あしながおじさんを目指す??

私じゃありませんよ、我が旦那さんの事です。

最近、階下に家族が住みだしました。厳密にいえば、昨年の12月からでした。
この家族、私たちの親せきでも何でもありません。浮動屋さんを通してかというとそうでもありません。
実は、この家族は、日本の義弟のご近所さんでした。つまり出稼ぎをしていた日系ブラジル人のご主人のかぞくなのです。で、どうして家を貸したかと言うと、この家族の中の男の子がいます、彼が未完の大器と言うことで将来を期待されていている子なのです。

日本に居る日系ブラジル人たちは、休日に良くサッカーをしています。私たちが日本に居た頃は、うちの旦那さんも良くやっていました。そしてブラジルから出稼ぎに来ていた人の中には、セミプロや社会人リーグでサッカーをしていたりしたブラジル人もいたりして、それは、結構なレベルの高さでサッカーをしていました。
そんな中で第2世代の中にいい逸材がいるとサッカー関係の仕事をしている人に推薦してきたりします。そんな中の一人で義理の弟やこちらのサッカークラブの日本支社の人たちが目をつけていたのがこの階下のK君なのです。

日本でも優遇されて高校へ行く予定もありましたが、やはりブラジルでやりたいという事でこちらに戻ってきて、私の住んでいる市のサッカークラブへ入りたいという事でテストなどを受けたりしました。が、その時は、落ちました。でも諦めきれない彼とお父さんが、わが旦那と他のサッカー関係の人たちを交えて話をしてしばらく練習をして他のクラブから入っていくという方法を考えました。つまり地元に居ないといけないわけです。ということで義父が死んでから開いていた階下を貸すことになりました。お金がないということで、ほぼ家賃は、貰ってないはずです。電気代などもうちが払っているようです。彼の為になる事は、いろいろと旦那さんが走りまわり、彼を連れてあちこち練習へ行っています。家の事は、後回し、店と彼の事にかまけてます。

こういう行動を見ると、私は、我が息子の時にもっとやってくれたらよかったのにと未だに思います。旦那は、息子のビザを取る時に業者を使わなかったのです。業者を使えばビザがとれたと思います。使わないから結局、駄目でした。(ブラジルでは、こういう業者があります。)
根に持つなと言われても自分の息子の時には、やってくれなくて今他人の子には、あれこれとやっている、そんなにいい人になりたいのかい?って思います。確かに旦那は、いい人ですが。彼の見果てぬ夢をK君に託しているんでしょうね。(元サッカー選手なりそこないの人ですから。)

私たちの間には、子供がいません、なので彼が私の息子を愛しているとか言いますが、行動が伴っていないので所詮、口先かなぁと思っちゃったりします。どんなに口で言ってもやはり行動があってこそ!なんですけどね。

今、あしながおじさんをしている旦那さんは、気に入ったおもちゃを貰った子供のようです。男性は、どうしていつまでもこう、子供と言うか、成長が遅いんでしょうねぇ?!と思いながら冷静に見ている私がいます。
[PR]
Commented at 2014-02-13 15:45
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by サラ at 2014-02-15 00:36 x
Gabbynaさんの気持ち、分かります!!

私も、夫が「連れ子」(娘)よりも「実の子」(息子)をひいきしていると思うたびに、散々、ひがんでいましたよ。

最近では、息子が結構にくたらしくなってきて、娘は逆に、独立して思春期もだいぶ終わり気味なので、夫の立場が公平になってるという気がします。

でも、そうやって誰かのために「あしながおじさん」になって、楽しんでいらっしゃるご主人は、素敵だと思いますよ。
Commented by Aqua_blueY at 2014-02-23 17:41
人の為に何か出来る人って本当に素晴らしいなと思うし
自分もそうなりたいなと思いますが
なかなか出来る事ではありませんよね。
Gabbynaさんの思う気持ちはもっともです。
でも旦那様、好きなサッカーが絡んで張り切っていらっしゃるのでしょうね。
男の人って永遠の少年ですから〜(よく言えば、ね)
Commented by gabbyna at 2014-02-28 11:42
Aqua_blueさん
そうですね、男性は、永遠の少年って本当にそう思う事があります。
気持ちは、若くても体は、確実に年取っているのにね。(苦笑)
対抗しているみたいですね。
by gabbyna | 2014-02-12 11:44 | 日々のこと | Comments(4)

いろんな思うこと、あれこれと。。。。。


by gabbyna
プロフィールを見る
画像一覧