永住ビザカード更新について覚書

私は、一応永住ビザ取得をしてこちらに住んでいます。この永住ビザを取るのに結構大変だったのだが、10年間有効のカードを持っているのは、結構便利で気づけばいつしか、10年経っていて更新の時期となっていました。が、折悪く、更新の時期が日本滞在中に過ぎてしまい、私は、期限切れの永住ビザカードでこちらに戻ってくることになりました。

当初は、期限切れ前に戻る予定だったので帰ってから更新すればいいわ~~とのんきに構えていたのですが、切れてしまったのでビザを再取得して戻ってこようかと思った時にお友達に某領事館秘書の方がいたので彼女にあれこれと訪ねてしっかりとどうしたら良いかを聞いて無事に帰ってくることができました。
私は、永住ビザをゲットしたパスポートを持っていたのでそのビザを許可されたページを見せてカードを見せれば大丈夫ということで一抹の不安を覚えつつも、まぁいざとなったら金払っても入ればいいやと開き直り、こちらに来たのですが、入管では、不安募りまくりの私をよそに検察官のお兄ちゃんは、カードを見て、ポンとパスポートに判を押してくれてあっけなく入れたのでした。後で聞けば、カードは、期限切れということがないということらしいのです。まぁこの定義は、また後で教えてもらいました。

兎に角、こちらに戻ってからネットで新しいカードの申請を行わないといけないということで友達に手伝ってもらいながら申請を行ってみました。私が帰ったのが6月23日、その後カードの申請で入管関係の省庁に行く予約ができたのが7月29日でした。どんだけ、先よって思っていたのですが、行ってみてすっかりと面倒な手続きを忘れていたのを思い知りました。

朝10時の予約、旦那の従兄弟夫婦に世話になり奥さんの方に一緒に来てもらいました。何せ入管用語は、超面倒くさい言い回しをするので普通の言葉では、対処できないと踏んだのです。その予感は、あたりでした。10時15分前から待っていたのに実際に受付をしてくれたのは、12時半過ぎ、それに加えて必要書類をその時に言うのです。おまけにこの国にいなかったのに超過していたので罰金を払うはめに・・・・。(涙)
必要書類は、現在の自分をきちんと証明する書類、つまり婚姻証明書と住所をハッキリとさせる為の書類をコピーして認証を受けて持って来いというわけです。
そんなの、WEBには、出てません。何故かというと外国人だから解らないと・・・じゃ、英語で書けよとか思うけど、そんな優しい心配りは、ブラジルにあるわけもなく・・・・。そこから私と彼女は、二手に分かれて彼女は、銀行へ支払いに、私は、タクシーをかっ飛ばして家に戻り書類をあさり、オリジナルをもってまた事務所へ。
ところが私がオリジナルと思っていたのは、違ったようで認証を受けているコピーということでした。
確か、私が苗字を帰る時に変わってしまったと記憶しているのですが、違うのか?!
なのでオリジナルを登録した登記所へ行き、オリジナルを出してもらおうと思ったら再発行しか出せないと。それでもいいと粘ったら翌日ですと言われ、ショック。でも出ないものは、しかたがないのである書類だけで戻って出して見ようということになり、省庁へ戻るとすぐ対応してもらえてのですが、なんとその認証済みので受理されてしまいました。最後に私のプロトコル(仮のカードの一種)を出してもらうまでドキドキでしたが無事に発行してもらい、帰途につきました。実際に私の新しいカードが出るのは、6ヶ月先です。

もう罰金やらカードの費用やら認定作業代金やら再発行費用など全部を入れると4万円近く払っている計算になりました。これで10年後にまた同じ作業をするので覚書としてここに書いておきます。

どの国でも外国人には、お役所は、厳しいものだと思います。うちの旦那は、「手続きが出来たなら良かった。」だって。自分は、いかないからこんなこと言うわけですよ。まったくね。。
[PR]
Commented by penedescat at 2013-08-29 17:47 x
諸費用と罰金で4万円とは痛いわ(涙)。
でも無事に手続できてよかったじゃないですか。
役所って対応する人によっていう事が違ったり、なんかいじめを受けてるみたいで、無事に終了するまでドキドキですよね。
Commented by gabbyna at 2013-08-29 23:44
penedescatさん
こういう場合は、旦那は、文句を言わずお金を出します。自分が労力使わないからね。
ほんと、終わる最後の30分は、ドキドキでした。(苦笑)
by gabbyna | 2013-08-24 12:05 | 日々のこと | Comments(2)

いろんな思うこと、あれこれと。。。。。


by gabbyna
プロフィールを見る
画像一覧