「ほっ」と。キャンペーン

Rio Olimpiada, リオ・オリンピックが近づいてきましたね。

日本のTVを見ていると最近は、「オリンピック2016」にちなんだコーナーが、あちらこちらのニュース番組、バラエティ番組などで作られていますね。それを見ていて思うのですが、日本人は、オリンピックが好きだなァと。
確かにスポーツの祭典ということでオリンピックが魅力的なのは、認めますが、日本で見るオリンピックは、なんというか、他の要素が多すぎて少々疲れたりしてしまいます。

面白いのは、いろんなリオでの対策を講じて皆さん、ブラジルへ行かれているようですが、いろんな意味でブラジルの洗礼を浴びているのを非常に面白く感じます。

例えば、シャワーが水になったという事で驚いた体操の選手がいますよね。ブラジルの暑い地方、北部のほうは、大体夏は、水シャワーです。うちの旦那さんは、南西部地方ですが夏だと水シャワーです。日本人の私は、さすがに無理ですが。
そして体操の選手でお風呂の入浴剤をあれこれ持っていったらバスタブがないという事で無駄になったと嘆いたという話が出ていました。大体のアパートは、特にブラジル人向けの普通のアパートには、浴槽は、ありません。あるのは、豪華なホテルやいいマンションなどにあります。お湯を沸かすという設備は、結構お金がかかるので普通の家では、ないのです。最近は、熱いお湯が出るシャワーの設備が手軽に買えるようになりました。

柔道の前回オリンピックのチャンピオンである某選手は、お財布は、4つもっていくと言っていましたが、彼女なら強盗に会うとは考えにくいですが、もしかしたら遭遇したら一つだけ持っていたほうが安全です。
お金を最低限に入れて持つという方法にしたほうがいいです。

ヨットの選手たちの工具が盗まれたと報道されていましたね、工具は、普通にあるものという表現でした。そう、そんな普通の物がブラジルだと凄く高価でなかったりするのです。
普通においておいても日本ならもっていかないものも何でもブラジルでは、高価なものなのだという事をしっかりと認識して常に自分の近くに置いておく、使ったらしっかりとしまう、それも自分が解る安全な場所に。

オリンピック選手の持っている備品は、すべてブラジル人には、高価なものばかりです。最大のファベーラ(ハーレム)を持つリオでは、泥棒が一杯です。それも未成年の子供が多いのです。十分気をつけていても盗難にあうかもしれません。命を守る為に物は、あげて自分を守ってほしいです。

まぁ警察がしっかり護衛しているようなのでこの期間は、大丈夫でしょうね。
無事にオリンピックが開催され終わるように願っています。
[PR]
by gabbyna | 2016-08-02 22:53 | ああ、ブラジル | Comments(0)

いろんな思うこと、あれこれと。。。。。


by gabbyna
プロフィールを見る
画像一覧