デング熱にかかりました

少々、ご無沙汰になりました。
というのもこちらで超流行中?!の「デング熱」にかかってしまいました。
デング熱は、日本では、かからない、特有の蚊が媒体となる感染症の1種類です。
Wikiによる説明は、こちら

私は、3月24、25日に発熱をして、3月26日に一度、保険をもっている救急病院へ行ったのですが、その時は、扁桃腺炎と診断されて、注射を2本、飲み薬の処方をうけて、家に戻り、一晩寝て、熱も下がり、それでも体調があまり優れないなぁなんて思っていたのですが、4月に入り、8日にまた発熱をしてしまい、夜中に今度は、近くの救急病院へきました。この時、熱は、39度近くにあがり、いったいどうしてなんだろう??って思っていたのですが、病院の先生は、また扁桃腺炎と診断、またもや解熱のために注射を打ちました。それがお尻に打たれるのですがとても痛い。
まぁその甲斐があったのか??熱は、一応下がりました。
金曜は、だるいなぁなんて思いながら仕事をして、土曜の朝、おきてシャワーを浴びたら・・・
あら!腕にデング熱の証明の発疹が出ていました。
土曜は、それでも仕事をして、家に戻って節々が痛いなぁなんて思っていたのですが、翌日からは、それが更に酷くなりました。手足の節々が痛い・・・。どんどん痛くなって日曜の夜は、すでに寝たきりになりました。
それから3日間は、ほとんど寝たきり・・・、もう節々が痛くて立っていられないのです。立つと、足がしびれるし、痛いし・・・、本当に悲惨でした。食べ物も食べれない状態となりました。

この酷い状態中は、ポカリスエットみたいのがないのでひたすら、ゲータレード、水とお茶、そしてバナナを食べていました。食欲は、ないし、口は、まずいし・・・お陰で体重は、3~5kgは、落ちたかもしれません。否、もっとかも?!

このデング熱、対処療法しかないのです。薬は、タイレノールしか飲んではいけないといわれて、体が痛いとか、解熱には、割と効いたのですが、頭痛には、あまり効き目がなかったのでした。
そして胃腸薬は、日本の漢方薬をひたすら飲んでました。何せ、タイレノールばかりなので熱でおなかがやられていてもほかに薬もないので漢方なら大丈夫だろうと飲みました。

しかし、手足が弱るってこういうことなんだなぁってしみじみと思った今回の痛みでした。
立っていられない、階段を上っても痛む足とかって初めてなので本当に怖いと思いました。

こういう時、日本のおかゆが食べたいと思い、白いご飯を炊いておいたのでそれとちょうどこの間持ってきてもらった梅干(おいしい梅干です。)で何とか、食べたい気持ちを奮い起こさせました。
ほんと、こういう時は、梅干、ありがたかったです。

日本では、あまり馴染みのない病気って怖いものです。次回かかると劇症化するそうなのでより気をつけたいと思いました。

さて、これから秋になっていくので次は、新型インフルエンザが流行るかもといわれています。まぁこちらは、予防注射があるので早めに打ってもらえるようにしたいものです。
[PR]
Commented by lovecarrie at 2010-04-21 07:31 x
バタバタしてご無沙汰していたら大変な事になっていたのですね。ごめんなさい。お見舞いメッセージが遅れてしまいました。お加減は大分楽になられましたか。こういう時に白米のお粥と梅干しっていう気持ち良く分かります。私も先日お腹を壊した時に梅干しとお粥でしたが、自分の日本のルーツを感じましたよ。
実は今日から日本語のブログを新たに始めました。もし良かったら是非遊びにきて下さいね。これからも宜しくお付き合いお願いいたします(^-^)
Commented by ふぐ太郎 at 2010-04-22 00:52 x
大変でしたね。。蚊って伝染病につながるから、怖いですよね。。。特に暑いところでは気をつけないと。。
アロマオイルとかで、体を守るしかないかと思います。。
お大事にしてください。
Commented by gabbyna at 2010-04-22 12:34
lovecarrieさん
コメントありがとうございます。ほんと、弱るとおかゆと梅干という超スタンダードな日本食になります。
それが一番かもと思いました。
新しいブログ、お邪魔しますね。

ふぐ太郎さん
怖いでしょ?本当に侮れませんね、。。
アロマオイル、もう少し使いこなせるようになりたいです。
by gabbyna | 2010-04-20 12:02 | 日々のこと | Comments(3)

いろんな思うこと、あれこれと。。。。。


by gabbyna
プロフィールを見る
画像一覧