こちらも私、あちらも私

さて、ここに来てくださる方の半分以下ぐらいは、私が他でブログを書いているのを御存知かと思います。そちらには、日々の愚痴を一杯書いている私です。

何故、愚痴が一杯出てくるかといえば、店を経営していて、直接関わらなければならないブラジル社会の酷さに辟易してきたからなのです。日本の常識なんて超えていて・・・もう、あなたの知らない世界でした。

ブラジルでわが主人が自営業を選んだかというと、それは、日本へ行って貯めたお金を元手に何か商売をしないと余りいい仕事が無かったことが原因なのです。こちらでいい給料の仕事に就くには、大学を出てないと駄目なのです、そしていいコネ・・・。ということでうちの旦那さんは、自営業をすることにしたのです。

しかし、経営となると身内ですら信用が出来ないのがブラジル、わが旦那さんも身内同士でも随分と大変な目に合い、結局私も働かせて!今の店が成り立っているというわけです。

つまり私は、現実では、ブラジルでパダリヤを経営しいてる旦那さんを支える奥さんですが、その一方で翻訳業も何とかやっている女性なんです。

なので普段私は、理解不能なブラジル人の行動に悩まされながら、仕事をしているのです。なので不平不満が溜まるわけです。で、あちらのブログには、もうこれでもか~!と一杯愚痴を書いてきて、今も書いてますが・・・(恥)、今に至っているのです。

が、ある時に自分の本当に好きだったものを書いておきたいと思い、こちらのブログに少しずつ、書き出したのでした。音楽、ダンス、本、映画・・・・考えてみれば、余っている時間は、結構これらに使ってきたなぁと思います。そして私は、語学が好きです、英語が大好き、スペイン語が好き、そして実際に使う頻度が強いポルトガル語は、余り好きではありません。

時々仕事が入ってきます、そうなると私は、PCとにらめっこをして翻訳をしています。そういう状態も好きな私です。

そう、こちらも私、あちらも私なのです。あちらは、店を辞めたら終わろうと思っています。出来れば早く店の仕事は、したくないなぁと思っています。

私が毎日戦っている可愛いお客さんの一人、いつまでもこのぐらいだと可愛いのですがね。
f0061977_12304022.jpg

[PR]
Commented by 愛し恋し at 2008-11-20 18:56 x
どこの男の夢も、「ビジネス!」「開業!」のようですね。うちの旦那もそんなこと言ってる時期ありましたけど…。私が「そんな資金、一体どこから出てくるの?」の一言に黙りました。イヤな嫁・笑
自営業って、左団扇になるまでは本当に大変だと思うし、何だかんだ言ってお手伝いされてるgabbynaさん、エライと思いますよ。先日のミステリー・ショッパーの話もウケました。遠い昔、K○Cでアルバイトしてたことを思い出しました。
接客業、私は大好きなのですが、可愛いお客「様」だけでは、ないですもんねーー・涙
Commented by chimamotto at 2008-11-21 08:53
確かに、こんなお客さんだけなら毎日癒されますね~。
Commented by gabbyna at 2008-11-21 21:46
愛し恋しさん
「自分の店」というのは、いいんでしょうね、私は、やっていてもう辟易している部分があるんですけどね。大体が人と対面して仕事するの好きじゃないのです。
K○Cで私もバイトしたことがあります。マニュアル、凄かったですよね。

Chimamottoさん
この子は、髪が見事な赤毛でいつも堂々と店に入ってきて会計の前で動きません。帰り際には、必ず投げキッスをしてくれます。流石!ラテン男!
by gabbyna | 2008-11-20 12:32 | 日々のこと | Comments(3)

いろんな思うこと、あれこれと。。。。。


by gabbyna
プロフィールを見る
画像一覧