「ほっ」と。キャンペーン

デング熱にかかったことのある私

ここ2,3日、日本のニュースで気になったのは、「70年ぶりに日本でデング熱感染者が出た。」ということです。
日本では、あり得ないと思われたデング熱にかつてかかったことのある私は、気をつけてほしいと思い、久々に当時のことを書こうかなぁと思って少し記憶をたどってみました。

私がかかったのは、今から5年ほど前です。その年は、私の住んでいる市が大当たりした年で年末年始あたりから死者が出ていました。そう、デング熱で死ぬこともあるんですよ。

私の場合は、まず発熱、それも結構高熱なのでまず疑ったのが、私の場合は、喉の腫れ、つまり扁桃腺炎だと思ったのです。私は、扁桃腺炎で発熱する傾向があるのです。で、丁度デング熱大フィーバーをしだした頃なので救急治療室がある病院は、何処へ行っても一杯なので(TVの地元ニュースで報道していたのです。)なるべくいかない努力をしていた私、流石に酷い熱なので友達に付き添われて当時の保険プランを持っていた病院の救急室へ。そこも待合室は、溢れる病人でいっぱいでした。結構待って自分の診察の番です。
中へ入って行くと医者がいて、私は、「どうも扁桃腺炎かと思うのですが・・・・。」と言ったらそうですね、と一応の診察する風にチェックしてその後カルテにサッサ~となにか書いてすぐに注射の方へ回されました。
熱が下る注射をされて、処方箋をもらい、解熱剤を買って家に戻りました。兎に角、熱が出て来るので解熱剤をのみひたすら寝る状態でしたが、翌日になっても熱が下がりません。一度は下がるけどすぐ上がります。
それでも薬を飲んで寝ていたのですが、何と翌日腕とお腹に赤い発疹が。これは、デング熱の特有の症状です。それを見て、私、デング熱だったんだ!と分かった次第です。

で、デングなので解熱剤は、タイレノールに変えて、ひたすら寝ていました。食欲が無いのでゲータレードを飲んでいました。起き上がると体の関節が痛いのなんのって。体重で足が痛いって思ったのは、この時初めてでした。一番のピークが発疹が出る前から出た2日後ぐらいなのでそれが過ぎると何となく起き上がれるし、動けるかなぁと思ったのでした。
1週間後には、熱も下がり、動けるようになったのですが、後で思ったのは、ものすごく体力を消耗していたので自分の免疫力が下がった気がしました。

予防としては、兎に角、虫除けです。私は、虫除けのクリームとか、スプレーは、必需品で何時も使っています。後は、家の周りに余分な水を置かないということです。蚊が発生しないように注意すればいいわけです。

こちらの人は、デング熱に2度も3度も掛かる人がいます。それで死ぬかというと死ないないけど、やはり凄くつらい思いをするのでかからないに越したことがありません。

注意していけば大丈夫です。

スキンガード100 【HTRC2.1】

ジョンソン


[PR]
Commented by penedescat at 2014-08-30 22:46
gabbynaさん: おおーっ、なんとデング熱にかかってしまったことがあるんですね!それはまた大変な目にあいましたね。。。私はタイやベトナムに行った時、デング熱やマラリアには絶対絶対かかりたくないと必死に虫よけしてました。相方はそういう対策しなくても全く虫に刺されないので、私もそこまで神経質になることないかな、って思ってたんだけど、いややっぱり今後もスプレーが必要ですね!
Commented by gabbyna at 2014-08-30 23:52
penedescatさん、
旦那(地元産ブラジル人)もかかった事のないデングにかかりましたよ。男性より女性のほうが蚊に刺されやすいのかしら?!
亜熱帯地方へお出かけの場合は、やはりスプレーとか持って行ったほうがいいでしょうとお勧めします。
by gabbyna | 2014-08-29 11:26 | ちょっと昔の話 | Comments(2)

いろんな思うこと、あれこれと。。。。。


by gabbyna
プロフィールを見る
画像一覧