アブナイ国

実は、他のブログのほうにも書いたのだけど、私と旦那が経営している店が強盗にあった。
夜、旦那が一日の会計の清算を済ませて、店もそろそろ〆ようという時だった。2人組の強盗がやってきた。。最近は、夜は寒くなってきたので客の足は、速く引くので午後11時半ぐらいには、お客もまばらであったそうだ。。そこを一度店に入ってきて、炭酸飲料を飲んだ奴らは、一度は、金を払い、出て行った。。その後、中にいた客も居なくなったのを見計らって戻ってきた。
旦那に銃を突きつけ、「金を出せ、出さないと殺すぞ。。。」と脅したそうだ。
旦那は、あわてなかった、会計も〆て翌日のつり銭ぐらいしかなかった会計の箱を彼らに見せて、これしかないというと、強盗は、もっとお金があるだろう??と食い下がったそうだ。
で、旦那は、財布に入っていた、仕入れ用のお金を見せて、これ以外ない、といったら、その金を取り、旦那の腕時計をとり、ネックレス(お守り用にしていたやつ)をとり、タバコをカートンごと、何パックかとり、コードレスの電話を取って、悠々とでていったそうだ。。

私達がこちらへ着てから4年、初めての強盗にあった。。

店には防犯カメラがあった、が録画していない、それを見たりしていたらしい。その後、旦那が警察に届けたが、犯人が上がる確立は、低い。

やりきれないのは、旦那の思い出が一杯詰まっているお守り用のネックレスを取られたことだ。このペンダントトップは、彼が初めて日本へデカセギへ行く前に母代わりの叔母に貰ったものだ。。私が知り合った時もしていた、その後、チェーンが切れたので私が新しいのを買ってあげてそれをつけていたのだ。ほんとに肌身離さずという感じだった。。それを取っていった奴らが憎い。。

今後、防犯をどうしていくか?もっと考えないといけない、何せ、また戻ってくる可能性があるのだから。。
ガードマンを入れても余り頼りにならない。。防犯カメラとか、防犯会社と契約して、連絡用のブザーをつけるなどしていかないと、ほんとに怖い。。

今回は、旦那だけだったけど、もしこれが私だったらどうだっただろうか??
そう考えるだけでも怖いが。。でもこれが現実なのだと思った。。
[PR]
Commented by noemie-une-autre at 2006-06-04 21:33
ショック・・・・
最低限の防衛ができて本当に何よりだった・・と思うけど、やっぱりこの事実を考えると私も相当ショックです
大切にしていたものを盗られる痛みは何よりも辛いもん・・
それにしても怪我がなくて本当に良かった
二度と起こらないように何とか防衛策を練って欲しいと切に思います・・・
Commented by xthneh5d at 2006-06-05 07:36
gabbynaさん、こんにちは。
ショックですね。危ないことはどこにも起こりうるとは思っていても実際に身に降りかかると・・・、ショックだけです。
私は強盗にもあったことないのですが、故障した車をスーパーの駐車場に1晩置いたままにしたら火を付けられたことがあります。
焼けこげた車の残骸を見て、泣くしかありませんでした。
これから防衛策を立てて対処してくださいね。お大事に。
Commented by gabbyna at 2006-06-06 12:31
noemieさん。。
ブラジルでは、多くの確立であうのですが、やはり思い出のものを取られたのは、憤りがあります。。旦那にしたら、ほんとに悔しかったと思いますが、命あってのことなのでねぇ。。
これからもっと防衛策を検討して行きたいです。。

xthneh5dさん。。
故障した車に火をつけられて焼かれたことがあるんですね、気持ち、想像するにも余りありますね。。ほんといこういう暴力は、頭に来ます。
今後は、こんな目にはあいたくないので気をつけて行きたいです。
by gabbyna | 2006-06-02 13:37 | 日々のこと | Comments(3)

いろんな思うこと、あれこれと。。。。。


by gabbyna
プロフィールを見る
画像一覧