日本語が・・・・。

海外生活をして、早6年目が過ぎようとしている、それで最近、あることで指摘されて、結構落ち込む原因になったのが、私の日本語が変?!ということであった。

私は、仕事として英語の先生をしたこともあるし、その後翻訳の仕事をしていたこともあるし、通訳もやったりしてきた。なので英語とか、ポルトガル語とか、スペイン語を勉強してきた。
が、実際は、国文科へ行ったら??とか言われたこともあるくらい、古文、漢文を交えても国語が好きであった。

本も偏っているが一杯読んでいるし、こちらへ来ても読書は、しているのでまさか、そんなことが自分におこるなんて思いもしなかった。

海外に住んでいる方は、解ると思うが、日本語に飢えるってことが起こると思う。その為にとにかく本が読みたくなった私であった。

こちらへ来た当初、家がまだ出来てなかったので本とか、日本から取り寄せれなかった。なのでこちらにいる年配の日本人女性の方から借りて、読ませてもらったりした。日本では、絶対に手に取らないようなタイプの本すら、嬉しくて読んだものだった。

なので自分が日本語がおかしいくなることは、ありえないって思っていたのであった。

自分の日本語がおかしいって言うことは、自分がやっている、PlanoBのお仕事で発見した。指摘されて読み直してみると、本当に日本語が・・・変であった。つまり文法が逆になっているし、言い回しが長くなってきているのだ。今更ながら、日本語の難しさを感じたりしている私なのでした。

しかし、久々に落ち込んでどうしたらいいのかな??と悩んでいた時、どうしたらいいのかな??と思い、毎日DVDで日本のドラマを見たり、ネットを通じてTV番組を見たりしていたのだけれど、気づいたのは、一日に一体何時間日本語で話すことがあるのだろうか?!ってことだった。

今、私は、旦那と2人暮らし、旦那さんは、どんどん日本語を忘れていく、元々日本語が出来た人でないので使わないから忘れるのは、早い。。。だから一日に1時間も話せればいいほうだ。

なので気持ちを変えて、なるべく友達と話そうということにした。
こちらにいる数少ない日本人の友達や、ネット電話を使って日本にいる友達に電話をする。。
旦那に文句を言われてもいいや~~と思うようになった。

自分の母国語をもっと大切にしていかないといけないものだと改めて思ったのであった。

論文の教室―レポートから卒論まで (NHKブックス)
戸田山 和久 / / 日本放送出版協会
スコア選択: ★★★★   少しは、こういうので勉強しなおそうかなぁ。
[PR]
by gabbyna | 2008-03-17 13:12 | 日々のこと | Comments(0)

いろんな思うこと、あれこれと。。。。。


by gabbyna
プロフィールを見る
画像一覧