お茶の季節

cafe addiction を自認する私、cafeがない人生は、考えれません。が、このところ、大分、お茶を飲むようになってきました。

元々家では、緑茶とか、ウーロン茶などをホットで飲んでいたのですが、最近は、それに紅茶が復活をして加わりました。
こちらに来た当初、紅茶は、店においてあったトワイニングのを飲んでみたのですが、水が悪かったのか、そのトワイニングが賞味期限切れだったのか??不味くて飲むのをやめた記憶があります。

元々高校生で受験生だった頃は、ひたすら!ミルクティーだった私、当時の仲間は、私のTea addictionを笑っていたものでした。母が乾物関係の食品会社で働いていたので結構美味しいブランドのお茶を手に入れてくれたのでした。トワイニング、ロイヤル・コペンハーゲン、リプトンなどなど。。懐かしいです。

が、私が大学に入った時に変化は、訪れます。私の従兄弟、彼が下宿のアパートにやって来た時にCafeを飲まない私にドリップ1式と挽きたての豆を買ってきて作ってくれたカフェに大衝撃を受けて、それから私のCafe addictionが始まりました。
大学時代は、それでも紅茶とカフェと半々だったかなぁ??それからお茶というとコーヒーというようなことになり、その後、コーヒー一筋に近い生活となりました。
まぁその後スタバとか、シアトル・ベストカフェとか、そんな流行にしっかりと乗った生活となっていました。
そしてこちらへ来てからは、もう毎日店で美味しいカフェを無料で飲める(実質的にオーナーですから)生活になってしまい、ほとんど紅茶は、飲んでいませんでした。

それが例のデング熱の時にどうもカフェが飲めなくて、お水→緑茶、ウーロン茶→その後紅茶と飲むにいたりました。

この国でお茶の葉が生産されていることをご存知でしょうか?何せ、亜熱帯、そして南半球で季節が逆になる特性をいかして、お茶を生産してその後輸出して、それが結構なブランド茶などに利用されているのです。
移民の国ですから、何でもありなんですよね。そして、自国でのお茶のブランドも増えてきています。

私が何時も飲むお茶です。紅茶などは、店においてある「Leao」というメーカーの普通のお茶ですが、これでも結構美味しい。黄色い箱がウーロン茶で中国製のようです。こちらで手に入ります。
f0061977_4131393.jpg

ちょっとボケ気味ですね。(苦笑)

しばらくは、お茶ブームが続きそうです。
[PR]
Commented by サラ at 2010-07-19 20:41 x
私も、紅茶を良く飲んでいた時期があります。
あと、一時、夫が日本茶を気に入っていたので、午後に一緒に緑茶を飲んだりもしていました。

でも、お茶のカフェインが、結構効いてしまうようで、寝苦しいことがあったので、暑くなってからは、飲まなくなってしまいました。

今は、夫が毎朝入れてくれるエスプレッソで、カフェオレを作っていますが、カフェインはそれで一日分、終了、という感じです。

Gabbynaさんのお話を読んで、また紅茶が飲みたくなりました。
でもフランスは今、暑いので、作るなら、アイス・ティーかな・・・
Commented by ふぐ太郎 at 2010-07-20 12:04 x
私もお茶大好きです。。学生時代、社会人のときはもっぱらEnglishTeaが好きだったのですが、30代を過ぎてからは抹茶や緑茶だったのですが、ここカフェインを避けておりまして、今はルイボスティかはと麦茶を飲んでいます。
カナダも元イギリス領でしたから、お茶の種類は豊富ですし、お茶専門店が一杯あります。が、ここ10年で緑茶の種類はものすごい増えました。
Commented by gabbyna at 2010-07-20 13:22
サラさん
朝のカフェは、欠かせませんね。私は、その後店でもこれでもか~って飲むのですよ。(苦笑)なので家では、極力お茶にしています。
最近の紅茶、ホント、マイブームです。

ふぐ太郎さん
初めてビクトリアに行った時にやっぱりお茶を飲み、カップを買いましたね。懐かしい~~。
最近の新しいお店とか、見てみたいです。
by gabbyna | 2010-07-18 04:19 | 日々のこと | Comments(3)

いろんな思うこと、あれこれと。。。。。


by gabbyna
プロフィールを見る
画像一覧