朝は、インテグラルのパンと果物、豆乳かジュース、ハム・チーズというラインアップ。
これ以上でも以下でもないぐらいでいいかというラインにしました。

で、夕飯ですが、この暑さで本当に参っています。日本は、寒いという事をニュースで見ていますが、こちらは、暑いので夕飯を作るのが嫌になります。でも食べないといけないから頑張って作っています。それは、どうも苦行といか、修行のような感じがします。
それほど、のんびりとマイペースで夕飯を作り、食べたり食べなかったりする旦那の気持ちは、考えないで自分が食べたいものを作っていたのですが、今は、どうやっても食べるからちょっと相手の気持ちを考えて作るように努力しています。

日本の料理本がほしい!と思うこの頃です。


[PR]
by gabbyna | 2015-01-11 01:00 | Comments(4)

あけましておめでとうございます。

2015年もあけて、既に4日が過ぎました。
あけましておめでとうございます。今年も宜しくお願いします。

店もないのでひたすら家にいる私となっています。かなりの引きこもり状態です。何せ出かける用事がないからほとんど家にいます。が、家で仕事もしているので年始早々のお仕事もあったりして家にいても暇~ってわけでもないのです。有難い!
今年の抱負としては、少し違う事をしたいというか、何か新しいことに挑戦したいなぁと思っています。
それが、ここでやるか、どうかは、まだ未定なのです。あれこれと考えては、いるんですが。

それにしても毎日旦那が家にいるってハッキリ言えば、すごく苦痛です。何せすれ違い生活でエンジョイして生きてきましたから、もう10年以上このスタイルだったのに旦那がいるとそりゃもうストレスが凄いです。早くどうにかしてもらいたいものです。他の店を開店するでもいいし、全部売っぱらって日本へ行くでもいいし・・・。でもその前に貸したお金とか返してもらわないと!!!
この辺りがどうにも不満が抑えきれないのです、一応身内なので旦那がどうにも強く出ないのが頭にきます。こちらの被害などを提訴してやれと何時言っているのですがね。

そして私の年末年始の不満がこのところ、頂点に来ています。
何せクリスマスは、叔母の家へ、ここでも当然ながら店の閉店の件で腫れ物に触る状態。そこからお休みなのですが、旦那は、店の中の機器、備品などの解体搬出で忙しかったのでそれなりにだったんですが、31日その解体などの手伝いをしてくれている人達とシュハスコをしました。この時点では、まぁいいでしょうでしたが、夜中のカウントダウン前に夕方から寝てしまった旦那、私は、一人でビールを開けて新年を祝いましたよ。そこから毎日シュハスコ、ない日は、家でひたすら寝ている旦那、もう呆れて何も言いたくないって感じです。

暑い年末年始は、北半球で生きてきた人間には、どうしても我慢できないものです。せめて正月らしく、祝いたいと思ってもそれは、無理だと改めて感じたこのお正月です。今後は、年末年始は、日本へ帰らせていただこうと思います。やってられない!

こんな波瀾万丈状態で始まった2015年ですが、どうなることでしょうか?!ご期待ください。
f0061977_09560234.jpg
一人で飲みながら見ていた恒例の海岸での花火でした。まだ派手でした。(笑)


[PR]
by gabbyna | 2015-01-05 09:57 | Trackback | Comments(4)

Feliz Ano Novo 謹賀新年

2013年、新年明けましておめでとうございます!
今年もよろしくお願い申し上げます。

さて、10年振りの日本のお正月、らしい事をしたくて、元旦に初詣に行ってきました。
でも午後に行ってきました。
なのに結構な混み具合でそれは、それでいいかな⁉と思える自分が、面白かったです。

参拝に出かけた神社は、昔からあるのですが、何時の間にか⁈綺麗に立て替えたようでした。

で、気になったのが、狛犬!
こんなにワイルドだったかしら??
思わず写真撮ってしまいました。
f0061977_08539.jpg


今年も皆さんにとって良い年になりますように。。。。
また、ここでお付き合い、お願いします。
[PR]
by gabbyna | 2013-01-02 23:55 | Comments(4)

夢の国で

f0061977_1559022.jpg

みんなが、好きな、夢の国、Tokyo Disneyland へ行ってきました。
息子への慰労??を兼ねてです。
そして友達とも会って、楽し時間を堪能してきました。
何も考えないで楽しい時間を過ごせる幸せに感謝しました。
さてまた、現実の厳しさに戻りましょうか。。。。
後ろ髪を惹かれながら帰途につきました。
f0061977_1559116.jpg

[PR]
by gabbyna | 2012-12-11 15:50 | Trackback | Comments(2)

mixture;005

f0061977_23181487.jpg

友達が、出演する、ライブに行ってきました。
彼女は、Jazzを歌うのですが、このイヴェントは、いろんなタイプの音楽を見たり、聞いたり出来ました。

ベリーダンスを真面目に見たり、hip hopを聞いたり、楽しかったです!

年内にもう一度、ライブへ行こうと思っている私です。
冬の夜、寒いけど、頑張って出かけます。
[PR]
by gabbyna | 2012-12-03 23:10 | Trackback | Comments(2)

いろんな思うこと、あれこれと。。。。。


by gabbyna
プロフィールを見る
画像一覧