父と母のこと。。

母の手術は、予定よりも長時間でしたが、無事に終わりました。
皆さんの暖かいメッセージに励まされて、私もこちらで祈りっていました。
そして今回、誰よりも父が一番、無事に手術が終わったことを喜んでいたのを感じました。

家の父とは母は、あの年代の人たちの常でお見合い結婚でした。
昔、母は、よく「他に好きな人がいたのだけれど、じぃじ(私の祖父)がこの結婚話に乗り気だったので結婚したのよ。」と打ち明け話を私にしたものでした。
見合い結婚の常で、結構父の破天荒な性格に振り回され、母は、いろいろと大変な思いをしたようです。
私の幼い頃には、大喧嘩して、すわ!離婚などということもあったし、祖父が乗り出して、納めた夫婦の危機も結構あったらしいし。。。。そんな父と母も年月を経て、大分落ち着いた祖父と祖母になって行きました。息子にとっては、かけがえのない、大好きなじぃじとばぁばなのです。

母が認知症になって、当初父は、それをなかなか認めようとしなかったのですが、今では、父に頼りっきりの母をきちんと世話をしてくれています。が、認知症が悪化していく母を世話するのは、忍耐が要るし、時には、父がきれそうになることもしばしば・・・・。
私が滞在していた時も時には、声を荒げている父を見たこともあります。言いたくなる気持ちも解るし、母がする行動が全て耐えられないこともあるだろうって思えました。

今回の手術のきっかけになった骨折は、どうも母が動かなくて父が強引に動かそうとした時に発生したアクシデントだったので、父は、負い目を感じていたのでしょうか・・・。

手術が無事に終わって母が歩くリハビリが出来ていくかは、まだこれからで時間がかかると思います、それに伴う父の負担が増えないことを願うばかりです。
[PR]
Commented by Ai at 2011-06-26 13:53 x
お母様の手術、無事に終わって何よりです。
喧嘩をしながらも寄り添うご夫婦なんて素敵ですね。お父様はきっと、認知症になる前のお母様と比べてしまい、もどかしいのでしょうね。
リハビリが上手く行くことを願っています。
Commented by gabbyna at 2011-06-28 11:08
Aiさん
無事に終わり、今は、リハビリを開始しだしたようです。
ほんと、今の母が全く別人とわかっていてもそれを受け入れるのは、
結構大変です。私ですらそうなのですから父は、もっとでしょう。
by gabbyna | 2011-06-24 10:44 | 日々のこと | Comments(2)

いろんな思うこと、あれこれと。。。。。


by gabbyna
プロフィールを見る
画像一覧