夜の病棟

またもやご無沙汰しています。
毎日、バタバタとしているこの頃、やっと少し落ち着いてきたかと思いきや、今度は、自分がダウンしてしまい、
遂には、一泊2日で入院までする始末となりました。
こちらへ来て、そろそろ3カ月、夏場の暑さがなかなか終わらないこの頃、夏バテという感じなのでしょうか。。。

病人の看病って思うよりも本当にシンドイことが、多かったです。この2カ月、夢中でやってきた気がします。
その所為もあってか?!彼は、大分元気になり、治療のほうも結構順調に来ていました。ただし、時々気が滅入るらしく、心理的に凄く不安定な時期がありました。
予想していたとはいえ、結構人間の心のデリケートさに改めて驚いたものでした。そんな時期を過ぎて、やっと落ち着いてきたかなぁ~~と彼を見ていたのですが、自分がこけたとは・・・・。トホホです。

さて、ことの起こりは、9月の終わり、金曜日あたりから何となく熱がでているかしら??と思っていたので風邪薬を飲みました。が、その日は、直ぐ過ぎたのですが、土曜日の夜、また発熱、そしてそれは、どの風邪薬を飲んでも一時的には、熱が下がるものの、しばらくするとまた熱がじわじわ~~と。。。。日曜は、病院は、やってないからと薬でしのごうと思っていたものの、なんか、微妙な感じ。。。で、遂に月曜に久々に病院へ行ってみました。個人医院で家族で昔よくかかっていた病院、往診などもする先生は、久々にあった私に生きていたかと。(苦笑)

で、レントゲンを撮って直ぐ肺炎だなということで点滴をその日は、2回、翌日また来て、3日目、もう一度レントゲンを撮ってみるもののよくないということで、大きな総合の医療センターのほうへ紹介状を持たされて行きました。そこでは、待つものの、診てもらうとDr.は、「う~ん、好酸球性肺炎かな。」ということでした。なので気管支鏡検査をすることになり、入院となりました。

朝10時入院、午後1時半の検査まで飲食禁止ということで後で結構苦しみましたが、麻酔とか結構効いたかと思いました。結果的には、その病気でないということで一日で退院できたのでほっとしています。

というのも、夜の内科の病棟は、ちょっと動物園みたいでした。6人部屋の私の母年代の方々と一緒というのも気づかれしましたし、夜9時に消灯っていうのも慣れてないし・・。それにしても8時に見舞いの人が帰ると個人部屋のおばさまがベッドの手すりをガタガタ言わせて、「誰か来て~~」と連呼しだしました。そのうち、老人男性が、看護婦さんに向かって怒鳴っているし。。。。
まぁ気にせず寝ようと思ったのですが、消灯近くになる時の妙な圧迫感には、参りました。

で、流石に寝ようと思って持っていったIphoneのアプリを何度か使って寝たのですが、もう?時間おきに大声で起きてしまうという感じ。はっきり言ってきょう退院出来てほっとしました。

今の病院は、とくに内科は、年の行った方が介護ホームへ行けないぐらいの人が結構いるのだと聞きましたが、実際にはいってみるとそうか~と思いました。
こういう時日本にいてよかったと思いました、向こうだったらどういう治療をされたかなぁ~~なんて思うと怖いと思ったりしてます。

さて、しばらくは、気をつけながら生活していきたいです。
[PR]
Commented by xthneh5d at 2012-10-07 05:12
gabbynaさん、こんにちは。
お久しぶりと思っていたら、あらら大丈夫ですか?
やはり疲れがたまっていたのですね。
自分の体のことも考えて、お大事にしてください。
しぞーかもそろそろ過ごしやすい気候になってきたかしら?
とにかく自分の体が資本ですから、休養が一番ですよ。
Commented by gabbyna at 2012-10-07 22:17
xthneh5dさん
ご無沙汰しています。ほんと、疲れがど=んと出たようです。
気をつけていたつもりなんですが、やっぱり若くないわ。。。(苦笑)
しぞーかは、いい季節になってきましたよ。。。
休みながらもがんばります。。。
by gabbyna | 2012-10-06 23:41 | 日々のこと | Comments(2)

いろんな思うこと、あれこれと。。。。。


by gabbyna
プロフィールを見る
画像一覧