1年に一度のメンテナンス

12月も10日を過ぎて、なんかどんどんと日々が過ぎて行くようで少し慌て気味の毎日です。
それでも年に一度は、メンテナンスをしなければと気になっていた婦人科検診をして思い立ってから予約をして待つこと2ヶ月、診察を受けてから先生に指示を受けて、もろもろの検査を受けに行ってきました。

日本なら予約していけば、病院でほぼ出来る検査が、日を変えて保険プランの会社の許可を得て、指定検査機関に予約をして、予約の時間に言っても更に待つという、本当に嫌になるぐらいなこちらのシステムにも諦めと慣れで乗りきれるようになりましたが、今回も本当にイライラとサせられてきました。

しかし、それでも近代化?!してきているのを実感させられるような検査機関の建物のリニューアル、ここは、ブラジルか?!と思わず思ったぐらい綺麗になっておりました。中もエントランスに喫茶店もあって日本の大きな病院を思い出させてくれる感じ。
しかし!やっぱり中のシステムがお粗末なのは、変わりなく、予約時間が違っていて待つこと1時間、その上同じ階のあちらこちらを動き回ることになりました。

エコー検査では、技師に先生?らしき人が待つ、小さな部屋へ行き、服を全部脱いで、そこに薄いタオル代わりの大判の紙で前を隠し、寝台に横になると腰のあたりにクッションをあてがわれ、いきなり、内診のエコー検査が始まり、先生は、声に出して、サイズや値を言い、秘書代わりの助手の方が多分記入していたんだと思います。胸の方も検査して終わると、「その紙で(ローション)拭いてね。終わったらそちらの扉から出て行ってね。」ということで終わり!でした。全部、女性でスタッフが組まれていました。これは、ビックリかも。
その後マンモグラフィーの方は、ちょっと離れた扉の奥にあり、これまた待つこと30分、技師のお嬢様が非常にゴキゲンが悪いようでかなり痛く挟まれました。
この検査結果は、来週中に出来る予定ですが、またもらいに来ないといけないのが憂鬱です。
でも昔よりは、やっぱり進化しているのは、感じました。もっと進化してほしい!と願う私です。

ということで検査が終わり、結果をもらったらまた電話して予約して行くという作業が待っています。来年へずれ込むのかなぁ??などと思っている今日でありました。

[PR]
トラックバックURL : http://gabbyna.exblog.jp/tb/23430039
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by penedescat at 2014-12-14 23:29
婦人科検診お疲れ様です。
女医さんチームなのは良いけれど、やっぱりなんだか居心地が悪い空間ですよね。そういえば私もエコー検診の後、紙で自分で拭いてねと言われました。内診、マンモグラフィ、それからエコーの日、全部バラバラの日だったし何度も通うのが面倒で。保険上のシステムでそうなんだろうけど、一回で済んでたドイツが懐かしい。私も、システム&検査の機会、もっと進化希望です!
Commented by gabbyna at 2014-12-16 09:40
penedescatさん,
ドイツってやっぱり日本と似ているのですね。いいですよね。
スペインもブラジルと煮たような感じだろうなぁ。
ほんと、もっと進化して楽にやれたらいいなって思います。
by gabbyna | 2014-12-14 09:57 | 日々のこと | Trackback | Comments(2)

いろんな思うこと、あれこれと。。。。。


by gabbyna
プロフィールを見る
画像一覧