来客万歳

こんな南半球の国に住んでいて、それも大都市に住んでいるわけでもないし、お金が余っているような??優雅な生活をしているわけでもないので日々の仕事に追われたり、家の用事があったりして結局、地元を離れることは、なかなかできない私。
そんな私のところへ時々、友達たちが尋ねてきてくれる、これは、すごく嬉しいことです。

今月は、日本から友達がやってきている、彼女は、以前J○C○の仕事でこちらに住んでいたこともあるので土地勘もあるし、知り合いも多いし、私のところへは、いつやってくるかしら??なんて思いながら待っている状態です。

もう一組、今日は、サプライズでお友達ファミリーがやってきました。彼女たちは、私の州からご主人の仕事の関係で飛行機で2時間半離れた別の州に住んでいます。彼女たちと会うのは、日本への里帰り時期が一緒の時に日本で会ったのが最後だったかな~~??と思いながら今日の再会を楽しみにしていました。
しかし、すごい行動派ファミリーでフットワークの軽いことには、本当に関心をしてしまいます。飛行機で飛んでくる友達家族、う~ん、この国は、本当に広いとしみじみ・・・。

朝起きれば、いい天気、気分は、そわそわとして、なんともうれしい気持ち、だんだん暑くなってきて、よかったなぁ~なんて思いました。

12時にそのお店で待ち合わせということで私も12時前に家を出て、無事に店へ着きました。が、彼女たちがまだ来ていません!そこへタイミングよく彼女から電話。今どこにいるということを伝えてきました。携帯というのは、本当に今は、無くてはならにものだとこういう時にしみじみと思います。
彼女から電話が来て、その後20分もしないうちに到着。久々の再会に本当にうれしさがこみ上げてきました。

しかし、友達の子供ってどうしてこうも早く成長をするのかな~~と改めて思いました。あんな小さかった次男坊君がすでに4歳、成立する会話、こちらの人(この国で生まれたのだから同国人か?!)にもどうどうと話したりする可愛さにもう、久々にあったTitia状態になってしまいました。

だんなさんも変わらず、彼女も元気でよいなぁ~~と思いながらもこれから先の子育てなど、ちょっと一緒に心配をしてあげたり(余計か・・)、後?年で帰国かなぁ~~なんて話もしながら、こちらの和食に舌鼓をうち、いっぱいの会話を楽しんだのでした。

しかし、海外での子育てというのは、本当に大変なものだと改めて思います。自分の国にいたって大変であれこれと悩むのにそれに加えて海外、母国語である日本語をどう教えていくか、いずれは、日本へ帰る駐在組の方々は、永住組みとは、これまた違った悩みを抱えて子育てをしなければならないものですね。

でも元気いっぱいの子供たちを見ていて、このまま伸びていってくれればいいなぁって本当に思いました。
Adolescentの息子を持つ親は、この時代がいいなぁって微笑ましく見ていました。
でも親にしたらその時期は、戦いなんですけどね。。
[PR]
Commented by GIRAS+SOL at 2010-05-26 19:35 x
お久しぶりです。
遠くから訪ねてきてくれるのは、本当に嬉しいことだと思います。
我が娘も、今年は、9歳になります。
今の時期は、まだまだ半分子供ですが、これから、どんどん難しい年頃になってくるのでしょうね・・・
私も、最近、小さな幼稚園位までの子供がかわいくて目が細くなってしまいます。
gabbynaさんがおっしゃるように、子育ては、その時期その時期が、まさに戦い!!
でも、やはり小さいうちが、無垢なだけに可愛いのかもしれないな~と思う今日この頃です。
Commented by gabbyna at 2010-05-27 23:33
GIRAS+SOLさん
お久しぶりですね。そちらのブログは、時々読んでいます。
ほんと、子育ては、大変ですね、大きくなってもいろいろと難しい問題がありますから小さい時代に楽しめる時をエンジョイしてください。
9歳か、いいなぁ。。。うらやましいなぁ。。
by gabbyna | 2010-05-17 10:30 | 日々のこと | Comments(2)

いろんな思うこと、あれこれと。。。。。


by gabbyna
プロフィールを見る
画像一覧