マルチリンガルの弊害

現在は、3つの言葉を使って、毎日生活している私。その配分は、日によって大分違いがある。
この間は、久々に副業の仕事に集中していたので日本語(J)率40、ポルトガル語(P)率50、英語(E)率10ぐらいであった。

普段の日は、午前中は、家にいるのでTVを見たりするのだが日本語の放送は、ニュース以外余り見ない。
結局英語のチャンネルを見るし、昼のニュースは、もうこちらの地元の放送ばかりとなる。午後は、ほとんど店にいるのでP率ばかり。玉に友達が来るのは、週に1度ぐらい。どんどんJ率は、減っていく一方のクラシとなっている。

こういうブログを書くのは、自分の日本語への飢えを満たす分とか忘れないようにする為にという面があるなぁと何時も思うのだが、最近は、仕事が忙しかったりすると書くことも前ほど熱心には、しなくなってきているので家で本を読んでチャージしていたりするのだがこれも最近英語の本が増えてきたのでJ率は、減っていく一方である。

映画を見たりしても原作の言語+字幕版を見ると結局、英語の映画+ポルトガル語の字幕というパターンなのであるが、これに慣れてきてしまったいる自分をこの間、映画を見ていて感じていた。何の違和感もないし・・・・。

日本語は、忘れることはないという自信があるからなんだろうと何時も思うのだが、それでも時々怪しくなってきているかもしれないと思うことがある。

この間、夜、副業の仕事が一段落して、夜、さて寝ようとしたときに旦那さんの好きなTV番組にチャンネルを合わせておいた。
ボリュームを少し下げて、自分は、ベッドの方で横になっていたのだが耳に入ってくるのは、その番組の出演者の声であった。それは、ブラジル人とイタリア人とスペイン語(アルゼンチンアクセント)を話す人であった。
ポルトガル語を勉強すると他のラテン語もそれなりにわかるというメリットがある。私は、スペイン語は、大体理解できるのし、イタリア語も聞いているとそれなりに解ってしまう。で、さて寝ようとしてる私は、このイタリア人の言っている言葉に大笑いをしてしまった。それは、イタリア語が日本語に聞こえたのだ。言っている意味は、解るし、聞いているとなんだか日本語のように聞こえるし・・・・。
私の頭は、一体どうなってしまったんだろう??と暫く悩んでいたが、段々おかしくなって笑い続けてしまった。

今後は、どうなってくのかな??と思いながら仕事と勉強をしているこの頃です。
[PR]
Commented by letterstand at 2009-12-12 11:31
こんにちは。
「手紙」と「言葉」のギャラリーショップを
東京 表参道のこどもの城の近くではじめました。
もしご興味ありましたらHPをご覧ください。
よろしくお願いいたします。
コメント欄より失礼いたしました
(リンクさせていただいてもよろしいですか?)

LETTER STAND
Commented by lovecarrie1 at 2009-12-13 19:25
大変ご無沙汰しております。お元気ですか?
日本語使用率がどんどん低下するというの私も身にしみて分かります。
でも私的には英語の方が自分の性格にあっているのか言いたい事がはっきり言えて日本語よりも使い易いなあと思ったりもするのですけどね(^-^;)
フランス語もちょっとだけ習ったのでテレビのインタビューとかでフランス人の方の喋っている事が何となく分かって嬉しくなったりもします。
英語の字幕と言えば外国映画の日本語字幕って本当に駄目だなあって呆れますよ。翻訳者のセンスの無さで実際の役柄の深みが台無しになっているの沢山見ました。あの字幕を読まされている日本の映画鑑賞者の方達って気の毒ですよね。。。
Commented by gabbyna at 2009-12-14 22:25
letterstandさん
初めまして、書き込みありがとうございます。
手紙のギャラリーですか、いいですね。
リンク、ありがとうございます。こちらもリンクさせていただきますね。

lovecarrie1さん
お元気ですか?忙しそうな様子をブログで読ませてもらってます。
言葉によって自分の性格がなんか、変るということを私も感じています。私も英語で話すのが一番好きですが・・、まぁ現実的には、P率が高くなって来てます。
日本語の字幕、確かにこの訳でいいの?!っていうのを日本に帰った時に映画を見る度に思いますね。
Commented by エミリア at 2009-12-16 00:42 x
イタリア⇔日本を行き来する際には、フランクフルト乗り換えなのですが、特に日本から戻ってきた時耳にイタリア語が飛び込んでくると、なぜか懐かしい気持ちになるんです。一時帰国で日本に着いた初日、母国語の洪水の中にいるのに、微妙な違和感があるのに戸惑うワタクシ。そういう感覚ってありませんか?

↓娘も友人たちと一緒に『New Moon』を観てきましたよ。今回はロケ地がトスカーナ州の街で、ロケ中は若い女の子が殺到してきゃぁきゃぁ大変だったらしいですね。娘はPattinsonではなく、Taylor Lautnerの熱烈なファンで、PC壁紙から携帯の待ちうけ画面まで、ぜーんぶ彼。本も全部読んで、このシリーズにどっぷり浸かってますが、私はどーも駄目。。。
Commented by gabbyna at 2009-12-17 09:55
エミリアさん
約5年ぶりに戻った時に凄い違和感を感じました。日本語がなんか、自由に出てこないという感じでした。
今は、疲れると日本語が煩く感じることもあります。

こちらの若い子もTaylorファンが多いようですよ、あのマッチョなスタイルがいいようです。顔もいいしね。
このシリーズが受けるのは、ある意味、古典ドラマと同じ、禁じられた恋ということが根底にあるからじゃないかと思います。私は、このシリーズのお陰で英文学に戻った感じがします。なので今忙しくなっているのかもしれません。
by gabbyna | 2009-12-12 11:08 | 語学 | Comments(5)

いろんな思うこと、あれこれと。。。。。


by gabbyna
プロフィールを見る
画像一覧